ブログトップ

LOGOSさんの月に1,2回古書店

F.M.の孤独

先日金沢のブックオフで、見つけた本。
『フレディ・マーキュリーと私』(ロッキングオン)。
書いたのはフレディの最後の恋人、ジム・ハットン。

借りて読めばすむかもしれない本かもしれないが
そのまま購入。

何年も前に録画した、フレディの素顔や生い立ちを綴った
ビデオと重ねて読むと、ああ、そうだったのか。。。と
納得することが多く。
エイズであることを最後の最後に公表し
それと時を同じくして旅立ったフレディ。
そして看取ったジム、とその側近の仲間と。

そして今また、クイーンのLDからダビングした
いわゆるプロモビデオを見ながらこれを書いている。

表現する者の孤独というか、
クイーン、もしくはフレディの変遷が見て取れて、
哀しいようなでも幸せなような。。

芸術は、突き詰めれば諸刃の剣なのだな。
(この項支離滅裂です。)
[PR]
by iwashido | 2011-02-14 02:09 | 読書日記 | Comments(0)

Ms.LOGOS's once or twice a month Used Book Store
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31