人生は<初めて>の連続也。

10月も半分経過。

6年前の自分の状況と比べれば、その時はなかったものを
いくつも手にしている。それは、ある意味恵まれているのかも。。。
と思い、気分一新で、もう少し謙虚に、楽しんでみようかと思い始めた。

ここ何年か(何か月かは特に)大変不機嫌でありました。
いろんなことが重なり、何もかもが裏目に出ている、とさえ思えた。
それは自分で自分を否定していたのにも等しいのだった。
やっぱり私は本を売る人でありたい。
本を手渡す人。場合によっては貸すけど、基本買ってほしい、ホントはね。
図書館も、アンビバレントな存在だなあとわかってきた。
何もかもを経済効果で測るのはやめてほしい。
図書館は経済効果を生み出すだけの場所でない。
もっと広義な、教育的福祉的機関でもある。人間存在の根幹にかかわる。
精神の自由。魂の飛翔。どこまでも深く、遠く、高く。

<2017年LOGOSの活動報告>
それらしいことはほとんど出来ていない。でもやめません。
2017.2月 「二人で二箱古本市」BOOKRIUMさんと。ENGLISH Cafeにて。
    3月 金沢町家一箱古本市に出店。
   5月 珠洲の一箱古本市に出店。
      小松町屋文庫の「隣の手作り本屋さん」に出品。
   6月 「ブックデイとやま」に出店。
      「NIIGATAブックライト」に初出店。
   7月 珠洲の一箱古本市(木の浦)に出店。
      輪島某所の古書即売市に出品参加。
   8月 京都に行く。少しだけ本屋古本屋めぐり。
   10月は近江町で古書組合参加店舗の「ふるほん市」がありましたが
      LOGOSは不参加(出店せず)でした。次回はぜひ。

自分の品ぞろえがどれだけ不細工かは自分が一番わかっていて
それは恥ずかしいことなのだけれど、やり続ける中でしか変わっていけないと思うし、あんなんで古本屋? と言われるのは承知の上で、でも自分は古本屋であり続けたいと願う。奥能登で古本屋。無理を承知で。馬鹿を承知で。やり続けるつもり。


[PR]
by iwashido | 2017-10-17 23:37 | ロゴス&LOGOS | Comments(0)