ブログトップ

LOGOSさんの月に1,2回古書店

2009年 05月 08日 ( 1 )

ノスタルジー。

子どもが高校生になったので、重ねるように自分の高校時代を思い出す。
同じ高校ではないし(自分の母校ではないという意)、県も違うし時代も違う。

中学時代の彼(息子)より今のほうがよくしゃべる。
たわいのないこと。弁当のこととか携帯をめぐって(共有なので・・)。
彼(息子)はだんだん自由になっていく感じ?
小学校時代は、よそ者(金沢からの転入したばかりで入学)ってことで
ちょっと息苦しそうだった。なんせ大多数が地域に根ざしていることが前提。
野球部じゃないってこともつらかったのか? サッカーは肩身が狭かった。

中学時代は苛立ってた? 勉強と部活で手一杯って感じで。
少し楽になったのは、三年生になってから。部活で結果を出せて、ペアの相手との
友情をはぐくんで、そして体育祭・文化祭と受験。

今は、中学と同じ部活だからそのまま続いて進化中、って感じで
でも一応勉強もするようにはしているようで、
自分の得意と苦手がよくわかったようだから、中学時代よりは要領よくこなしてるみたい。
私は少なくとも高校一年の時はこんなに勉強してなかったよ(^^;;

なにかのはずみで自分の母校のHPを見つけた。
新校舎に立て替えたので、私たちの学び舎は今は跡形もない。
その記念石碑を建立したという話。
校歌が硬派(漢文調!)なのに驚く。「孤高」とか「沈黙」とか「茫茫」とかさ。
好きだけどね。

一番驚くのは、今の高校のPTAのかかわりの多さ・・・
また今年も母親委員から逃げられませんでした。
[PR]
by iwashido | 2009-05-08 10:29 | 朔のつぶやき | Comments(0)

Ms.LOGOS's once or twice a month Used Book Store