ブログトップ

LOGOSさんの月に1,2回古書店

2009年 08月 23日 ( 2 )

8月のぶどう狩り。

8月のいわし洞文庫は、出張文庫だった。
いつもの三人を引き連れて、高松のはまなす文庫へ。
毎年恒例のぶどう狩りに参加してきました。

ぶどう狩りおはなし会に参加するのは、実に11年ぶり。
11年前には、金沢から、子ども二人を連れて参加したが、
中学生と高校生になった娘と息子は、もう遊んでくれない。
そんなわけで、MちゃんとSちゃんとNちゃんを引き連れていった。

そこではもう一つのサプライズ? が待っていて、
それは三月までの仲間だったTさんが、転勤先の福井から、
やはり子どもを連れて、高松で合流!
いざ、はまなす文庫(細川さんち)へGO! なのだった。

毎年のことなのだろうが、盛況も盛況で、
玄関先から靴があふれ、よくもまあ3部屋にあれだけの人が入るものだと、
細川さんの人望に畏敬に念が増すばかり。
靴の整理や、お昼のすいとんのフォローや、
おはなし会後のお茶会の準備など、陰日なたになって世話をしてくださる
はまなす文庫の周囲の方々。
こういう仲間あってこそ、25年にわたって続けてこられたのだろう。

いい時間で切り上げて、楽しみを欲張りすぎずに帰路についたので、
疲れを翌日に持ち越さず、いい思い出、いい1日になりました。
来年もぜひ、再び参加したいな。
ねぇ、Tさん!!
c0107612_8465339.jpg

[PR]
by iwashido | 2009-08-23 13:23 | いわし洞文庫 | Comments(0)

ツイラク~

ツバメの第2次巣立ちで納屋は騒がしい。

それでも今年、4、5羽は、巣から転落して墜落して
動かなくなっていた奴らがいた。
アジサイの根元やいろんなところに埋めてあげた。

少し前には、義母と長男がみつけたヒナは
まだ動いていたので、はしごを使って巣に返したという。
でも、その夜、納屋に偶然立ち寄ったら、やっぱり落ちていた。

昨日など、田んぼのあぜ草を刈っていたダンナが
巣立ったばかりの幼鳥が、飛べずにさえずっていたのをひろった。
ヒナという段階ではない。でもうまく飛べないようだ。

どうする? というわけで、しばらくは鳥かごへ。
出入り口は開けておいて、飛びたくなったらいつでも飛べる状況にしておく。
えさは、ミルワームを買ってきて、むりやり口をあけさせて押し込んだ。

兄弟やら親鳥やら、心配するツバメが近くまで来る。
飛び立てそうなのだけれど、危なっかしい。
少し羽が乾いた頃、物干し場のほうへ頑張って飛んでいったが、
着地先は、洗濯物のシャツにぶらさがるようにしてつかまって。
おいおい、これで飛行大丈夫なの?

2,3回そんなことを繰り返した後、
夕方になって、娘が見張りをしていた。
鳥かごにいれておいて翌日飛び立たせればよかったのだろうけど、
なんか勢いで飛んでいったそうだ。
しかし、低空飛行を続けた結果、田んぼの途中で見えなくなったとかで。
ツイラクしたのか、親鳥の背中に乗って飛んでいったのか。

後者であると、信じたいけど。。。
[PR]
by iwashido | 2009-08-23 10:15 | 朔のつぶやき | Comments(0)

Ms.LOGOS's once or twice a month Used Book Store
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31