ブログトップ

LOGOSさんの月に1,2回古書店

カテゴリ:映画とかビデオとか。( 14 )

幸福のスイッチ。

「幸福のスイッチ」という映画をWOWWOWで見た。
上野樹里が、田舎の電気屋の3姉妹の真ん中役で、いい味だしている。

個人経営の電気屋の親父が沢田研二。妻に先立たれて、量販店に押されて、
でもどんな修理でも、どんな便利屋でも引き受けることがこの店のポリシーで。
近所に嫁にいった長女と、イラストレーターになる夢をかなえるために都会に出た次女と、
工業高校に通う3女という三姉妹。どこかでみたことあるような家庭。
お父さんが怪我をして入院したので、臨月間近な長女が、
次女を手紙で呼び戻した。
ちょうど職場を飛び出して無職状態だった次女は、しぶしぶ帰省する。

和歌山県のどこかの町の風景は、能登のそれにも似ていて、
都会ではない地方で生きていく誠実さみたいなにおいをたくさん感じた。

幸福へのスイッチは、実はとても身近にあるのかもしれない。
[PR]
by iwashido | 2008-03-28 10:53 | 映画とかビデオとか。 | Comments(0)

珠洲で「フラガール」を見る。

この前の日曜日。
学校や幼稚園のバザーが重なった日曜日。
そんな日の午後、ラポルトすずで、映画の上映企画があった。

「フラガール」。

常磐ハワイアンセンター設立の様子を、基本的には実話の、
細部にはフィクショナルな要素も加わって、リアルな40年代がよみがえる。
エネルギー革命が徐々に進行し、「黒いダイヤ」と呼ばれた石炭も、
それを掘る炭鉱も炭鉱夫たちも、未来に暗雲が立ち込めてきた頃。

私が幼稚園児だったころ、家から幼稚園までの途中には「コークス」があって、
石炭が積まれた場所があって、小学校でも石炭ストーブだった。
石炭を運ぶ係りがあったぞ、確か。(それはともかく。)

炭鉱の町を南国・ハワイに。
そんな夢みたいな話。
夢みたいな話は、最初はほんの4人の生徒+1人の先生+1人のマネージャー
で始まって、諍いやトラブルを乗り越えて、事件も乗り越えて、現実になる。

これは私たちの物語だ。
[PR]
by iwashido | 2007-11-14 09:02 | 映画とかビデオとか。 | Comments(0)

喪上がりの仕事を。

「もがりの森」(←漢字変換できんかった・・・)を見てきた。
金沢(シネモンド)で上映する、とあれば、見に行かないわけにはいかない。
わずか2週間のタイムリミット、どのタイミングで? と迷ったけど、
時間というのはひねり出すもの。

日本のどこにでもありそうな山里、
それは吉野かもしれないし、ここ(能登)かもしれない。
河瀬監督にとってはまぎれもない故郷の風景を存分にいかして、
失ったものを回復するための長い長い時間(映画では1時間半)を
映画というものがたりの中で描いた。

カンヌだとか賞だとか、そういうのはよくわかんないけど、
原風景の中に、今の時代に問いかけるべき物語を作り出す作法は
学びたいと思った。

私は私の「喪上がり」の仕事をしたい。
[PR]
by iwashido | 2007-10-31 09:03 | 映画とかビデオとか。

何も書くことがないので映画の話。

映画館に映画を見に行くのも一苦労、な土地に住んでいるので、
WowWowや NHK衛星放送には結構お世話になってます。

このまえ見たのは「テルマ&ルィーズ」。やっと全編見た(今頃・・・)。
テルマがどんどん変化していくのがすごい。
ブラッド・ピッドも若かったな。

ちょっと前に見た「イン・ハー・シューズ」も良かった。
できのいい弁護士の姉と、見た目はバッチリ、でも読み書きは苦手な妹の
二人姉妹の成長物語。
目が不自由な元大学教授と詩を読むシーンが好きです。

お気に入りは「鯨の島の少女」。
マオリ族の踊りと、本物の鯨が印象的。
女の子が輝いて見える映画ばかりでした。
[PR]
by iwashido | 2007-03-03 14:18 | 映画とかビデオとか。 | Comments(1)

Ms.LOGOS's once or twice a month Used Book Store
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31