サプライズ

今年の夏は、お盆過ぎてからが暑い~
連日35度に迫る勢い! 夜も風があれば涼しいが、
無風の夜は安眠できないほどである(大げさ?)。

この暑さで食欲も落ち、ところてんやソーメンしか食べたくないほど。
そのせいで身体も心なしか、絞まってきたか(冗談?)。

キャラ弁というか、かわいいお弁当の本を、古本市で入手してきたら
娘がこういうのがいいな~、という。
とはいえ、超がつくほど不器用な私、細かい細工は苦手。
しぶっているうちに、自分でオムライス弁当を作ってしまった。

その上、私の分も作ってあげた、というのだった。
食べるときまで開けたらだめやよ、というコメント付き。
c0107612_6204266.jpg

開けてびっくり、のサプライズお弁当でした。
[PR]
by iwashido | 2012-08-24 06:13 | 子ども | Comments(0)

総文初体験。

全国高校学校総合文化祭演劇部門、に姪っ子の学校が参加するという。
これはつまり、文化部のインターハイであり、
全国から選ばれた文化部がやってくるわけだ。
c0107612_17454212.jpg


今年の会場は富山県。
富山なら石川からまだ行ける距離でしょ、ということで
ひさびさに実家以外の場所で姉と、母に会う。
会場は富山の県民会館。
先月の岩瀬浜ツアーでの予習が役に立つ。
(Sさん、ありがとう。。)

姪っ子の所属する部は演劇部。
演劇といえば、文化部の花形なんだろうか。
地元の高校には演劇部がないので、実体は推測するしかないが、
全国9ブロックから選ばれた、精鋭の12校が三日間に渡って発表する。

姪っ子の学校は、神奈川県にある。
開会式直後の一番に上演。
だから、他のところと比較しようもないのだけれど。

ものすごく、ハイレベル。高校生の演劇とは思えない。
テーマも、深くて暗くて思い、姥捨て山のお話。
この上演を実現するために、原作者の深沢七郎と著作権交渉を五年もかけたとか。
「新釈 姥捨山」。
NHKの高校演劇放送にかかることを(=優秀作に選ばれることを)
祈っています。
[PR]
by iwashido | 2012-08-12 11:11 | 子ども | Comments(0)

新生活。

4月です。
相変わらず強風が吹いたり、
アラレが降ったりと荒れ模様の日もある今年の春ですが。

我が家の「嵐を呼ぶ少年」が巣立っていきました。
とはいえ昔の古巣でもある金沢市で学生生活を始めることに。
2月の私大受験の日には強風を呼び、
前期試験、後期日程でも荒れ模様の天気で、
家から荷物とともに旅立つ日も、春の嵐のような
風の中での出立となりました。

明日の夜からは一人で生活することになるのですが、
大丈夫かな・・・?
でも幸いにも近くに腐れ縁の同級生がおり、
なんでも連絡を取り合える仲のようなので
ちょっと安心です。

c0107612_1152213.jpg

いわし洞の金沢出張所として利用させてもらうかも。
(本人は迷惑みたいですが・・・?!)
私も子離れして自立の春にしようと思います。
[PR]
by iwashido | 2012-04-01 16:15 | 子ども | Comments(0)

ピアノとハンドベル。

ピアニストと遊ぼう! というノリのコンサートへ行ってきた。
お友だちに誘われて。家族券のご相伴。

去年も同じような時期に、ピアノコンサートがあったけれど、
それよりは、コンサート然としておらず、
どちらかといえば啓発的というか、教育的な内容で。
つまりは、子どもたちと一緒に音楽を楽しんだり作ったりするという、
親しみやすい感じのプログラムであった。

ついこの前「のだめカンタービレ 最終楽章前編」の映画を
見たばかりなので、ついつい「のだめ」と比較してしまう(比較してどうする?)。
会ったこともない、架空の、のだめというピアニストの
音楽の強さと個性に想像がいってしまう(田村さん、ごめんなさい)。

それはともかく、
最後の「カノン」のハンドベルとの競演は良かったです。
即興で子どもたちと上手にコラボレーションしていました。
ほとんど泣きそうでした。
[PR]
by iwashido | 2010-01-31 17:02 | 子ども | Comments(0)

卒業間近な日々。

6年生を送る会も終わり、あとは卒業を待つ日々です。

小学校PTAももう終わりで、なんだか寂しいです(TOT)

c0107612_15351828.jpg


とっても頼りにしていたお友達が、ダンナさんの転勤で珠洲からいなくなっちゃうし~;;

いろんなことが動く2月。

流されず、自分のやりたいことを見極めたい。

そのためにゆっくり時間を使いたい。

Yes,We Can.

きっとできるさ。
[PR]
by iwashido | 2009-02-21 15:36 | 子ども | Comments(0)

夏のダンボールハウス。

暑い夏です。

暑い中、ダンボールハウスを作っています。

c0107612_9322910.jpg


どうなることやら?
[PR]
by iwashido | 2008-08-13 09:39 | 子ども

昨日、小学校で親子講演会を行った。

講師はミキハウスの坂本達さん。

会社にいながらにして、自転車で世界一周した、自転車のお兄さん。

電気も水道もひかれていないアフリカ・ギニアの村で命を救ってもらった恩返しに、

井戸掘りプロジェクトや診療所プロジェクトを着々と進行させている。

大切なことは、「挨拶」「感謝の心」「自分の個性を大切に」。

言葉で言ってしまうとこれだけのことになってしまうけど、

話を直に聞いた子どもたちはそれ以上のことを受け止めていたと思う。
c0107612_9244111.jpg


坂本さん、そしてPTAの皆さん、先生に子どもたち、みんなみんなありがとう。

坂本さんのお話に興味のある方は公式HPからどうぞ。↓
坂本達・公式ホームページ
[PR]
by iwashido | 2008-02-27 09:16 | 子ども | Comments(0)

タラコ参上?

小学校の「6年生を送る会」にタラコ参上!?
c0107612_204921.jpg



いや~みんなよく頑張っていました。
今年は一参観者に徹しさせていただきました。

来年は・・・?


c0107612_14582228.jpg
[PR]
by iwashido | 2007-02-19 00:02 | 子ども | Comments(0)

ハッピーバースディ♪

c0107612_21193011.jpg


誕生日のご馳走は

ケーキと、能登牛。

プレゼントは

目覚まし時計と、本と、図書カードでした。

がんばれ13歳。
[PR]
by iwashido | 2007-02-09 21:31 | 子ども | Comments(0)

入院騒ぎ!?

毎日投稿の予定が既に破られている・・・
というのも子どもの入院につきあって、病院泊だったもので・・。

咽喉が痛くて熱が高い、というので「扁桃腺だろう」と思って耳鼻科を受診。
そしたら「扁桃腺」ではなくて「喉頭が腫れていて息苦しいのは危険」ということで
小児科へまわされ(一応総合病院なので)、そのまま週末入院することに。
ステロイドの吸入と点滴すること丸3日間。

うーん、おーげさな~とか、いつもいく個人病院の小児科へ行ってれば
こんな大騒ぎにはならなかったかも? と思ったものの、月曜日に退院。
帰宅後、「育児の百科」(松田道雄・岩波書店)で調べると今回の病気は
「仮性クループ」。ジフテリアでも良く似た症状になるそうだ。
そういえばこの子は3種混合を受けていないのであった・・・
先生が「ばい菌はいない」と言ったのは「ジフテリアではない」という意味だったの??

入院計画書によれば「クループ症候群(ウィルス性喉頭炎)」。
これだとあんまりおそろしげな病名に思えなかったけど、
「育児の百科」を見て、けっこう危ない状態だったんだ~と納得。
総合病院の耳鼻科へ連れて行ったのはまあ正解だった、ということで。
[PR]
by iwashido | 2007-01-30 05:18 | 子ども | Comments(0)