ブログトップ

LOGOSさんの月に1,2回古書店

カテゴリ:いわし洞文庫( 34 )

おはなし交流会 IN のと

7月1日、日曜日。
天気はあいにくの、雨。

でも、雨であじさいがかがやくように、
田んぼや畑もよろこぶ中、奥能登でつどいがありました。
「おはなし交流会 IN のと」。
場所は三井の茅葺の家、福島邸。

内灘以北、奥能登も含めた地域で、昔話を学んだり、語ったり
しているグループ・個人が集まりました。
お世話をされたのは、柳田のN先生と、かほくのHさんと、輪島のききみみずきんさん。
11名(10グループ+1人)がろうそくの灯りの、茅葺の家で
おはなしを語り、38名がそれに耳を傾けました。
c0107612_16315371.jpg


私自身は、最近はおはなしどころか、読み聞かせからさえ
遠ざかっている日々でしたが、久しぶりに「おはなし」を聞いて、
十年前に蒔いた種がうずうずとしてきた感じ・・?

各地の図書館や公民館で、Hさんがおはなしの講習会の種をまきつづけた
その結果がこのような形でそだったような気がします。
口能登では数年前から行われていた集いを、
今回奥能登までひろげてくださり、ありがとうございました。

もういちど初心に帰って振り返ってみたいです。
[PR]
by iwashido | 2012-07-04 11:20 | いわし洞文庫 | Comments(0)

わたしのちいさな。。。

『私の小さな古本屋』を入手。
倉敷の、知る人ぞ知る小さな古本屋の
蟲文庫さんの、田中美穂さんの本です。

2月に大きな書店で見つけて半ば立ち読みしたのですが、
その時は購入せず。
蟲文庫HPより、直販も行っていると知り、
サイン本をGET。
おまけの絵葉書・しおりもついていました。

いろんな古本屋さんの始め方があるのだろうけれど、
何もかも準備万端整えてからでなくても、
できるところから、できるやり方で
始めてしまうということもありなのだなと、
この本を読むと改めて思わされます。

私もこの春から初夏の間に
「わたしのちいさな・・・・」
を始めようと思います。
人様には笑われるようなレベルかもしれませんが。

・・・は何になるのか、目下画策中。
[PR]
by iwashido | 2012-04-05 23:44 | いわし洞文庫 | Comments(0)

本を売る、ということ。

2月26日(日)、真冬のように寒い一日。
珠洲まるかじりの食祭イベントが飯田町商店街を中心に
実施された。食べ物テントがずらりと並んだ。

今年も去年と同じように、
Caroline ENGLISH Cafe & Used-Books IWASHI-DO
でカフェを一日臨時オープン。

午前中はおなじみの親子連れさんが一組で
キャロラインさんと話し込んでいたが、
昼前くらいから、寒さに耐えかねた知り合いや
常連さんや、飛び込みのお客も立ち寄ってくれた。

薪ストーブを焚いていたので、室内は暖かく、
無造作に並べてある古本箱の中から本を選んだり
子どもにせがまれて、絵本を読んであげる親子もあり、
なかなかほほえましいひとときが見受けられた。

本当は本はぜんぶ貸し出してもいいくらい。
でも、貸し出すにも手続きが要る。
どこにあるのかがわからなくなっては困る本もあるから。
借りたほうは、貸したほうより、その本の所在に関しては
無責任になりがちだから。

だから、「売る」という行為でつながるしかない。
対価をいただくことで、その本はあなた(購入者)のものになり、
責任をもって譲り渡すことが可能になる。
商売か? といわれれば悩んでしまうが、
商売の何が悪い? と開き直ることもできる。

迷いながら、日々進んで行く。

寒いけど楽しい一日であった。
[PR]
by iwashido | 2012-03-01 13:00 | いわし洞文庫 | Comments(0)

雪の日。

雪の中、はくさいと、カブと、大根を取りに行った。
義父と義母が、浜の畑に秋に植えたヤツ。
いろいろあって、こまめに取りに行かないうちに、
雪に覆われた白い畑。

c0107612_7103610.jpg


思わず「しんせつなともだち」(福音館書店、ファン・イーチュン)
を思い出した。

雪の中 ウサギは カブを 2つ見つけた。
1つはtabete, 1つは ともだちに持っていく。

 「こヤギは はくさいを 見つけて, 家に 帰ってきました。」

c0107612_7111873.jpg


はくさいを見つけて家に帰ってみると、
誰かが他の野菜を持ってきてくれていて。
カブだったか、大根だったか。

まさに冬の野菜、ってことですね!

(手元に「しんせつなともだち」がないので、
 正確な表現ではありません。。。)
[PR]
by iwashido | 2012-02-09 14:51 | いわし洞文庫 | Comments(0)

発芽の予感。。。

先日、輪島市三井でお米を作っている「まつもとさん」の工場での
味噌作りイベントに、声をかけていただき、
以前からまつもとさんと懇意にしているMさんと
出かけてきた。

能登島(七尾含む)と珠洲から、毎年恒例で
味噌を作りにくるグループのメンバーが来ていた。

まつもとさんと、途切れ途切れにではあるが
いろいろな話を伺い、質問もした。
安全な米安全な米、と人は求めてくるが、
送った後に帰ってくる答えは「美味しいお米でした」。
「安全なお米でした」といわれたことはない、と言う。
自分は、野生の米に近い米を求めて作ってきただけ、とも。

無農薬、自然に近い米作りが安定した収穫をもたらすまでに
十年近くかかった、とも聞いた。
そうか、十年か。
何事も、その先が見えてくるまでは、それくらいの時間が必要かも。

新月いわし洞(文庫)なるものも、奥能登で再スタートして
今年で十年。
今年はもしかしたら、何か発芽するかも。
そんな予感がちょっとだけ横切った。
[PR]
by iwashido | 2012-01-17 11:54 | いわし洞文庫 | Comments(0)

『ストライプ』に学ぶ。

秋日和。
2階の文庫スペースに日差しが入る。
寒さしのぎのじゅうたんに、ブランケット。
頭をあずけるのにちょうどよい、ぬいぐるみとクッション。
思わずずっと読めずにいた
『児童文学論』や、なつかしの『家父長制と資本制』などを手に取る。

そうそう、今週末の読みきかせに何を読もう?
ほとんど半年ぶりくらいに、小さな子どもに読む絵本を選んでみる。
うちの子が好きだった『ぼちぼちいこか』に『がたんごとん がたんごとん』。
定番といえば『もこ もこもこ』に『おおきなかぶ』。
冒険といえば『いたずらきかんしゃちゅうちゅう』に『かしこいビル』とか?
どちらかといえば、地味かも。今の子には。

今回は選書できないけど、『ストライプ』(デヴィット・シャノン)が目にはいる。
小学校の高学年に何回か読んだかな。
去年中1のクラスで読んだら、インパクトはあったみたい。
自分の気持ちどおりの行動ができなくて、しましまになる女の子の話。
病院の先生や専門家にたらいまわしされ、どんどんひどくなって
最後は、やってきた小さなおばあさんに救われる。

これって、もしかして、いまの私たちのこと?
小さなおばあさん、どこかで会えたような・・・。
[PR]
by iwashido | 2011-10-19 10:22 | いわし洞文庫 | Comments(0)

かがくあそびとブックトーク

7月9日(土)、市立図書館にて。
「かがくあそびとブックトーク」おはなし会を開催しました。
講師はなかよし文庫の坂下さんを金沢からお招きして、
いわし洞文庫と、えほんのへやおだんごぱん さんとの共催での試み。

当日は、3歳くらいのおともだちから小学校6年生の子どもたちと
彼らのおかあさん、そして私たちスタッフあわせて30人ほどが集まり、
楽しいひとときを過ごしました。
c0107612_9305563.jpg

「ブックトーク」ってなじみがないかもしれませんが、
「読み聞かせ」のように全部の本の内容をよまなくても
紹介したい本を、ひとつのテーマでくくって、
限られた時間でたくさんの本についてのイントロダクションができる、
文字通り、本についてのおはなしをすることです。

今回のテーマは「音」。
音ってエネルギーなんだよ、
だから紙コップの上でヘビさんが踊ったり、
c0107612_9313112.jpg
ストローで作った笛が音色を奏でたり、
たくさんの楽しい体験ができました。
坂下さん、ありがとうございました。


そして当日お手伝いに来てくださった皆様にも、感謝をこめて。
[PR]
by iwashido | 2011-07-11 09:03 | いわし洞文庫 | Comments(0)

日曜日は休みたい

なんてことない日曜日。

「コールドケース6」の最終話を見ています。
ビデオですが。

来週のことを考えなくちゃ。。。
c0107612_15562396.jpg

[PR]
by iwashido | 2011-02-20 11:05 | いわし洞文庫 | Comments(0)

北の海からやってきた。

いわし洞文庫にお客様が~!

c0107612_9313874.jpg


クリオネさんが、やってきました。
[PR]
by iwashido | 2011-01-23 09:32 | いわし洞文庫 | Comments(0)

なれないことは、するものだ。

3月の、雪。
こっちは積もるというほど降らなかったけど、
雪を積んだ車は見たな。
これがコンサートの日でなくて、本当によかった。

一年以上前から準備してきた「たかはしべんコンサート」。
無事終了しました~♪
まずは、よかった、よかった。
一人ではできなかったことが、
異なる個性の実行委員会メンバーの協力により、
補いあって当日を迎えることができました。

c0107612_8224484.jpg


必ず聴いて欲しい人(チケットほぼ買ってくれそうな人)には
だいたい声をかけて来てもらうことができたが、
もしかしたら・・(チケット買うか買わないか微妙な人、断られそうな人)には
声を積極的にかけられなかったな。。。。
これが今後の課題ですな。

皆様の協力で、ばっちり赤黒でずに清算できそうです。

なれないことも、してみるもんだな。

c0107612_8255436.jpg

[PR]
by iwashido | 2010-03-11 06:09 | いわし洞文庫 | Comments(0)

Ms.LOGOS's once or twice a month Used Book Store
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28