追悼のために『じんべいざめ』を読もう。 (2012/10/06) の記事画像