北の海からやってきた。

いわし洞文庫にお客様が~!

c0107612_9313874.jpg


クリオネさんが、やってきました。
[PR]
by iwashido | 2011-01-23 09:32 | いわし洞文庫 | Comments(0)

雪が降る。

北陸は、雪です。
クリスマスあたりからずっと、雪だるまマーク。

怖い目にもあいます。
凍った道、降りはじめの積雪の道は、要注意!!

来週からの通勤・通学には
細心の注意を払って、出かけねば・・・

あと一ヶ月ほど、なんとか乗りきろう

いまなぜか「てっぱん」を見ています。
録画ですが。
[PR]
by iwashido | 2011-01-09 11:42 | 季節のできごと | Comments(0)

新しくなった。

天気予報はずっと雪・・・
北陸の冬がやってきてしまった。

新年、実家に帰省した。
やったことといえば・・・
初売りでノートパソコンを買ってしまったこと!
今日、やっとそのワイヤレスネットワーク接続の設定が完了し
新しいPCでブラウザを立ち上げたり、
ブログの更新ができるようになった!

すごーいい・・・・!! さくさくだぁ~

これで少しは今年はブログの更新ができるかも。
[PR]
by iwashido | 2011-01-07 03:39 | 日々雑感。 | Comments(0)

明けまして。

あけましておめでとうございます。

この一年の沈滞ムード・停滞ぶりが払拭できるような
新しい年になるといいな。

今読んでいる本。
『四十九日のレシピ』 ポプラ社/伊吹 有喜・著
『闇屋になりそこねた哲学者』 ちくま文庫/木田 元・著

『四十九日のレシピ』はブックオフで入手。
日常生活の見直し、という意味では今の私に必要な本かも。
四十九日は法事ではなく、宴会で・・・という発想はいいな。
「葬式不要・戒名無用」が理想だけど(白洲次郎に倣えば)、
それが無理ならせめて四十九日にはこんなふうに集まってほしいかも。

話の中身自体も、今自分がうんざりしている家事・食事のまいにちのことが
実は周囲の人にこんなにも影響を与えているんだよ、
ということに気づかされる、タイムリーに暖かい本でありました。

『闇屋になりそこねた・・』は、大学病院の売店で購入。
木田元さんは、学生時代、このヒトすごいかも、と思わせられた哲学者で
やっている分野(専攻? 専門?)が少しだけかぶっていた。
私なんてただのペーペーで終わったけど。
作家の保坂和志とも交流のある木田さん、そのことも本に書いてあった。

あの頃のきらめき・ときめき・うずきを忘れたくないかも・・。

さあ今年はどんな一年になるのでしょうか???
[PR]
by iwashido | 2011-01-01 07:07 | 読書日記 | Comments(0)