<   2011年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

第8回一箱古本市@源法院

6月26日(日)、金沢の一箱古本市に行ってきました。

c0107612_9463326.jpg


回を追うごとに、自分の底の浅さが露呈するなぁ・・。
古本屋のプロであるかどうか、というより、
ここに居並ぶ人たちはみな、「本好き」のプロ、とでもいおうか。
それぞれ自分の思い入れの深い本を
惜しげもなく並べて。

私は? わたしねぇ。。。
なんかまださらけ出してないていうか。
いや、そもそも私そんなに「本好き」だったっけ?
もともとこの程度だった、って思えば気が楽!

本棚の断捨離に取り組んでみますか!?
[PR]
by iwashido | 2011-06-30 15:49 | 読書日記 | Comments(0)

進歩することだけが、正しい価値観であるかどうか。

中高生スポーツ大会の最盛期です。
高校総体県予選が6月上旬で、昨日一昨日は北信越大会。
中学校の県大会予選(地区別大会)も昨日一昨日と各地で。

スポーツは勝利を目指して行われる。
勝負はドラマティックであるし、接戦は確かに見るものに
感動を与える。
勝てばうれしいし、負ければ悔しい。

でも、勝てないからといって、価値がないわけではない。
それは単なるなぐさめでもなんでもなく、
それが人生のある意味真理に通じているから。
人生とはそういうものなのだ。

勝つこと、あるいは進歩することだけを
目指している文明はどこか片手落ちである。

植物は現状維持(来年も同じ場所に花をさかせられること)
ができれば、次世代に命をつなぐことができる。
より多く、より強く、より繁栄しなくてもいい価値観。

今日が昨日と同じであることに、乾杯。
[PR]
by iwashido | 2011-06-20 09:29 | 朔のつぶやき | Comments(0)

考えること、行動すること。

本棚を整理していたら、懐かしい、
いや、いまだからこそ、ホットな本発見。

『東京に原発を!』 広瀬 隆 著 / 集英社文庫 (1986年8月初版発行)

25年以上前から、行動し、声を上げ続けていた。
何が正しいか、私たちは根源的に考えずに暮らしている。

考えないほうが楽だから。
便利なほうがいいし。
見えないところで何が起こってても関係ないし。

こんなことを、誰もがどこかで感じたことがないとは、言わせない。

でも、私たちは見てしまった。
津波で家が、人が、車が流されるシーンを。
原子炉建屋が爆発するシーンを。
放射能に取り残された、、牛や鳥の行く末のなさを。

京大の原子力研究者で、ずっと原発に反対してきた
小出宏章教授が、参議院の特別?委員会で参考人として発言した内容は、
多くの人に読んでほしいと思った。
(5月23日、参議院の行政監視委員会の参考人に小出宏章、
後藤政志、石橋克彦、孫正義の4人が呼ばれたそう。午後1時から。)
ネット放送では中継されていたとのこと。

小出参考人の全身全霊をかけた凄まじい… (もじおこし)

教えてくれたのは、茅ヶ崎在住のやまんばさん。

やまんばさんのおうち

太平洋沿岸は、ホットです。
能登ももう少し、危機感を持って動かねば?!
[PR]
by iwashido | 2011-06-15 14:35 | 読書日記 | Comments(0)

ツバメ、巣立ちの時期。

納屋に今年もツバメが巣を作った。
ツバメ調査に来た小学生と一緒に数えたところ、
使っている巣が4つか5つ、
使ってないのも含めれば10以上の巣(跡)が存在する。

いいのだけど。
停めてある自転車(6台)が汚れないようにするのが
ちょっと大変。

ある年はヘビに狙われ、
また別の年はカラスに襲われ、
子育ても命がけである。

今年はカラスが狙っていた。
ちょっとでも中途半端に横の出入り口を開けっ放しだと、
「ピッピィー、ピピィー!」というエマージェンシーな鳴き方になる。
それは侵入者(人間とか、カラスとか)接近のサイン。

幼鳥もいつしか巣立ちの日を迎え、
不器用ながらに飛び立っていく。

c0107612_10411899.jpg


巣から落ちないでね、ツバメさんたち。
[PR]
by iwashido | 2011-06-15 13:48 | 季節のできごと | Comments(0)

紙のモノたち。

日曜日、産業展示館で「金沢ペーパーショー」をやっている、
というので、ついでのドライブ。
産業展示館へは、サッカー観戦、たまさかのライブ日帰り、
その他で行きやすいところという認識がある。
(とりあえず駐車場の心配はないので。)

以前は更地で、テント興業のサーカスが来たような場所は、
今では総合スポーツセンターなんて、しゃれた建物が建っている。

「ペーパーショー」は製紙会社、製本組合、紙器工業組合など
紙のモノにかかわる方々がブースを出していた。
福井和紙の紙漉き体験や、書道研究会の書初め展示などもあり。

最近、「紙」といえば、できるだけ安いA4コピー紙をどこで買うか?
ぐらいのことしか考えてなかった。
でも、印刷物の紙質や色合い、包み紙の多彩さなどは、
すべて「紙技」であるといえる。

お目当ては、製本工業組合のブースに出展している
金沢一箱古本市の「お出かけ本隊」のところ。
一箱古本箱にたくさん並んだ本は、それなりに見応えあり。
本は紙によってできていることを、改めて認識。

あうん堂さんと、ニャンカフェブックスさんにご挨拶して、
行きつ戻りつ、箱を見る。
この箱好き~というラインアップや、
自分の本棚にもあって、これは(自分のは)売れないなぁ、という本を
多数発見。お金に不自由してなければ、買いたいのはいくらでもある。

c0107612_10495148.jpg


そして結局、
『ものいうほね』 ウイリアム・スタイグ / 評論社
『停電の夜に』 ジュンバ・ラヒリ / 新潮社クレストブック
『バスキア』 J.M.バスキア / 角川文庫
などを購入。

お出かけ無精の私であるが、ついでや、一念発起の思いがあれば
多少のところは行けるものだとわかっただけでも、よかった。
収穫の多い一日であった。
[PR]
by iwashido | 2011-06-14 09:14 | 読書日記 | Comments(0)

生きるってことは。

今日、やったこと。

1) 芽が出たヒマワリを、畑のわきに植え替えた。

2) 早めぬ夕飯用の、ハヤシライスを作った。

3) ホットケーキミックスの粉で、バナナパウンドケーキを作った。

4) もらったイチゴで、イチゴのババロアを作ってみた。
c0107612_15593817.jpg


5) 余った稲苗で「バケツ稲作」に挑戦。

その他もろもろ、連絡と調整。

今日は一日、楽しかったな。
[PR]
by iwashido | 2011-06-08 15:42 | 日々雑感。 | Comments(0)

Not Found.

私のミズチルブームは8年前がピーク。
でも、時々、聞きたくなるというか、復活する。

♪ 昨日 探し当てた 場所に
 今日も ジャンプしてみるけど
 なぜか Not Found,
 今日は Not Found...
*Mr. Children [ NOT FOUND ]

見つけられなかった場所が、また見つかると、
うれしい。

音楽は人に勇気を与え、元気づける力を持っているよね。
[PR]
by iwashido | 2011-06-06 09:41 | 朔のつぶやき | Comments(0)

カフェの効用・・・

某月某月。

めずらしく、市内某カフェでランチもどき。
普段ならそんなことしないのだけど。

出てきたサンドの厚さにびっくり!
すごいボリューム!? はたして食べきれるのか~?
心配ご無用、好物のツナサンドだし、No Problem、でした。

珠洲でも、スタバ並みの満足感…
(別にスタバが理想のカフェだと言っているわけではありません。)

カフェの効用ってなんでしょう?
コーヒーが飲める、食事ができる、スィーツが食べられる?!
でも、精神の自由さ、安心感、身の置き所の有無、などなど。
目に見えない「何か」がフィットしないと
なかなか通えませんよね。

なかなか身の置き所が見つけられなかった能登にも
求めていた空間が増えてきました。

c0107612_15515699.jpg


*写真と本文は関係ありません。
[PR]
by iwashido | 2011-06-02 13:18 | 食べものとかいろいろ。 | Comments(0)

「新月いわし洞」から「古本LOGOS」への変遷と変転。


by iwashido
プロフィールを見る
画像一覧