今日は雨の日曜日。

やることはたくさんある、でも何から手をつけていいやら。
冬物入れ替え、掃除に洗濯、それに新しいパソコンもやってきた(笑)

なんとか無線LANルーターを経由させて、2台のPCのうち
1台はワイヤレスネットワークで飛ばしたかった、でも設定に時間がかかり~

最終的には、試行錯誤した結果、ようやく今になって
なんとか接続完了! そして新しい接続の元で投稿しています。

便利になっていいこと、悪いこと。
やけにならず、一歩一歩手探りで。

そして明日は。
1年に1回、通っている定期検診の日。
9月の予定を一ヶ月延ばしてもらって明日になった。
それでも朝早くでかけなければなりません。

ついでにB-OFFみたいなところで本も選びたいし
映画も見たいし~。。とあれもこれもしたい日になりそう。
もう更年期と呼ばれる年になっている、私であります。
[PR]
by iwashido | 2013-10-20 21:43 | 朔のつぶやき | Comments(0)

次回は。

古本LOGOSの場所は、現在ほぼ月1回、定例オープンをしている。
とはいえ、まったくのPRなし、口コミ・人づてを頼りにしているので、
ほとんど予約というか、「来る?」とメールして「行くよ!」と返事が来た人のために
開けておしゃべりをしているような状況である。

これではとても、「店」とはいえない。
ただの「しゃべり場」、せいぜいが文庫もどきの予約制カフェ。
10月は5日(土)がそうだった。

でもまあ、今はそれで行けるところまで続けていくつもり。
次回は、11月2日が土曜日なのだが、11月3日が新月なので、
11月3日(日・文化の日・新月)に、ミニミニブックカフェ的なことをしてみたい。

考えているのは「ビブリオトーク@古本LOGOS」。

今、巷でちょっとしたブームなのが「ビブリオバトル」。
これは、ちゃんとしたルールがあって、発案者が本も書いていて、
それは谷口忠大氏の『ビブリオバトル』(文春新書)で、
1冊のおすすめ本を持ち寄り、5分間でその魅力を語りつくして
バトル(言葉によるプレゼン?)し、いちばん心を動かされた本(紹介)
を選ぶ、という意味でバトルとなる。

今回はそこまでハードルは高くしない。
集まった人の自己紹介がてら、何か1冊、読んだ本もしくは読みたいと思っている本、
気になっている本、探している本なんでもいいから本にかこつけて5分間しゃべる。
しゃべっている間はただ傾聴する。時間は一応守ろう。
そんな感じの「ビブリオトーク」をLOGOSに集った人とやってみたいかな。

その日は文化の日で、世間は公民館の文化祭だったり、行事も目白押し。
そんな日に人が集まるだろうか?
まあ、いつものコトノハ読書会のメンバーに声をかけてみます。
そのほかにも飛び入りも歓迎で。
地味にチラシなどをつくるかもしれません。
もしどこかでそのチラシを見つけたら、
このブログのことを思い出してね。
[PR]
by iwashido | 2013-10-17 15:06 | いわし洞文庫 | Comments(2)