原点回帰。

いろいろな問題が複雑にからみあい、自分がどうすればいいのかわからなくなることがある。
今はいろんな本や情報が出回り、さがせばどのような答えでも出てくる。
その本を書いた人、考え方を発表した人の立場や思いで、論旨は違ってくる。

そういう時は、原点に立ち返る。そのような考えが出てくる背景になるような、歴史的にも論理的にも
それを照らす光源となるような、おおもとの思想に立ち返ってみること。

例えば今、興味関心が極度に強まっているのは、図書館や本のある場所の定義や役割についてだが、
それこそ百花繚乱、商業施設から古典的な図書館まで十羽ひとからげで語られる。
自分はどのスタンスなのか、ついわからなくなっていた。
でも、呪文のような、魔法のような、原点を照らすLOGOSを手に入れることができた。
それは、図書館学の始祖ともいうべき、ラガナタンの図書館五原則。
限られた26語の単語で図書館の特質を見事に表している。

今回、ある研修会で、その五原則の本質について語られた本を紹介されさっそく読んだところ
最近ずっともやもやしていた思いが晴れるような、霧の中で「こっちに進めばいいんだよ」と
言われたような思いになった。まだ途中ですが、うーん、原理とはこういうことか。
五原則の英文は、ラガナタンがもともとインド出身であることも含めて理解すると
なぜ動詞にあたる言葉がないのかも、よく理解できた。
(続く)
[PR]
by iwashido | 2015-10-21 05:48 | 朔のつぶやき | Comments(0)

冒険する。方違え的に。

ちょっとした認識論的転換。

守っていたつもりが、実は守られていた。
立場の上下は関係ない。人はつねに対等なのだった。

上手くいっているように見えている部分と、そうでない部分。
「上手くいっている」と判断する根拠は何? 数字? それとも本質?

昔の人は、その日の吉方角と、凶の方角を見ながら、
目的の地へたどりつくために、わざと遠回り、う回路を経るという作業ができた。
私たちはあまりにも目的地に向かってショートカット・最短距離を選びすぎているのではないか。
あえて遠回り、あえて逆方向へ向かってみるという冒険があってもよい。

そんなわけで明日は、一日ちょっと冒険(方違え的に)の一日にします。
どこに、なにをしにいくかは今は秘密。

無事帰ってこられましたら(そんな危険なとこいくわけじゃぜんぜんないの(笑))
報告しますね。
[PR]
by iwashido | 2015-10-03 15:52 | 朔のつぶやき | Comments(0)