11月29日(日) 飯田町 乗光寺にて、珠洲の一箱古本市が開催されます。
時間は10時から3時。出店者も参加者(お客さん)も大募集です!
※乗光寺周辺は路地で一方通行の箇所もあるので、
 できればお車は近隣の駐車場(市役所やシーサイドなど)に停めて
 歩いてきていただくことをおすすめします。出店者の荷物搬入は可能です。

なんだかんだで15回。10回くらいは参加してきたみたい?
覚えている限りの、これまでの開催日時と場所を記載してみます。

第 1回 2010年11月21日(日)  上戸町 永禅寺(ガン寺)<出店>
第 2回 2011年4月24日(日)   上戸町 永禅寺    <出店>
第 3回 2011年8月7日(日)   飯田町 春日神社境内 <出店> 
第 4回 2011年11月23日(祝)  上戸町 永禅寺    <出店>
第 5回 2012年4月22日(日)   上戸町 永禅寺   <出店>
第 6回 2012年8月18日(土)   しいたけ小屋「ひろ吉」
第 7回 2012年10月28日(日)   飯田 わくわく広場 <出店>
第 8回 2013年2月11日(月・祝) 飯田町 二三味カフェ<出店>
第 9回 2013年4月14日(日)   飯田 乗光寺境内  
第10回 2013年7月15日(月・祝) 木ノ浦海岸 海の家<出店>
第11回 2014年2月11日(火・祝) 飯田町 二三味カフェ<出店>
第12回 2014年7月6日(日)   沢野果樹園(東山中) 
第13回 2014年11月24日(月・振休)鉄板でこ(野菜市と同時開催)
第14回 2015年5月31日(日)  ヨダカ珈琲の横(木ノ浦)<出店>

少々うろおぼえのところもありますが・・・
なんだかんだで、年3回くらいは続いてきたのか。
ある意味、すごいですね。
よく探したら出店してない回のチラシが見つかりました(^^)
小さなおうちさんのつくるチラシはとっておきたくなるので。
[PR]
by iwashido | 2015-11-21 11:29 | 一箱古本市@すず | Comments(0)

本を食べて生きてゆく。

『羊と鋼の森』宮下奈都をよんでいる。

この題名だけでピンと来た人は音楽通、ピアノと調律師が主人公。
この本のことは、この春の石川県高校入試の国語の問題に
この小説の文章の一部が使われていて、それでよみたいとおもった。
その時は文芸誌に連載中で単行本にはなっていなかった。

小川洋子の「博士の愛した数式」のように、この羊鋼は
宮下奈都の代表作のひとつになるだろうと思った。

主人公に関係するある登場人物がピアニストになると決意する場面で
「ピアノで食べていくんじゃない、ピアノを食べて生きていくんだ」と宣言するように、
「本で食べていくんじゃない、本を食べて生きていくんだ」
と言いたい気持ちになりました。
[PR]
by iwashido | 2015-11-09 01:11 | 読書日記 | Comments(0)