人生最悪だったかどうかなんてもうわからないけれど、
ある種のカーブを曲がりきったな・・・という感じがする。

良いか悪いかなんて判断できない、ただ「一山越えた」「ちょっと息がつけた」
そういう思いがする。。。

自分はどこに行きたかったのだっけ? そんなことすらわからなくなる生き方をしていた。
あれにもこれにも手を出して、上手くいったかどうかの反省もなく、忙しさにかまけて
自分が大した人間でもないのに誤解して、エラそうな態度で、傲慢だった。。。。

もうだめかも、と思うようなこの一年だった。
でもまあ、ある種のことは手放し、諦め、その代りこれは譲れないという領分というか
覚悟をしなおせば、見えてくるものがある。
自分より年下の人たちからこそ教わることは多い。
思い込みや余談や常識を超えて、見えてくる物事を大切にしたい。

『ペナンプラ氏の24時間書店』という本(海外文学の小説)にならって
ブログタイトルを変更しました。
月に1、2回古書店を開く時にはここで連絡することにします。。。。


[PR]
by iwashido | 2017-11-23 08:47 | Comments(0)

冬に向かって走る。

時々気まぐれにブログのスキン(背景)を変更しますが、
今回は今までにない感じになってしまった。
安っぽい草間彌生、ってか? (足元にも及ばないけどな~、、デザイナーさんごめん。)

もうやりたいことはみんなやってから死を迎えられるように、
いつ何が起きても悔いのないように(悔いだらけだろうけど)、
両手に抱えられるだけの荷物を持って背中にもしょって、冬に向かって爆走します?

文句ばっかり言っているようで実はけっこう我慢強くて、
違和感さえ感じずなんだか受け入れてしまっていたことを一つずつ洗いなおす。
ものすごく波風立てる行為だろう、嫌われるかも、目立つかも、でもいいんです!
佐野洋子のように、伊藤比呂美のように、もう死ぬまで生きるしかない。

時間が足りない、何もできてない、技量が足りない、人徳もない。
でも、やるのだ。何度失敗してもくじけない、成功するまでやればそれが成功だ。
アインシュタインだって言っている。
個性が強すぎて落選するってことはあるらしい。
人は(特に地位やポジションのある人は)自分の理解できない事象は無視する、
視なかったことにする、良さを認めない。
まあ、何が良くて何が悪いかなんて、神でもわからない。

自分より幼い人たちに対してあまりにも冷たかったな。
ごめん、子どもたち、生徒たち。
今だに「子どもより本が大事」かもだけど、これも仕方ない。
こういう自分であることを分ったうえで、次の一手を熟慮しよう。






[PR]
by iwashido | 2017-11-10 16:35 | Comments(0)