日曜日はいつも、になるように。

7月3日(日)。第一日曜日なので、LOGOSに来ています。

最近、自宅のインターネット環境設定変更したらつながらない状態で、
勤務先もしくは週末このカフェからでないと情報発信ができません。
そんなんでHP(OPENING SITE)も変更できてないし、FBもしかり。
(FBはもう、基本連絡専用というか、あまり積極活用しないつもり。。)

1階のない2階には住みたくないな、というのが今の心境。

そんなんで、告知も行きわたっていませんが、「古本LOGOS」営業中です。
古本屋です。(現在はカフェではありません。)
はやく「毎週日曜日はやってます」と言える状態になりたい(したい)。

来週、21美シアター21での「太宰演劇祭(?)」のにぎやかし古本出店仲間に入れてもらったので
7月8日(金)~10日(日)、金沢21世紀美術館周辺をうろうろされる方は
地下のシアター前にどうぞ! あうん堂、オヨヨ書林、NYANCAFE-BOOKSの古本も並びます。

きままに本の整理をしていれば、時間なんてすぐ経ってしまうのよね・・・

いろんな意味で、いい子になるのを止めました。やりたいことだけします。
[PR]
# by iwashido | 2016-07-03 11:39 | いわし洞文庫 | Comments(0)

第16回 珠洲の一箱古本市 出店者(報告)

○あうん堂本舗 (金沢)
日本海の波の音をBGMがわりに楽しんでいただける、「海と山、愛と別れ」の本が並びます。
c0107612_1158492.jpg

 
○NYANCAFE-BOOKS (金沢) 金沢石引から楽しい本、珍しい本をお持ちします。
c0107612_11585984.jpg


○でっぱウサギの本 (金沢)
 箱の内容は、楽しい読み物中心で、わんさか持っていきますよ。
c0107612_13254988.jpg

○しんきち堂 (門前)
 門前町の山の中でのんびりと貸別荘をやっています。変な本から真面目な本まで幅広く揃えてみました。
気軽に手にとってみてください。
c0107612_13265970.jpg

○September Books (輪島)
 近くでの開催なので、久々に出店します。CDも出します。よろしくです。
c0107612_22161315.jpg

○古本LOGOS  (珠洲)
 月一リアルの兼業古本屋です。ネット上では「ロゴス文庫」の名称で活動。小さなおうちさん不在につき、代理主催者です。海と相性のよい本、絵本などを中心に。
  Consa ! (珠洲)
 初めて参加します。古本(小説やエッセイなどの文庫本を主に)と、CD(ほぼ全て洋楽)を販売予定です。
c0107612_13294225.jpg

  三崎こうなみ整体院 (珠洲)
 昨年珠洲に移住し、整体院を開きました。本は祖父の遺したものから絵本まで様々です。アフリカの布や雑貨も少しあります。
c0107612_13303240.jpg

 ★木ノ浦 海の家  (珠洲)
 海の家では、ドリンクやパニーニ、ランチの提供もあります。テイクアウトメニューも考案中!? 
[PR]
# by iwashido | 2016-06-11 05:35 | 一箱古本市@すず | Comments(0)

出会いに偶然はないとしたら

香林坊の地下に書店が復活しました。
世が世なら、敵陣本丸上陸(?)と言われかねない交代劇。
いまどき、そんなことを気にする人は少数でしょうけど。

ほんの10分余裕があれば、寄ってしまう、本があるところならどこでも。
図書館でも書店でも古本屋でも。
つーっとみてつーっと素通りするはずだった。
それなのに。

この本を見つけてしまった。
白水社、エクス・リブリス・クラシックスのシリーズが棚に勢ぞろい。
1冊だけ面出ししてあったその本。
『潟湖(ラグーン)』 ジャネット・フレイム著。
ニュージーランドの国民的作家のデビュー作。

知らない人の方のために解説しますと、
もう20年以上前、「エンジェル・アト・マイ・テーブル」という映画がありました。
その本を書いたのはジャネット・フレイムで、作家の自伝的作品を翻訳して出版されて
映画化されました。その映画も本も読んで、深く共鳴した若い頃の私。
原書も買ったくらいにして。
そのフレイム女史(現在は他界)の、デビュー作が「潟湖(ラグーン)」で当時は
日本語訳は出版されていませんでした。その本が。目の前にあった。

ちょっと迷ったけど買ってしまった。このタイミングを逃すとネットで買うしかなくなるかも。
(最近できるだけリアル書店で本をかうことにしているので・・)

その本を昨日、眼前、海と山の、波音の聞こえる某所で読みました。
うわー、いいなぁ。
こんなところで日永一日読書と思索にふけりたい。
そう思うほどの至福な瞬間でありました。
[PR]
# by iwashido | 2016-06-04 13:45 | 読書日記 | Comments(0)

第16回 珠洲の一箱古本市

<第16回珠洲の一箱古本市>開催のお知らせ&出店者募集します

梅雨入りを吹き飛ばそう! 珠洲の一箱古本市、16回めの開催です。
今回は蒼い海を前に開催します。

日時:2016年6月12日(日) 10時から15時
   (少雨決行、暴風悪天候時は中止)
場所:二三味珈琲「海の家」周辺(珠洲市木ノ浦)
    電話0768(86)2663

★少雨の場合は「海の家」内での開催となりますので、場所が制限されます。
 その場合は、「一箱」の出店を守ってください。箱の用意ができない人にはお貸しします。
★移動に危険を感じるほどの強風時は中止になります。
★本以外の販売、飲食での出店をお考えの方は事前に連絡ください。

◎出店を希望される方は、次のことを hitohakosn@iwashido.com へメールでご連絡下さい。

1 名前・屋号(できるだけ お店の名前(◎×書店、△○ショップ、など)をつけてください。
2 通常連絡用メールアドレス (出店希望者には詳しい、出店案内をお伝えします)
3 緊急連絡用電話番号  (中止連絡などの緊急連絡用。本人と直接コンタクトを取れる番号で)
4 お店の紹介・出店する本のジャンルなど

市内各所にこれからチラシを配布します。
お問い合わせは古本LOGOS  hitohakosn@iwashido.com
場所についてのおたずねは、二三味珈琲 海の家0768(86)2663へお願いします。

********************************************
古本LOGOS(ロゴス文庫)
HP: http://www.iwashido.com
E-mail: hitohakosn@iwashido.com
********************************************
[PR]
# by iwashido | 2016-05-28 09:21 | 一箱古本市@すず | Comments(0)

便利は本当にいいことなのか。

ここ数日、PCがインターネットにつながらない状態だった。
別に大した重要な連絡があるわけでないとわかっていても
毎日のメールチェックとHP等の確認が癖になっていて。スマホを持たないので
PCがICTの命綱である旧世代。

まあ問題は先ほど解決され(NTTさんの電話サポートによる)
無線ルーター側のトラブルらしい。

それはともかく。
ないと困るけれど、あまり依存しすぎたくはないのが本音のインターネット。
私たちはほんの5年前、10年前、どんな風にして情報を取り合っていたのだっけ。
大事なことは電話ではなく手紙で。
メールではなく、せめて電話で。
そんなふうに言われたのはもう過去の話なのか。

早ければよい、一斉に一度に連絡取れるのがよい、費用が安い方が良いと
一斉メールやLINEでの出欠確認などが当たり前とされる世代が急成長。
うーん、そこに乗れない・乗らないという選択肢はないのか。
スマホはもう社会的インフラなのか。

コミュ二ケーションの手段についても、多様性を残してほしいので
いろんなつながり方を模索していきたいものです。
[PR]
# by iwashido | 2016-05-22 12:54 | 日々雑感。 | Comments(0)

本日、強風につき。

風が強いです。。。
怖いくらい。
地球が怒っている? もしくは、ストレス・ひずみの発散?
これくらいのことでしか、自然は人間に復讐できませんものね。
(地震と台風・・・)

昨日、家人と小松駅で待ち合わせるつもりで、昼過ぎに能登を出発。
金沢駅周辺の混雑を避けるための、ナイスアイデアのつもりだった。

しかし、南へ行けばいくほど風が強くなり、また時間も午後3時前から風強まり、
3時過ぎの北陸線の特急はのきなみ運転中止。鈍行ですら、遅れていた。

西インターから高速に乗ったけど、風強い!速度制限80キロ。
四角い私の軽四は風に弱く、私も一番嫌いな風(運転時における苦手度)。
きゃー怖い、と左ウインカー出して60キロくらいで、路肩すれすれを走った。
徳光PAに一時避難するも、ここはETC専用出口(搭載してません)。
駐車場係の人に聞くと「美川インター5キロ先まで頑張って」とつれない返事。
とても小松までなんて無理なので、小松駅で待っている相手に
待ち合わせ場所を美川駅に変更してもらうことにして、
這う這うの体で(まさに地を這うような低速運転で)美川ICで降りました。

自然相手に机上の計算・計画は無意味ということがよくわかった。
最初から、金沢駅で待ち合わせをしていればよかった、とかなり反省。
自分の思い上がりを気づかせてくれた、連休の強風。
ちなみに今もまだ、すごい強い風。家がギシギシいってます(怖;;)
[PR]
# by iwashido | 2016-05-04 10:01 | 季節のできごと | Comments(0)

連休です

ゴールデンウイーク突入~

今年はゆっくり休息するのだ!
とはいえ、やることは山積み。

某SNSサービスに振り回される自分に疲れた。
交友関係を数値化・可視化するな。
いいとか悪いとかいえない微妙さの表現を強いるな。

つながりたいようでつながりたくない。
無理につながっているくらいなら一人でただよっていたい。

合わせ鏡の乱反射をみるのに耐えられなくなることがある。
私ってきれいでしょ?
私ってすごいでしょ?

誰もが自己顕示と自己嫌悪の紙一重の間をさまよっている。
[PR]
# by iwashido | 2016-04-29 10:09 | 朔のつぶやき | Comments(0)

一冊の本に。

某月某日、某書店にて。

暇つぶし、もしくは微妙な時間調整のために書店に立ち寄る。
まずは隔週刊雑誌の連載チェック、一回読んだはずだけど再度なぞる。
ほかにも気になる月刊誌の連載などもブラ読み。

別に買わなくてもよいのだけれど、書店にきたら何か買わねば、と思ってしまう。
もちろん買う気にならない売り場もあるけど基本は応援(すでにボランティア的気分?)。
しばらく出ていなかった定期購買中の連載コミックの最新刊、買ったか買ってないか
しばし迷って、やっぱり買ってないと判断し購入するつもりで1冊抜く。

このままレジに行ってもいいのだけれど、コミック1冊というのもしゃくなので、
何か面白そうな文芸書があれば、と思って単行本の棚を見る。
とはいえ、売れ筋の本なら借りて読めばいいとか思ってしまうし
話題になっている本はすでに読んだり、読んだ気になっていて購入するほどでもない。
ちょっと気になる題名もしくは著者の本が並んだコーナーがあったけど、
よく読めば過去の遺産の再編集だったりする。

うーむ、と悩み、文庫コーナーへ。
ガツンとさせられる本が読みたいなら岩波文庫かな~と思いつつ
新潮文庫の棚の前で足が止まる。”村上柴田翻訳堂”の文字が目に入る。
挟み込みチラシで見ていたこれは、文庫だったのね(ハードカバーと思っていた)。
文庫なら1冊買ってもいいやと、村上堂のほうを1冊抜く、
そしてその隣というか、流れとして「む」の棚を見る。
これだって再編集本なんだけど、とった本の、開いたページの文字に目が釘付け。

「図書館の話をしよう。・・」

え、図書館? なんでここで図書館?
でもこの人のいう”図書館”って興味あるし。

「僕はそこに行けばいつでも、自分のためのたき火を見いだすことができた。」
「図書館とは、もちろん僕にとってはということだけれど、「あちら側」の世界に
通じる扉を見つけるための場所なのだ。」

これだけで即決、買いましょう、レジに進む。
ちなみにその本の署名は「村上春樹 雑文集」新潮文庫。
思いっきり再編集本なのだけれど。

役に立つとか立たないとか、使えるとか使えないとか、そういうことは
本質的ではなくてもいいのだ。図書館とは本来(かどうかわからないけど)
ある種の人にとって「あちら側の世界への通路」もしくは「小さなたき火」だったのだ。

ここ数か月の迷いや悩みが吹き飛ぶほどの、
完璧な(私にとってはということだけれど)定義を見つけてしまった。
少なくとも自分の立ち位置をよくわからせてくれる手助けになりました。

ありがとう、本屋さん。
ありがとう、新潮文庫。
そしてありがとう、村上さん。
[PR]
# by iwashido | 2016-04-24 08:27 | 読書日記 | Comments(0)

危険なカーブ、もしくは断崖絶壁の間一髪回避。

奥能登の桜も散り始め。
今日道の脇に、今まさに満開の一本の桜を目に楽しみ、今年の花見終了って感じ。

桜の花が咲くのが嬉しいとは思えなくなるほどやさぐれた春でした。
いつまでも2月であればいいのに、と思うような春でした(2月は好きな月なのです)。

原因は? 人から見ればささいな、でも自分にとってはかなり致命的な一言で
世界のすべてが崩壊しかけた。
この人(たち)は、私の何を見ていてこういうことをいうのか?
仕事の本質ってなんなの? 人生の生きる意味は? 
そちらからみれば良かれと思っての提案だったのでしょうが
それは私の(仕事の)存在意義を否定しかねない本質的なミスリード。

もしあそこで、(偶然だったかもしれないけど)友の助けがなければ
精神的に潰れていたかもしれません・・・それくらいの激震でした。

今回の一連の出来事で少し、社会の事を学びました。
組織で大切なのは「ハーモニー(調和)」。それを乱すことは得策ではない。
一人で頑張ってどれだけ成果を上げたと思っても、全体の中での正しい位置づけがない限り
成果は認められない、もしくは認められにくい。意味がないわけではないが、理解されるのに時間がかかる。
私が見ている世界と、私以外の人が見ている世界は違う可能性がある。
この世とあの世の境目は実に曖昧。そんなに遠くへだったったものではない。
一歩間違えれば誰もがそのカーブを曲がりきれずに向こうへ行ってしまう、
人間とはそれくらい些細なものです。

言葉は、光です。
海に潜って拾ってくる真珠のような言葉を、
書物の中から拾い上げましょう。
本に潜り書物に潜り、それぞれがそれぞれの真珠をつかめますように。

今日はどの本に潜水しましょうか。
[PR]
# by iwashido | 2016-04-16 23:49 | 朔のつぶやき | Comments(0)

本を読むということ。

自分がもっている本が図書館にあると嬉しい。
あ、こんなマイナーな本でも置いてある、ニーズがあるんだ、とにんまり。
先日別の本を探していて、自分のお気に入りに本を図書館で見つけた。
『チェスをする女』(ベルティーナ・ヘンリヒス/筑摩書房、2011)。
作者はドイツ人だが、フランス語で書かれた、ギリシア(エーゲ海)の島の女性の物語。
この本出版されてすぐ読んで、もちろん買って持っていて(今も)、
主人公の女性と自分を重ねて読むほどに気に入っている1冊。
地味な話であるが、感情移入できればエキサイティングに読める。

もう1冊は『雪と珊瑚と』(梨木香歩/角川書店、2012)。これは買ったけど手放した本。
でもすごく気になっていて、図書館にあるのが(本当の利用という意味で)嬉しい本。
再読して気づく点は多々ある。一回めでわからなかった意味、読み落としていた人間関係など
別の視点で読めてくると何倍も楽しめる。

ネグレクトに近い状況で育った二十歳すぎの主人公が
シングルマザーで1歳の幼子を育てながら自己実現というかカフェをつくって、
という枠組みだけでいったらよくありそうな話なのだけれど、
「女が子どもを育てる」というのがどういうことなのか、
母性は女性に必須の感情なのか、母性の欠如=人間失格なのか?
というような本質的な問いがちりばめられていてこれもまたスリリングな本。

子どもを育てる、というのはある種「喰うか喰われるか」的な切実な葛藤を含む。
子どもだって必死、だけど親だって必死。
そういう親に巡り合った子どもは大変、だけど生きて、生き延びて。
虐待というわかりやすい言葉からは漏れ出てしまう「何か」がある。

この本についてはまだ結論が出ません、今も読書中ってことです。
[PR]
# by iwashido | 2016-04-03 05:16 | 読書日記 | Comments(0)

亡き祖母の教え。

実家の祖母はもう15年以上前に他界したのだが、
それなりに含蓄の深い人だった。
冗談と嫌みの中間のようなつぶやき、というか苦言?をよくしてくれた。
私がよく言われたのは

「水清ければ、魚住まず、と言ってな・・」

何が言いたかったのか、今ならよくわかる。
昔から(今でも?)青くさい理想を掲げ、正論を押し通し、だってこっちが正しいじゃん!
と譲らなかった。友達なんていなくても平気だった。
私は私、一人でわが道をずんずん進んでいった。
でもその先は、行き止まり。
今ならそのことの愚かさが、よくわかっていたはず、だった。

つい最近、またしても同じ過ちを犯しそうになり、
いや犯していたのかもしれず、自分では正しいと思っていたことが
じつはとんでもない思い間違いだったようなコペルニクス的転回に遭遇した。
これはけっこうなショックであった。

結局のところ、あまりにもきれいな水には、雑多な魚は住めない。
山の清流には岩魚か鮎しか住めないように。いわしなんて住むどころじゃない(ちょっと違うか)?

システムの中で、組織の中で、何かを変えていこうとしたら時間がかかる。
たった3年で何かができたと思っていたのが間違いだった。
私には何も見えていなかった。
今までかかわった人たち、ごめんなさい。

夢の中で、生徒が図書カードを持って本を借りに来てくれた。
これは何よりのGOOD NEWSである、と思いたい。
[PR]
# by iwashido | 2016-03-27 11:49 | 朔のつぶやき | Comments(0)

草に座れば

八木重吉の詩集にたしか、
「わたしの まちがいだった
 わたしの まちがいだった
 草にすわれば それがわかる」みたいな詩があったはず(ちがっていたらごめんなさい)。

私は今日、己の大いなる過ちに気が付いた。

それは高校生が主体的に(地域交流的な授業の一環で)取り組んだ
公共図書館での活動として行った、「読み聞かせ」の場面。
男子二人が、読み聞かせ担当になったと、私のところにきたので、
最低限のルール(本の持ち方、題や作者も読むこと、終わったら表紙もみせる、等)を教えて
絵本の読みあいをして、思っていたよりセンス良いことを実感して当日を迎えた。

遅れて行った会場になっているミニ児童室の畳の上には
2歳前後の幼児数人と、お母さんと、高校生がいた。
テーブルの上には私が選書しておすすめ、とした絵本が表紙を見せて並べてあった。
「どう?」と聞くと「もう何回も読んでもらってる子がいる。気に入ったみたい」とのこと。
その時はちょうど『おおきなかぶ』を読んでいたが、なんだかいい感じである。

それは別に「おはなし会」と名うった、それだけの行事じゃなくて、「高校生と遊ぼう」みたいな、
手作りボーリングや、輪投げや、工作(紙飛行機づくり)や、読み聞かせをそれぞれ体験して
シールを集めて、4つのシールで景品がもらえるという、地域ふれあい事業みたいなものだった。

担当だった二人の男子以外にも、子どもらに(ごく自然に、弟に読むように)絵本をよんであげている子も
いて、彼らはきちんと、2歳か3歳の幼児の名前をよび(名札を作ってポイントカードにしていた)、
○○ちゃんはこの本読みたいってさ、とか、×○ちゃん2階に行く? とか、コミュニケーションをしていた。

すべてがものすごく自然だった。無理に並ばせて座らせて「読み聞かせ」タイムですよ、というような
押しつけがましさもなく、何の本と何の本を何分以内に読まなければ、という強制力もなく、
本来、本というのはこういうふうにして体験していくのかも、と思わせる自然さが満ち満ちていた。

本と言えば「何冊」とか「書誌データ」とか、今日は何冊かりられて、何冊帰ってきたみたいな数字ではなく
本と人が自然にリンクしていた。

私はこうやって自分の大いなる過ちに気が付いたのだった。

私のまちがいだった・・・・。

自分のやってきた、無理をした「読み聞かせ」も、いつまでたっても人の名前をを憶えない貸出態度では
利用者が満足するはずないのだった。
本当に愚かな自分である。
[PR]
# by iwashido | 2016-02-20 22:06 | いわし洞文庫 | Comments(0)

さよならとありがとう。

立春を前後にいろいろなことが動いている。
ゼロ金利政策。大臣の辞任。病の兆候と快癒の兆し。
そして、4年前1回だけお会いしたあの方の訃報が。

森のイスキアの佐藤初女さん。94歳。2月1日に他界、と2日の新聞で知る。

4年前の今頃、その前に流してあったFAXでの、宿泊問い合わせに対する電話が
唐突にあって、いつもは出ない(FAX専用的に使っているので)のにその時は
ちゃんと受話器を取った。そしたら、イスキア事務所のスタッフさんから
「5月〇日からならご予約受けられますよ」みたいなことを言われてびっくり!!
もちろん行きますと、即答したのが昨日のことのよう。

雪の残る連休明けのイスキアで食べた食事と、おにぎり教室と、
初女さんのあたたかい存在感は決して忘れません。

もう一度お会いしたかったけれど。
たった一度でも、会えたことは宝物です。

さようなら、そしてありがとうございました。
私はそのような愛を、周囲の人に伝えられる人になれるかしらん。。。
[PR]
# by iwashido | 2016-02-05 11:50 | 食べものとかいろいろ。 | Comments(0)

あしあと。

車にむかって、放物線上にあしあとが。
c0107612_1734422.jpg


あけてびっくりボンネット。
中には隠したのか、くし柿が!!
c0107612_1752162.jpg


犯人は誰だ?
[PR]
# by iwashido | 2016-01-24 17:06 | 季節のできごと | Comments(0)

あけましておめでとうございます。

2016年明けました。
おめでたいのかどうかはよくわからないけど、とりあえず
「あけましておめでとう」。
年賀状も今年は無精していたので、今から出す方もいるようなていたらく。

年賀状辞めました、という声も数年前からぽつぽつ聞こえてきて、
確かに面倒な部分もあるし、経費もかかる。
世の中の主流はもっと手軽で、一見パーソナルで、無料(的な)ほうに傾きつつまる。
でもその「無料」がホンとに無料なのかは考えた方がいい。

私は枚数を押さえつつ年賀状は継続したい方針。
あの小さいハガキに何を書くかは一種の表現として楽しみたい。

またFBなどもはじめてはみたけれど、どうもFB的コミュニティのノリというか
雰囲気にいまだなじめず、あまり人に知られたくない部分もあり
友だちもそんなに増えず地味なユーザーのままです。
あの見せ方上手、「いいね」の数争いみたな雰囲気は苦手です。
(もちろんメリットもあるのですが・・・)

そういう意味ではブログは気楽だ。
だれが読んでいるかもわからないのだけれど、なんとなく読んでいる方もいるようで
人の反応を気にせず自由に書ける。
時代遅れかもしれないけど、ブログ好きかも。

今、アナログレコードがじわじわと売り上げを伸ばしているという〔微々たるものらしいけど)。
いつか「古本」「本」にの陽の目があたる時代がまた来るかも。。なんてね~
どうもかなり厳しい戦いになるとは思いますけどね。

今年もよろしくお願いします。
[PR]
# by iwashido | 2016-01-04 00:32 | 朔のつぶやき | Comments(0)

「新月いわし洞」から「古本LOGOS」への変遷と変転。


by iwashido
プロフィールを見る
画像一覧