人気ブログランキング |
ブログトップ

LOGOSさんの月に1,2回古書店

今頃「金閣寺」読むわたしって・・・。

5月某日: 天気晴朗なれど、風強し。
      「100分de 名著」の,三島由紀夫『金閣寺』の号を立ち読み。
      先々月はそれで「資本論」から『人新生の資本主義』に嵌った。
      それと同じパターンで今回は「金閣寺」。うちにあるでしょ、と探した
      けど見つからないので、新潮文庫購入。字も大きいし。きれいだし。
      ふーん、こういう話だったんだ。。。戦前に生まれて、20歳前後に敗戦を
      体験して、戦後を生き抜くって、感受性が強い人には耐えられない状況かも。
      おかしいだろ、なんだよこれ、って思っても、生きるために人は鈍感になり、
      辻褄を「今」に合わせて生き抜くしかない。
      この国は幾重にもねじれている。まっすぐに「ギリシア時代」に戻れるような
      幸せで共通な青空を、ヨーロッパ世界のように私たちは持てない。
      
      三島、意外と面白い。意外なんて言っちゃダメだね。必読書の1つだね。
      最後の終わり方が唐突、というか、なんでこの文で終わるの? と思ったけど
      「100分名著」の解説を読んだから、ちょっと理解が変わった。
      言葉に意味なんか求めなくていい、カミソリのようなエッジの高い文章が
      読みたくなった。起承転結さえ必要とされないような・・。

      古本値段付けのやる気が起きない。このままいくと、行けないよー。。。
      うーん鬱ですな。テンション下げて、ハードル下げて、乗り切ろう。

# by iwashido | 2021-05-03 16:15 | 読書日記 | Comments(0)

4月から5月

4月某日; 友達遊びに来る。いろいろ連れ回す。
      時国家(2つあるうち、1軒は休館中でした。。)は私たちだけ、
      中谷家(柳田)でお蕎麦食べられるかも、って言ったら行きたがって、
      やってるかなー、って不安半分で行ったら、なんと営業中で! 
      それから縄文真脇資料館に行って、近くのホテルでお得に泊まって。
      能登の昔を懐かしむなら、中世や古代にまで遡って欲しいよ。
      たかだか、戦後の「能登ブーム」辺りを再現されてもね。。辛口?

5月某日; 今、風邪ひいたー、なんて言ったら戦犯モノ?
      そうならないように、ペース落として、無理はしない。
      ブックディTOYAMAも参加したかったけど、今回は、無理と判断。
      5月7日(16時スタート)、8日、9日の「石川古書フェス」
      に絞って、最初の頃の「一箱古本市」気分で、1冊でも売れたら
      嬉しい! そういう思いで初心に戻って出店してきます。
      もちろんコロナ対策は、理事長はじめ実行委員会の皆さんが苦労して
      いろいろ考えて、計画を練っております。検温や記名等、もしかしたら
      そんなことメンドーって思われるかもしれませんが、移動の自由や
      民主主義を守るためにも、ご協力を宜しくお願いします。
      基本的に現金決済です、少なくとも当店は電子決済、カード使えません。
      中世の「無縁の場(=市)」が瞬間的に再現される古本市へぜひ!
      金沢駅東口地下です。直前まで予断は許さないけど。

May someday : I'm so tired. I want to do nothing.
     Windy Sunday, not so warm... Catch a cold, Catcher in the Lieyer ?


# by iwashido | 2021-05-02 08:48 | ロゴス&LOGOS | Comments(0)

今こそ読むべきは。

4月某日 北陸中日新聞に連載中の「パンとサーカス」(島田雅彦)が面白い。
     とりあえず毎日読んでいる。いろんな事件には裏がある。一筋縄ではない。
     この国の変化は、いつも外圧からであった。夏目漱石も書いている。
     内側から突き破る錐が必要。国家には無理でもせめて己の覚悟は。

     この国が福島第一原発の汚染水海洋放出を決定した、というニュースに怒りを
     超えて呆れるしかない。国はチッソに成り下がったか。性懲りもなく同じこと
     をまた繰り返すのか。今度は石牟礼道子のような語り手は出てくるのか。
     そうなる前に、そうなってしまう前に、何かしなければ。
     「首」を抱えて進む、という形象を含む「道」という文字。異人の首を携えて
     魔除けとして進むのが「道」という文字の意味と解釈するのが白川文字学だが、
     自分の首を差し出す覚悟はあるか。
     『魂の邂后』(米本浩二/新潮社)で、石牟礼道子と、最期まで編集者として
     彼女の文筆(と日常)を支えたとされる渡辺氏の有様を読んだ後なので、
     『苦海浄土』読まなきゃな。。。という気分になってる。講談社版の
     初版本(初めに発売された形のハードカバー)どっかにあったはず。。。

4月某日 一カ月遅れで誕生日プレゼントをもらったような、花束贈呈。
     ありがとうございます(><)。もう涙しかない。。。
今こそ読むべきは。_c0107612_08403748.jpg

# by iwashido | 2021-04-17 08:38 | 読書日記 | Comments(0)

桜咲く季節。

4月某日  気がつけば4月。今年も満開の桜の兼六園公園下を通過できてよかった。
      生きててよかったなぁ、と心から思える数少ない瞬間の一つである。
      あんまりきれいで、写真にすら取る気になれない。見て感じる幸せ。

4月某日  輪島ファミーに古書催事納品。こちらも満開の桜に迎えられ、幸せ。
      商品は全く足りず、翌日も追加。いつまでも素人ですな。
      参加書店は、一誠堂能瀬書店、金澤二十世紀書房、KIZUKIBOOKs(初)、
      古本LOGOSと、レコードジャングル(レコード)です。6月くらい迄。

4月某日  うちのメンヘラ系・引きこもりバイトちゃん(人前には出ません)が
      本を上梓したという。そういうのは早く言ってよね! と思うのだが、
     「卒業論文のようなものなので」と素っ気ない。卒業論文でデビューする
      若い研究者だっているのだからガンガン行けよと思うが、本人は売る気も
      あんまりないし、PRすら積極的ではない。売り切って終わりという。
     書名は『岬の果てでジャンプ』(此花朔・著/勝木書店刊)1100円(税込)。
     もちろんペンネーム、同人誌掲載の短編小説から選んでまとめたそう。
     「本つくーる」というシステムで、ほとんどメール・ネット上での
     やりとりで、バーコードの入った本ができる。ページ数や部数が少ないと
     そこそこの値段で可能だそうだ。バイト料もろくに払ってないのに、
     いったいどこにそんなお金があったのだろう? 謎である。
桜咲く季節。_c0107612_08415572.jpg
    ちなみに、販売している場所は、勝木書店新二宮店(福井市)、
    北国書林松任店、アピタ松任店(白山市)、アルプラザ店(金沢市)
    きくざわ書店ナッピーモール店(七尾市)、きくざわ書店鹿島アルプラザ店、
    あうん堂本舗・NYANCAFE-BOOKS(金沢市)、はなます文庫(かほく市)、
    二三味珈琲Cafe(珠洲市)、そうして古本LOGOSです。二三味カフェでは
    そこそこ動いているようで、先日追加させていただいたそう。これもひとえに
    店主(二三味さんね)のご理解あってのこと。
    うちの子に、ありがとうございます。まあ興味あれば読んでやって下さい。


# by iwashido | 2021-04-09 09:08 | 朔のつぶやき | Comments(0)

My Bookshop…。

3月某日 ちょっと睡眠の質がよろしくないので、疲れが取れない感じ。
     被害妄想一歩手前? こういう時はペースダウンで。
     映画館行けなかった作品をまたもレンタルDVDで。My Bookshop。
     同名書籍も先日図書館で借りて読みました。

     時は1950年代のイギリス郊外、港町。ロンドン周辺?
     そこで本屋を始めようとする夫を亡くして15年近くになる未亡人の話。
     イギリスの、郊外の感じが奥能登のそれに近似値。いやー今でもそう。
     本を読むことがあまり一般的ではない、うわさ話が瞬時に駆け巡る、
     政治的や社交的に力を持ったいけ好かない人がいる、それらを
     排除できない人間関係、などなど。まるで自分のことかと思うよう。
     でも、まったく違う。彼女には勇気がある。
     一人で本屋を始める勇気がある。銀行にお金を借り、物件を買い、
     助手(小学生ね)を雇い、今でいうところの通信販売(手紙のやり取り)
     で初めてのお客を得る。すすめた本がブラッドベリの『華氏451度』。
     もちろん英語です(イギリスだもんで)。
     ナボコフの『ロリータ』が初めて出版された頃。
     偏屈と言われる高齢紳士との心の交流、お茶会への招待、
     そして思慕、それから静かなる戦いの後に訪れる尊厳。
     決してハッピーエンドとは言えなかった本の中の結末(この町には
     結局書店は必要なかった)を、テリブル インファントのある行いが
     かろうじて未来への希望につなげる、映画オリジナルのラスト。
     泣いてしまいそうであった。
     『ジャマイカの烈風』を読もうと思った。

     My Bookshop(私のリアル本屋)は、、、もう少しお時間下さいね。
     

# by iwashido | 2021-03-22 16:15 | 映画とかビデオとか。 | Comments(0)

Ms.LOGOS's once or twice a month Used Book Store
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31