人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

古本LOGOS 「彼岸の古本屋」ときどき日記。

愚かさは 最後の最後まで ついてくる。。。

5月某日  馬鹿らしい。何もかもが、馬鹿らしい。
      なんで自分がこんなにあくせくあくせくして、報われないのか。
      全てがおかしく思える。
      この辺ででリセットを考えたい、もしくは再起動。
      
      ことの発端は、パソコン環境というか、ネット(一応Wi-Fi)繋がる
      場所を求めて、台所やら、2階やら、畳の部屋やらをうろうろしながら
      ネット注文を受注し、納品書など印刷し(プリンターは畳の部屋)
      ブログを書き、台所仕事をしても濡れた手では本も触れず、
      どこか定位置が欲しいなぁ、、、と思っていた事である。
      そしたら、2階で使っていた小さなテーブルが無駄になっており、
      これを畳の部屋に下ろせば、プリンターに近い場所にノートPC
      の定位置ができ、とりあえずそこで仕事集中出来るんじゃないの?   
      という思いつきを、クーデターのように実行した事であった。
      いやだってさ、もう無理なわけです。片付けられない女が、
      これ以上の仕事を抱えることは、脳のキャパシティを肥える。
      壊れる、溺れる、鬱る、もしくは引きこもる。
愚かさは 最後の最後まで ついてくる。。。_c0107612_20065199.jpeg
      本当に部屋数だけあったって、人が暮らすことを前提としていない家は
      疲れる。葬式そするための、もしくは祭りのもてなしをするために
      作られたような、広い部屋たち。畳と襖で。
      そりゃ確認しないでやったことは領海侵犯かもしれない、それでも
      テーブルを、部屋のほんの一角に置いただけで「俺の領分に、、」
      と言われるのであれば、この家に私の居場所なんてない。
      冗談じゃない。私はここにいる意味なんてあるのか。
      そろそろ本気でリセットを考えようかとさえ思う、
      一触即発の、結婚記念日となった。結婚前と結婚後の年数が
      ちょうど同じになった、つまり分水嶺を超えた。

      私はどこに行きたいの? 最近アルコール依存傾向強いし。
      人間、崩れるときは早いからね。あー馬鹿らしい日々である。
      本が売れても嬉しくないし、催事の売り上げは2か月目になり
      マンネリであるし。明日の当番に遅れないように行けるように
      今日は早く寝ます。本末転倒な毎日。



# by iwashido | 2022-05-13 20:08 | 朔のつぶやき | Comments(0)

ただの忙しい一週間だった この連休。。。

5月某日 今日は田植え。シニア割がそろそろ適応対象となるが
     年金にはまだ手が届かない世代の私たちはあと5年は自活収入を得るか、   
     支出を減らすか、増やす方法を考えるかなど、生き方を見直す時期に。
     でもまあ今年は今まで通りにダンナは仕事行きながら田植えと趣味に励み、
     私はぼやほやせずに個人事業主として、古本を含む本のことで収入を増やす。
     パニックにならず世界と折り合いをつけマイペースで暮らす。。そんな感じ?

     育児休暇を取って月曜日からは仕事、という息子が田植えの手伝いに来る。
     孫との対面は次回にお預け。男手2人により、大きいほうの田んぼは補植も含め
     無事完了とのこと。昼ごはんはキーマカレー。キーマカレー簡単で旨いね。
     (もちろん市販のルーを使用。。クミンとシナモンは入れたけれど。)
     で、連休と言われる1週間が終わったけど、何をしていたのかなあ?
     あんまり変わらん一週間であった。人込みには出かけないので。
    <以下回想、覚書ふうに>
4月某日  ブックデイとやまに1日だけ出店。午後から雨降ってきた。
      今、頭はビンテージマーケットをどうやって回すかばっかり考えてるので
      商品も「このあと東急に持っていける本」目線で選んだので、絵本などを
      あまり持参しない、独りよがりな棚になっていた。同じ島のNC-Bさんに
      助けてもらってありがたく。何とか経費は捻出。イベント出店はひさびさ、
      でも富山はいいんだよねー、スタッフの皆さんも手際よく、いやな顔せず
      もたもたと「片付けられない女」である私を待っていてくださり感謝。
      帰り道、ちょっと迷子になる(カーナビ非搭載車)。コンビニで神対応して
      いただき、無事目的地へ。雨降る、駅から大和方面の地図を頭に入れなかった
      のでどこにいるのかわからなくなり、、やっててよかった、7-11。

5月某日  ヴィンテージマーケット当番。早めに行く。次回、一人で朝のopenまで
      できるように、熟練バイトスタッフのsさんから指導。
ただの忙しい一週間だった この連休。。。_c0107612_09015143.jpg
      あの緑のネットぐるぐる巻き作業を一人でできるか、が課題(出来たけど)。
      レジは、正直負担と思うこともある。特に多く出品しているメイン店の
      レコードや本のタグをたくさん扱う割に、自分の店の本が動かないときは
      つらい、メイン店の突き出しみたいなもんかね? とひがみそうにもなるが、
      そこは冷静に考えて、やっぱり本の質(この場所に来る人のニーズに合うか)、
      見せ方(きれいに値付けしてあるか、もしくは袋入れやコーテイング)、
      愛があるか? など考えると、自店の甘さ、商品構成のちぐはぐさ、
      など課題が見えてくる。とにかく目の前で本が売れていくのは嬉しい。
      商売をしていた家で育ったので、その辺はまあ。趣味としての商売(矛盾?)。

5月某日  祝日なのだけれど、読み聞かせを休みにしていなかったので、行く。
      今月は月末の週は休ませてもらうので、さすがに2回欠勤はなぁ。。。
      お天気が良かったので、テラスの方、日光浴も兼ねて外で読む。
      通所者皆の顔も、こころなしかいつもより明るいし、反応も良い。

5月某日  そんなこんなで、5月の後半からまた次の催事準備、ヴィンテージ延長の可能性  
      などが出てきたので、実店舗は5月は予約のみの対応になりそうです。。
      脳のキャパが増えない以上、出来ないことは出来ない、というしかない。
      事前にご連絡いただけるとありがたい。突然の予定変更やおおきな音
      が苦手、って自閉症スペクトラムのどこか端っこの方に位置するような私。
      こんな私がする古本屋に店(実店舗)はいらないのかも。でもなあ。悩むよ。



# by iwashido | 2022-05-09 09:04 | ロゴス&LOGOS | Comments(0)

タイムマシーン あるじを置いて 先進み。。。

4月某日  組合交換会。今日はお弁当もつく大市。
      本気度が足りず、そんなに落札できなかったが
      その後、催事のレジ当番も入っているので意外に忙しい。
      荷物詰みすぎて、坂道登れなくなると困るしなぁ。

      娘に先日、自分の今抱えてるモヤモヤ感について話したところ、
      「それは一度、入ってくるものをSTOPさせて、整理するべき。
       ちょっとあっちもこっちも片付かなくて困ってるなら
       断捨離前の、仕分け整理が必要だよね。仕入れ止めなよ」
      みたいなアドバイスをもらったので、そうかなと思う。
      仕入れたものに値段がつけられなければ、売ることもできない。
      ちまちまと、本当に地道にちまちまと、仕事とはそういうことだ。

      レジ当番はまだ二人体制なので楽しい。エアレジ、導入を検討する?
      否が応でも時代は電子決済の方に流れて行きそうだし、、
      いやいや。。。。。     
      最後の一人になるまで、現金派を死守すべき? 悩ましい。。

4月某日  何気にメールチェック。「日本の古本屋」より、購入者有の連絡。
      なんと、1冊あたりでは当店(現時点での)最高価格のものに
      注文が入った! これまでのは「全集」「セットもの」で何万、
      だから1冊あたりに換算すれば、安くなりますよね。
      輪島塗関係の資料を、春先に沢山入手しており、その中の1冊。
      絶版になっていて、ここでしか買えない本で、他店との相場もみて
      そこそこ(中間値くらい)に設定した本であった。
      いるんですね、必要としている人が。商品画像も効果有りです。
      大判の図録や画集は手付かずでガレージに丸投げ中。これを
      なんとか、地味tにコツコツ、値段つけて、ビンテージやTOYAMA
      へぜひ持って行きたい。しかし間に合うのだろうか。。あと数日。。

# by iwashido | 2022-04-25 20:43 | ロゴス&LOGOS | Comments(0)

4,5月の営業につきまして。

4月某日  催事レジ当番。フル当番は初めて。桜満開真っ盛りの平日週末
      とあって、来店者も少なめ。支払いはクレジットか現金をお伺いし、
      袋の有無(有料だから)、各店別の仕分けレジ入力など、
      慣れるまでは少し頭が混乱。脳のキャパシティは確実に落ちています。
      友人宅に泊めていただき、夜半過ぎまでおしゃべり。
      利害関係なく、本音を語り合える友人というのは貴重なのもである。

4月某日  仕入れた本の整理ができないまま次の古本をまた仕入れてくるので
      ちょっとやばい。ひたすら本のクリーニングと値段付け。
      出せばそこそこ動いていくのは、例え1冊でも300円以下の本でも
      嬉しい。そりゃーコスパが良い方がいいけど、贅沢は言えない。
      知り合いのカフェ店頭での「100円無人文庫販売」もまたお願いして
      置かせてもらっている。連休頃まで。とにかく1冊でも本を手渡したい、
      これはLOGOSからお客様への一種の贈与である。100円は投げ銭って
      感じでお願いしたい。良い本も紛れ込ませますので。
      次の大きな催事(月末のブックデイとやま)に向けての商品選択
      もしなければ。。。間に合わない。。。恥かくしかないか。
4,5月の営業につきまして。_c0107612_20330129.jpeg

      というわけで、大変申し訳ありませんが、5月1日までは
      東急ビンテージマーケット当番と、催事準備最優先のため
      実店舗営業は基本お休みです。火曜の午後、もしくは日曜の午後
      なら、整理に行っている可能性はあるので、事前に来店の連絡
      (予約というほどでもないのですが。。。)をお願いしたいです。
      木曜と金曜は完全店舗休業日です。
      ✳︎4月22日(金) 組合交換会(大市)&レジ当番  
       4月23日(土) 午前10ー15時 催事レジ当番
       4月28日(木) 有償ボランティア(読み聞かせ)
       4月29日(金) ブックディTOYAMA参戦!
       5月1日 (日) 催事レジ当番(10ー15時)
       5月8日前後。。。多分田植えのお手伝い。
       。。。間に合うのか。間に合わせるしかない、プロならね。。。

       私は本を売りたい。そして読みたい、もしくは書きたい。
       それだけなのだけれど。
      



# by iwashido | 2022-04-18 20:33 | ロゴス&LOGOS | Comments(0)

Come Come Loss 近し。。。

4月某日  『日本語大辞典』全20巻が、ネット(日本の古本屋)で注文入る。
      処分に困った某知人から「捨ててもいいから」といって譲り受けたが、
      さすがに辞書は捨てられない。1冊だいたい2キロあるおもたい本。
      多少函に傷みはあるものの、幸いなことに全巻揃っていた。
      そんな訳でずーっと場所ふさぎの、自分で使う余裕もなく
      なんとなく、画像付きで上げ、値段も少しずつ下げていた。
      そしたら。なんと、4月になって注文が入った。
      とはいえ、かなり値段も下げてしまったし「送料最大〇〇円」と
      かなり購買者に媚びた値段設定。損はしない、しかし梱包が大変。
      迷った挙句、25キロを超えないように、ゆうパック3箱で発送。
      以前、12,000円で仕入れた本を、14,000円に値切られて純益2千円
      になったのよりはましだけど、それに近いそんな商い。
      まあいいか。必要とされる人に本が渡り、場所も空き、赤字ではない。
      ボランティアすれすれのこんな仕事のやり方で、いいのかなぁ。。。?

4月某日  以前一度LOGOSに来訪いただいた方から連絡入り、午後から店へ。
      時おりブログを読んでいてくださっているようで、ありがたい。
      紹介してあった本で、気になった本がある、とおっしゃるのだが
      当方、デジタルをさりげに遠ざける生活で、スマホではないし
      iPadも忘れてきた。そのブログを店で見ることができない。
      しかも、このブログで紹介している本は、売りモノというよりは
      「読書用」の自宅蔵書が多い。改めて読み返すが、どの本なのか
      思い当たらない。。コミック? PR誌ちくま? 「図書」ですか?
      そうかぁ、売りたい本をここで紹介すれば、いいのですね。
      もしくは、紹介した本は、売りモノ用にもう1冊入手するとか。
      うーん、このブログに読者がついているとは思わなかった故
      無責任放言ばかりで、本当にすみません。
      また店の「通信」のような紙メディアを作りたいな、と思った。

4月某日  朝ドラ「Come Come Everybody」が佳境です。
      涙なしには見られない場面多数。録画しているので、2度は見直す。
      安子の気持ち、よくわかる。拒絶されたら二度と直面できない。
      また、「目の前から消えることが、娘のためだと思った、祈りだ」
      と考えてしまう自己卑下的な感情を、わたしも持ったことがある。
      わたしに育てられるよりは、別の、愛情を持った「家」や「祖父母」
      のほうがいいんじゃないの、って思ったことは、、、。
      祖母と母と娘、の屈折した愛情の伝わり方は、梨木香歩の『裏庭』
      にも出てくるよね。あれも、母と祖母の気持ちの齟齬を解消する
      のは、孫の仕事でした。ひなたがんばれ。最後の大勝負だ。


# by iwashido | 2022-04-06 10:30 | ロゴス&LOGOS | Comments(0)

Ms.LOGOS's once or twice a month Used Book Store
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31