ブログトップ

LOGOSさんの月に1,2回古書店

『ストライプ』に学ぶ。

秋日和。
2階の文庫スペースに日差しが入る。
寒さしのぎのじゅうたんに、ブランケット。
頭をあずけるのにちょうどよい、ぬいぐるみとクッション。
思わずずっと読めずにいた
『児童文学論』や、なつかしの『家父長制と資本制』などを手に取る。

そうそう、今週末の読みきかせに何を読もう?
ほとんど半年ぶりくらいに、小さな子どもに読む絵本を選んでみる。
うちの子が好きだった『ぼちぼちいこか』に『がたんごとん がたんごとん』。
定番といえば『もこ もこもこ』に『おおきなかぶ』。
冒険といえば『いたずらきかんしゃちゅうちゅう』に『かしこいビル』とか?
どちらかといえば、地味かも。今の子には。

今回は選書できないけど、『ストライプ』(デヴィット・シャノン)が目にはいる。
小学校の高学年に何回か読んだかな。
去年中1のクラスで読んだら、インパクトはあったみたい。
自分の気持ちどおりの行動ができなくて、しましまになる女の子の話。
病院の先生や専門家にたらいまわしされ、どんどんひどくなって
最後は、やってきた小さなおばあさんに救われる。

これって、もしかして、いまの私たちのこと?
小さなおばあさん、どこかで会えたような・・・。
[PR]
by iwashido | 2011-10-19 10:22 | いわし洞文庫 | Comments(0)

Ms.LOGOS's once or twice a month Used Book Store
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30