ブログトップ

LOGOSさんの月に1,2回古書店

金沢にて、一箱古本市@源法院。

11月上旬だというのに夏日だとか~??
なんだかおかしい、今年の天気。。。

10月30日(日)は、秋らしい(?)、小雨まじりの天気の中、
金沢での年内最後の「一箱古本市@源法院」がおこなわれました。
いわし洞も、4ヶ月ぶりに参戦してまいりましたが・・・
開始時刻前から雨が予想されたため、最初からお堂内に箱を並べました。
金沢のお客さんは、やはり目が肥えているというか、
読み飽きたような本にはほとんど反応せず、
感度のいい、テーマ性のはっきりした箱(店)から多く買われていたようです。

いわし洞は今回、もっぱら受身というか、
ただその場所に参加できたことだけを味わっていたので
売れ行きは正直芳しくありませんでしたが、
いくつか心に留まった本やCDなどをゲットできて、満足でした。
写真さえ撮るのを忘れていました。。。

『私は夢中で夢をみた~
  奈良の雑貨とカフェの店 「くるみの木」の終わらない旅~』
 (石村由紀子・著/文藝春秋/2009年)
を、ホニャララ堂さんの箱から購入し、後半はずっとそれを読んでいました。
[PR]
by iwashido | 2011-11-03 11:17 | 読書日記 | Comments(0)

Ms.LOGOS's once or twice a month Used Book Store
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30