ブログトップ

LOGOSさんの月に1,2回古書店

「図書」12月号(岩波書店PR誌)に。

岩波書店のPR誌「図書」を毎月読むことができる環境にいる。
12月号を、先日眺めていたら面白いトピックスに出くわした。

「本のある風景、ない風景 -北海道から」というタイトルで
荒井宏明さん(一般社団法人 北海道ブックシェアリング代表理事)が書いた記事である。

内容はまあ読んでほしいわけなんですけど、広大な面積を誇る北海道で、
現実に「本屋がない地域」「学校図書館でさえ鍵がかかったままの校区」は存在する。
その現実をなんとかしようと、2008年に「豊かな読書環境を格差のない読書機会のために」
札幌の教育関係者と図書関係者が集まって結成された「北海道ブックシェアリング」。
その活動の過去と現在が語られている。

反応のポイントは各所にあって、それを述べていたらどんだけでも書けそうなのだが
1つに絞れば、次の箇所に思わず線を引きそうになった。

「本を売って儲ける事業ではなく、まちのなかにそれとなくある本屋がやっていける方法は
ないかをさぐる「社会実験」の事業なので・・・(中略)・・生の声をとにかく引き出す。」
とあるこの箇所。

LOGOSがやっていることも、まさにこれに近いじゃん!
奥能登で古本屋がやっていけるかどうかの、社会実験!!

「本を売って儲けた」くないわけではない。
儲かればいいと思う。でも、現状ではそれはなかなか難しい。
今の現状では「一般社団法人(もしくはNPO)古本LOGOS」の状態である。

古本屋で非営利っていうのは、本当は矛盾だと思う。
商売は本来、売れてなんぼ、買ってなんぼ、の世界。経済ではなく商いの論理として。
でもいまの現状では。
一般社団法人(もしくはNPO) LOGOS として、この冬は活動しようかな、って思った。

「古本LOGOS」としての作戦は、別に計画中です。
ぜんぜんやめるつもりなんて、ありませんので(笑)
[PR]
by iwashido | 2016-12-12 11:20 | 朔のつぶやき | Comments(0)

Ms.LOGOS's once or twice a month Used Book Store
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31