ブログトップ

LOGOSさんの月に1,2回古書店

We must listen.

今日(12/9)の北陸中日新聞に、カズオ・イシグロ氏のノーベル文学賞受賞記念講演の要旨が載っている。27面です。良いのは、一部ではあるが、英文も載っていること。翻訳は時折、発言した本人の主旨をまげて伝えてしまうことがあるので。

見出しになっている「困難を乗り越える時、文学は特に重要」の原文は
”I still believe that literature is important, and will be particularly so as we cross this difficult terrain." となっているが、文章の流れの中で訳せば
「私はそれでもなお、文学は重要なものであると信じている、ことに現在のような困難な情勢(このむずかしい丘陵地帯)をのりこえる時にはとりわけ大切なものになる。」と捉えた。
still believe の ”still" に込められた意味を掬い取らねばなるまい。もう文学など時代遅れと大勢が無意識に思っているようなこの時代だからこそ。どのように訳すかは個人の感性によるしかないけど。

若い世代への期待や多様性への言及、失われた過去をどのように保存(記憶)するのかなど、興味深い内容であった。

最後のほうの文章、”Good writing and good reading will break down barriers."もいいです。

「良く書き、良く読むことで、障壁を乗り越え(壁を打ち壊わし)ていけるであろう(希望的観測)。」
良い読み手(Good reader) と 良い書き手(Good writer)を育てるには、自由にあびるように本を手にできる環境が必要だ。そのためには? 人を育てるための本屋と図書館がもっと頑張らねばならないのではないでしょうか・・。





[PR]
by iwashido | 2017-12-09 11:22 | 朔のつぶやき | Comments(0)

Ms.LOGOS's once or twice a month Used Book Store
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31