人気ブログランキング |
ブログトップ

LOGOSさんの月に1,2回古書店

零(0)の発見。

今にも沈没しそうだった舟ですが、
なんとかのたりのたりと日々乗り越えています。
そこここでぶつかりそうになったり、ぶつかったり、穴があいたりふさいだり、
そういうことを繰り返しています。

6月の夏至前後に、どちらかといえばあまりよくないことが、
私の周囲(ちょっと遠い周囲)で立て続けに起こり、
一歩間違えれば誰だってどうなってもわからない現実を、見せつけられました。
身内はまあ元気です。

今はそこから一歩一歩、かたつむりの歩みで復活中。。な感じ。

たとえ話です。
ギリシア・ローマの時代には、「0(零)」という概念はなく、
数えられるものだけが数で、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳなどという表記で示されていました。時代が流れて、インド人が0(ないものを表す表記・数字)を視覚化したことで、
現代につながる数学・数論の流れが活性化しました。
私たちには当たり前に理解できる、ゼロを中心に据えた数直線という概念は、
ゼロ発見以前にはイメージもできなかったのです。

今までの自分の心理的状況は、この対極で
「マイナスないしは虚数」が私の精神の根幹でした。
私の精神に、実数(プラスの数)はなかった(あくまで、たとえ話ね)。
ようやく最近、私にとっての「0の発見」的なことがあって、
実数・有理数・具体的なことのほうにも数直線がのびつつあります。

家族に話したら「インド人すごいね~0の発見ね~」といなされましたが、
私がいいたいのはそういうことじゃないんだけどなぁ。。。







by iwashido | 2019-07-17 08:32 | 朔のつぶやき | Comments(0)

Ms.LOGOS's once or twice a month Used Book Store
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31