人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

古本LOGOS 「彼岸の古本屋」ときどき日記。

世界の見方を学ぶ、一つの映像・音楽シーン。

2月某日  雪降る。車出したくないけど、ボランティアの日だから。
      多分、自宅の、車を置いてあるところが一番(雪が)多く感じ、
      一歩自宅を出てみれば、道路は除雪されているし、
      四輪駆動じゃないからといって、そうビビることもないのかも。。
      噓ついて(のどが痛いとか、風邪ひいたとか)休まなくて良かった。

2月某日  「ボヘミアン・ラプソディー」雑感(しつこい・・)。
     私はそんなに音楽通・ロック通でもないし、ミスチルや
     佐野元春のコンサート行く程度の音楽ファンでしかないけど、
     Queenにはちょっと関心? はあって、比較的よく聞いた。
     私にとっては、Queenは、Beatlesと同じような、英国バンド
     だったのだけれど、この映画(「ボ・ラ」)を見て、
     フレディ・マーキュリーの、エスニック感、というか
     はっきりいって「パキボーイ」(映画の中でそう言われる)感
     がハンパないなーって思って。
     そうなんだよね、英国人にとっては、「Queen」という名称
     も、性的な意味合いで意味深だし、Queenの他のメンバーの
     ファースト・ネーム(ブライアン/ロジャー/ジョン)に
     比べて、顔立ちももちろん生粋の英国人ではなくて、
     あーそういう中で理解され、戦ってきた人なんだなぁと
     今更ながら「フレディ・マーキュリー・ストーリー」という
     昔取ったビデオを繰り返し見ている。
     フレディにとって、Queenは、家族だった。そう思う。
     だってこの人、観客のほうより、メンバーに寄り添って
      演奏するし歌うし、4人のハーモニーはすごい。
     「ボヘミアン・ラプソディー」のオペラ感覚は、10年早かったんだね。
      いいヤツばかり早く逝く。No One But You..



by iwashido | 2021-02-19 17:45 | 映画とかビデオとか。 | Comments(0)

Ms.LOGOS's once or twice a month Used Book Store