人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

古本LOGOS 「彼岸の古本屋」ときどき日記。

気がつけば 梅雨明け 鮎食べ 鏡見て(See more Glass)

7月某日 熱海土石流災害の映像もよく見ないまま、梅雨明け宣言を聞く。
     テレビは見ないし、ラジオも定時ニュースを聞くだけだし、
     Yahooニュースは時々飛び込んでくるのをチェックする程度では
     情報源は偏るなあ。やっぱり新聞が好きかなぁ。時代遅れですか?
     
     今年はもう7月20日前から「青空と入道雲」がいい感じでドライブ中に
     視界に飛び込んできて、でもエアコン調子悪いし、だましだまし運転。
     そんな中、去年初めて行って結構よかった庄川の鮎を食べさせてくれるお店
     に今年も行ってきた。別に金沢でも白山麓でもそういうお店はあるだろうけど、
     奥能登から砺波は意外にアクセスが良くなった。七尾経由の能越道が出来てから。
     金沢まで街中抜けて2時間半(から3時間)かけて白山麓行くより、
     ストレスなく高速をちょっと利用して、砺波インターまでのほうが、楽。
     それに富山は、懐が深いというか、商売上手というか、変なプライドの高さ
     がないので、一見のお客に同等のサービスを提供してくれ、リーズナブル。
     
     本当は息子夫婦の入籍一周年のお祝いという意味もあって、現地集合を
     期待していたのだが、金曜日にコロナワクチンを職域接種した息子は
     熱が出たとかで、結局来られず。旦那も「遠いなー、疲れるなー」と
     テンション下がり気味だったが「私が運転するし。昼間から酒飲めるし、OK?」
     という訳で七尾のブックオフで気分転換をして、庄川へ向かう。
     いいですね、庄川。山も雄大で、川も大きい。九頭竜川とまた違った趣。
     福井(永平寺町ですが)に通った5年の間に、九頭竜湖畔でもイワナ食べれば
     良かったのに、その頃はそこまで余裕なく。娘の住んでいたところから
     そう遠くないところに、義妹夫妻がわざわざ金沢から蕎麦を食べに来るような
     話題の店があったのに、結局そこも行かず仕舞い。それがなぜか「鮎の塩焼き」
     と「日本酒」が昼間から食せる、となると動けるのだよ。
     
     一年に一回、この時期にはこれを、という決まりが要するに季節の風習になり
     それは日本の四季の移ろいと切り離せない。植物が花を咲かせるから花見が
     できるし、実をつけるからおこぼれに預って旬のものが口にできる。
     タケノコしかり、梅しかり、山菜も鮎もそう。秋はキノコに柿に栗。
     これではギリシアのような「絶対性・本質的」なものを考察する思想は
     根付かないかな、それが悪いというのではなく、移り行くもの、変化して
     また巡ってくる自然が生活の背後にぴたりとあるのが日本なんで、
     別に私もギリシアなんていったことないけど、「万物は水」とか「火」
     とかいう発想にはならない日本の思想をもうちょっと理解したいけど。

     私は「もっと鏡みてちゃん(See more Glass)」になろうと思います。
     自殺はしないけど。内面を見て。自分を見て。サリンジャーの本気を感じて。

     鉢植えの、アボガドの種が芽を出した。
気がつけば 梅雨明け 鮎食べ 鏡見て(See more Glass)_c0107612_21503467.jpg
     枯れかけていたサンショの木を、畑に移し替えたら、新芽が出てきた。
     この2つは嬉しいニュース。写真は去年の草だらけの畑。今年もひまわり、
     咲いてくれるかな。。まだ花芽もつかない。遅咲きの私たち。
 
     しばらくは「LOGOSさんの、週1回古書店」を目指します。
     暑いですので、お盆の週はお休み。本格稼働は8月21日~を予定。
     7月25日(日)は、お店整理でやってます。店にいないからって
     仕事していないわけではないのですが。自宅の本を全部移せるような
     倉庫兼の物件はないかなー。。。駐車場もあるような。夢ですが。

by iwashido | 2021-07-21 21:56 | 朔のつぶやき | Comments(0)

Ms.LOGOS's once or twice a month Used Book Store