人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

古本LOGOS 「彼岸の古本屋」ときどき日記。

秋深し 栗柿柚子に かりんなる。

11月某日 知り合い来店予定のため、日曜日でも開ける。
     「予約制」はハードルが高い、とときおり言われるが、
     一人で何もかもやっていて、時には家族のために動かねばならない日
     もあるわけで毎週土日OPENにしてしまうと、自分が壊れる。。。
     ともかく、土曜日は原則毎週、月曜火曜も(作業中心で)ともかく行く、
     金曜日は交換会に行かない日で、補充にもいかない日は開ける。
     水木休みで休みすぎ、って思われるかもしれませんが、
     木曜日はほぼ毎週午後は読み聞かせボランティアで時間を使うため
     結局は仕事。こんな私にも一日くらい何もしない日を下さい。

     結局私が欲しいのは倉庫なんです。きっと。一人で遠慮なく、
     本を右から左へ移したりきれいにしたり、値段つけたりしする倉庫。
     カフェやフリースペースじゃない。図書館でもない。
     心狭くてごめん。。。限られた人と心おきなくしゃべる秘密基地かな。
     何か買う買わないじゃなくて、興味ある人は連絡して「この日。。」
     って伝えてもらう方が嬉しい。ハードル高いのかな?

11月某日 天気が良いので交換会へ行く。とにかく本を減らしたい。
     捨てるか、売れるか、交換会へ出すか。ジャンルを少し限定して。
     ミシマ社さんと個別書店対応取引【原則買切り】を始めたのですが
     仕入れた本それなりに動いた! 「ゑゝ市」に来る、無農薬野菜や
     自然な暮らしに興味ある方につながる本を仕入れたのも当たった。
     (ちょっと押し売りもしたかもしれない。。)
     『くらしのアナキズム』『菌の声を聴け』『料理と利他』当たりです。
     私の今の(思想界?の)押し燃ゆは、藤原辰史氏と、國分功一郎氏。
     京都と東京の雄ですかな、私的には。
     もちろんその前に読まなければいけないベーシックブックスは山積み。
     読書は一人でするけど、言葉が深くささればそれは生きる力になる。
     「山月記」(中島敦)良かった。あー、マンガの中で勧められた。
     憶病な自尊心が己を虎(人外のモノ)にした。
     これは自戒を込めて。本当に憶病な自尊心が全てをダメにする。

11月某日 天気が安定しているうちに、催事補充に出かけていると着信有。
     芸術祭期間中にやっていた「無人一箱古本市(100円文庫)」に
     置いてあったハガキには「土・月 10時半~16時」と書いたので
     それをみて(その日は月曜日)店の前から連絡を下さった様子。
     あーすみません、1時間で戻ります、と言ってトンボ返り。
     買い取り希望で、数冊持ち込み。ともかく興味を持ってもらい
     ご連絡いただけたことに敬意を表して買取させていただく。
     うそつきは泥棒のはじまり、あーそうです、嘘つきです泥棒です。
     時間泥棒、灰色の男たち、負けないようにするには?   
     誠実に一日一日進んでいくしかない。Metaに名前変わった某SNS
     やめようかな。。これぞまさに時間泥棒されてる感じ。
     そんな暇があったら、マンガでもいいから本を読もうよってか。
     寂しさに耐える力を私たちにくれるのではないか、読書は。
秋深し 栗柿柚子に かりんなる。_c0107612_14015016.jpg







by iwashido | 2021-12-01 14:02 | ロゴス&LOGOS | Comments(0)

Ms.LOGOS's once or twice a month Used Book Store