ブログトップ

LOGOSさんの月に1,2回古書店

「父」の呪いからの解放

6月24日(日)、古本LOGOS OPENしております。
めずらしく、Cafeにパソコン持ち込めてライブ投稿可能状態なので。

今日はいろんな意味で、皆が(私の周囲の数人、という意味ですけど)それぞれ
とらわれていた「呪い」のような価値観から、ちょっと違った方向へ
踏み出していけそうな一日です・・・。

実際、それができたかどうかはわからない。
出来なかった人もいるかもしれない。でも今までやったことのなかった、
やろうとも思わなかった、出来るとは思わなかったささやかな壁を
今日なら越していけるのではないか?

何の根拠もなく、そんなことを思って投稿してみた。
理由は聞かないで~
FBサイトも閉じるかもしれないし、わからないけど、決めてないけど、
PR誌ちくま7月号の「最果タヒ/最果てからお届けします。27」の
「広大なきみの瞳のなかで世界」というエッセイ、今回の文章は良く理解できる。

私も思ってしまう、「インターネットは本当に世界なんだろうか」と。
どっちが世界なのかよくわからない。
ものすごく巧妙に絡め捕られているような感じは年々強まる。
それがあまり好きではない自分がいるんだ。。。

[PR]
# by iwashido | 2018-06-24 11:02 | Comments(0)

夏至の日に 玄武あらわれ 甲羅干し

梅雨です夏至です(過ぎてるけど)。

季節はどんどん夏に向かって加速し、もう2018年の半分は目前。

正確に言えば夏至の前日だったけど、勤務先の北側の駐車場に、
昼休み用事で外出して帰ってきた時、砂利の上に何かがいた。
(アスファルトで舗装されていないところもあるラフな駐車スペース)
良く見ると生き物のようである、石ではない、そうか、カメだ!

去年、ガケしたの池からつつじの植え込みに産卵しに来たイシガメ?
の話は聞いていたけど、そのカメかしらん・・・。
車から降りてそのカメと目がってしまい、しばししゃがみこんで甲羅に手をあてる。
枯葉や松葉などを乗せていたので取ってあげた。
カメはもちろんその時は、手足も首もすくめ、警戒モードだったけど。
ミドリガメの何倍も大きい亀でした。

その話を、図書室に来ていたH先生にすると(社会担当)、
「それは、いいですね! 北の守護神は玄武なんです(カメの化身?)。
 ぼくはこの学校の周囲を平安京に見立てて、四神に守ってもらう的な
 イメージを生徒にもって欲しいんですよ~。これは吉兆ですよ。」

私は『モモ』(M.エンデ)に出てくるカメに出会った気分で
何でこのタイミングで私の前に出てきてくれたのかを、考えています。



[PR]
# by iwashido | 2018-06-23 09:50 | Comments(0)

撃たれても 雉は鳴きたい 初夏の朝

身の回りに普通に鳥がいる。
飼っている訳ではない(飼っていた時期もあったけど)。
普通の鳥が日常に出いりする。

まずはスズメ、電線に止まり、米をついばみに来る。
それからツバメ、納屋に巣を作り、稲わらや虫や糞をおとして
旅立っていく。だいたい3月末から7月のできごと。

それから、カラス。ゴミをあさりに、もしくはツバメの雛を狙って
家のすぐ近くに来たりする。秋にはつるしてある干し柿も狙われる。
さらには、カモ。ひらたい黄色いくちばしをしたカモは、
水田に音を立てて着地し、苗の間を泳ぎ、何かをついばんでいる。

シラサギやゴイサギ、冬にはハクチョウ、たまにトキも見たこともあったっけ?
(トキは稀ですが。。ホントにたまたま一度、近くで遭遇したけど。)

一時期、庭の木に状態の良くないミカンをさして置いたら
ヒヨドリが良く来ていた。気をよくして、半分に切ったミカンを
石の上においておいたら、種だけ残って皮も実もまったくなくなっていた
状態の時はあって、それはさすがに鳥の食べ方ではないだろう、と思い
(何か動物、もしくは哺乳類?)怖くなってやめた。
冬の足跡などを見ると、いろんな動物が家の周りを通過しておるようだ。

そんな中で、明け方、鳴く鳥がいる。
音を表記するのは正確にしようとするととても難しいのだが
あれを「ケーンケーン」と書くのなら、おそらく雉だろう。
近くの草むらに雉がつがい出入りするのを家人は見たことがあるという。
私は個体識別能力が弱い(固有名詞や花や鳥の名前が覚えられない)ので
見たことがあったとしても「雉」として認識していないかもしれないけど
鳴き声は特徴的だ。だいたい同じ頃に鳴いている。

「雉も鳴かずば撃たれまい」ということわざがあるけど、
それは人間にとっては「余計なことを言うな」という戒めなのだろうけど、
「雉は撃たれても鳴きたい」のだと思う。
毎朝、同じ頃にケーンケーンというような音が聞こえてくるたびに
そう思う。撃たれようが訴えられようが、鳴きたいものは鳴きたいのだ。




[PR]
# by iwashido | 2018-06-16 08:57 | 季節のできごと | Comments(0)

木の浦にて。

さいはてのカフェで見つけし国産の 檸檬に我は 心救わる

5月ちょっと自分にしてはお出かけ(たって北陸3県内ですが)が続いたので
かなり消耗気味。一昨日も、大好きな方(年上ですよ、しかも同性、先輩ってか先生?)
から、東京への日帰り研修の会に誘っていただいたのだが、
行けばその前後にしわ寄せが来ることが必至。
金沢周辺から東京へはもう「日帰り」が定着しているのですね。
ニイガタに新幹線が通じて(いつの話や?)新潟~東京が日帰り圏内になった
のと同じようなものか。(私は一応新潟県人なので)

この、何かが私をいたたまれずさせる精神の焦燥感に効くのは
あまりにも凡庸かもしれないけど「檸檬」なのであった。
梶井基次郎の小説の「檸檬」。短いです、現代文の定番といってもよろしい。

よくいくスーパーにあるのは当然のことながら「米国産」。
防腐剤だの酸化防止剤など含まれていると書いてあると
あまり買いたくはない。一回だけ「見切り品」の箱の中にあったのを買って
図書室の棚の『檸檬』の本の前に飾っておいたら、数名が反応した。
数名・・・少ないのか多いのか。0でなかったことを喜ぶべきか。
でも日が経つにつれて瑞々しさがなくなり、干からびてきて
全然「爆弾」らしくなくなったので撤収。次のものを探していた。

他のもので代用が効かないか探して〔軽く握って)みたけど
トマトはやわらかすぎ、オレンジは丸すぎ、グレープフルーツは大きすぎ、
アボガトは悪くはないような形だが、色が地味。
ジャガイモにはあまり精神性を感じられないし、バナナは即物的すぎる・・・。

そしたら。たまたま立ち寄ったCAFE COVE(木の浦のカフェです)にあったのだ。
しかも国産の。オーナーさんの実家が四国のほうだそうで、実家から送ってもらう
のだとか。少し表面に傷ともいえないえくぼやほくろのようなものはあるが
防腐剤未使用な証拠なわけで。形も小ぶりで手のひらになじむ。
これですよこれ。

梶井基次郎が青物屋の店先でみつけたのもこのようなものではなかったか。
そんな訳で、檸檬を精神安定剤にして、しばらく過ごしています。
月曜日にまた図書館の棚のどこかにこの「爆弾」をセットしてみよう。







[PR]
# by iwashido | 2018-06-02 11:24 | Comments(0)

人住まぬ 天からの手紙 待ちわびる

先日、片山津の「中谷宇吉郎科学館(記念館でしたか?)」に立ち寄った。
そんなに時間もなく、DVD映画も視ず、ただひたすら下のフロアーの展示を見る。

「イグアノドンの唄」が耳からはなれず、時々口ずさむ。
3回繰り返されるのは、3人の子どもの唄声なのかな?
雪の結晶をまじまじと注意してみたことはじつはないけれど、
一つとして同じものはないと、あれだけ無数の個別個体を、分類し
同定していくのが科学者の知性なのか、と驚く。

わたしにはこういう根気がない。
誰かがおおざっぱでもいい、アウトラインというか方向性を示してくれれば
それに乗って、いかにも自分がしたかのような手柄たてたような分類はできる
かもしれない。でも誰もしたことがないのに、これとこれは仲間でしょう、
これはこれの派生形でしょう、などと積み上げていくような思考は苦手かも。。、

個別の背後にあるかもしれない抽象を推論するのは嫌いじゃない、
その時目の前の個別は吹き飛んでいる、というか透けて見えてしまって
自分も含めた個別をおろそかにしてしまいがち。
個別よりも抽象が勝ったら人は生きにくい、理念に準じたり理想に押しつぶされたり。
きっとずっとそんなふうに生きてきた、だから生きにくかったのかとやっとわかった。

左目の手術をして、いままであんまり使っていなかった右脳が活性化し、
やっと人並の感情的な感覚が理解できつつある。
そうか、こうすれば人は怒るのか、悲しむのか、焦るのか。。。。
自分の感情も含めて感情は理想より下だった(私の中では)。
でもKのように、理想に殉じて命を落とすわけにはいかない。
なんとかして生き延びよう、もう少し、人生には楽しいところもあると痛感できるまで。

中谷宇吉郎が描いた掛け軸の絵に添えられた、湯川秀樹の短歌が美しかった。
その真似をして俳句(タイトル)を作ってみたが、イマイチすわりが悪い。
これは冬に輝く詩なんだろうな。


[PR]
# by iwashido | 2018-05-16 23:05 | 朔のつぶやき | Comments(0)

望月(もちづき)を 水面にうつし 田植え前

もうすぐ田植。
今年は連休中にするということになり、
準備が早めに推移している。

昨日代搔きを終えた田んぼは満面に水を張って鏡のよう。
台所の窓から見えるそれに、昨日は月が映っていた。
なんともいえない静けさと緊張感。

言葉が雪のように降ってくればいいのに。
音のように自由に操れるようになればいいのに。

そのためには修行が必要だね。

[PR]
# by iwashido | 2018-04-30 05:53 | Comments(0)

去年(こぞ)の春 犬の世話=シモの世話

春なのに、夏のようとラジオの天気予報が騒ぐのである。
30℃越えだとか、真夏日だとか言うのである。

去年無限に続くかと思われた老犬の世話は、ある日をもって唐突に終了した。
それからはや1年がたとうとしている。世話(ケア)とはつまり、食と排泄の世話であった。
それは動物と人間も大してちがわないようだった。
人間だとそこに居住いや身なりの世話が加わるくらいで。

いま自分で自分が手に負えなくなりかけてて、それはまず朝起きるのがつらいあたりから始まり、
平日はなんとか気力で持ちこたえているものの、土日はゆるむ、つまり怠ける。
食べることも着ることももうどうでもいいのであるが、
他人(家族)がいるからなんとかギリギリもちこたえる。

本の整理をしていて、伊藤比呂美の『閉経記』(中央公論新社)が出てきた。
古本市で売ろうかな~と思ったけどやっぱり手元に残すことにした。
なぜって、今まさにわが事だからだ。
そうかこれって、更年期だったのだね。。いつまでも青春じゃいられない。
「たけくらべ」もどきの初々しい初恋なんてもう遠い昔なのだ。
おばさんなのだ、漢(おんな⇒本の中で、著者はこう読み仮名をふるので)なのだ。

気がつくと青春とおばさんしか記憶になくて、子育ての苦労も何もかも忘れている。
いつもいつも自分のことしか頭になかった。
誰かを気遣ったり、誰かの娘になろうなんて思ったことはなかった。
いつも「父」(メタファーとして)を殺してきた、差し伸べられる手を振り切ってきた。
それがこのざま、体たらくである。

誰かに庇護されていれば、もっとうまく人生を渡れたのだろうか?
少なくともいま家族としては庇護されていて、もうそれ以上の屋根は欲しくない。
ここからだって飛び出したいくらい。
自分の名前をはく奪されてまで働かされるのはごめんだ。

私は私になりたいのである、100%ありのままの。

そんなわけで、忘れかけていた詩(うたとかことば)をまた始めようと思う。
届かないかもしれないけれど、矢を飛ばしてみたい。

[PR]
# by iwashido | 2018-04-22 15:03 | Comments(0)

新学期スタート!

c0107612_11394753.jpg4月だ~。。。3月後半の記憶がないまま、冬から春への転換は鮮やかに終了していました。
各地の桜便りが聞こえてくる中、奥能登はまだつぼみ状態。。
(一部早咲きは満開のようですが。)

いつまでも暗い気分でいないで、ぱーっと明るく、雰囲気だけでも変えてみる。
大好きな2月を最悪の気分で過ごし、
あまり好きでない春を迎えてしまいました。いろいろ不安定要素を抱え込んで
4月が始まってしまいました。

今年こそ、新しい方向へ舵を切れるか??
現状維持しつつ、内部から変化を起こせるか? 正念場の一年になりそうです。

一昨日だったか、晴れ間に久しぶりに海岸線を散歩しました。
海越しに見える立山連邦最高~!! 海が笑ってました。
ここの海岸を見るたびに、海は隔てるものではなく、つなぐものかも。。って思う。
見えれば、渡れる。
この海が陸地だったら、富山と能登は、別世界だったかも。
網野善彦の言葉になんとかつながりたい。
海からみた日本史、奥能登像を作り上げてみたいです。

HPトップの更新がうまくいかないので、しばらくこのブログでお知らせをします。
古本LOGOSでした。



[PR]
# by iwashido | 2018-04-02 10:56 | 朔のつぶやき | Comments(0)

本と人を結ぶ

今年はフキノトウが遅めでした。
あれだけ雪ふればしゃーないですね。今頃、ざくざく取れます。
自分ちの荒れ畑です。フキは二度おいしいビジネスになるそうです(フキノトウと、蕗と)。
道を歩いていて、ガケ下とかで見ると「美味しそう!」と思ってしまう私は野生人化しとるかも。。。

ほとんど名ばかりではあるが、家庭文庫を標榜しているので、売りたくなくて貸したい絵本を
少しは所有しています。複数冊あれば売るけど、1冊なら売らない。
でも必要としている子どもや子どもに向かう人になら、貸します。

ある知人の子どもが絵本を必要としているというので、見繕って貸出ました。
本当は家に来てもらってゆっくり話でもしながらくつろぎながらが基本だろうけど
時間擦れ違いなので私の見立てで。
自然すきそうだし、理科っぽいことすきかな、と思って
「かぶとむしはどこ?」とか「みんなのかお」、「おさるはおさる」、「クマよ」など
あんまり文字にたよりすぎない絵本や読み物を何冊か。

そしたら、いちばん受けたのは(親子三人で楽しめたのは)
「いけちゃんとぼく」(西原理恵子)だったとか・・。そっちかぁ・・・。
でもまあ、こんな自分が選んだ本を喜んでもらえるのはうれしいね。
結局私にできることってそんなことしかないし。

単なる情報を超えた何かが、本という物体にはあるのだと思う。
情報に還元されえない何か。よくわからないけど。

明日は家庭の都合により、古本LOGOSは休みです(第3日曜日ですが)。
3月はごめんなさい、もう開けない予定です。
次は4月です。4月の第3日曜(15日)以前に開けられそうならまたこのブログ等で
告知します。
いろんな物事が、急速な勢いで動き入れ替わっています。
アイヒマンにならないために、どうすればいいか、個人個人が良く考えないと。
とんでもない事態が国勢レベルで進行している。とても怖いです。

自分の頭で考えて行動して、判断できる人になりたい。日本じゃそんなことがけっこう難しい。
自分の足で立とう。
首を抱えて歩く覚悟で、道を切り開こう。








[PR]
# by iwashido | 2018-03-18 00:25 | いわし洞文庫 | Comments(0)

珈琲と本に救われて、在る。

旧暦の新年(今年は2月16日でした)前後から、物事が急速に動き始めた。
サインコサインのカーブではないが、昇る前には、下るものだ。
ずっと右肩上がりの直線などというものは数学上の観念の中にしか存在しえない。

ティシュペーパーのようなもろいメンタルしか持っていない私には
けっこうハードな数日間が続いたのだが、それを救ってくれたのは
「ハッピーになれる」とコメントがついて二三味珈琲で売られていた新作の
”パナマバンビート”というオリジナルコーヒー(いつもの二三味ブレンドより高い)と、
某古書即売会で見つけた、L.ヴィトゲンシュタインの『反哲学的断章』のなかにあった
数々の言葉たちであった。。。。

「自然にだけ語らせよ。自然の上位にあるものとして認められるのは、ただひとつ。
 それは、人間が考えられるようなものではない。」MS 107 70^

「新しい言葉というものは、議論の地面に撒いた新鮮な種のようだ。」MS 107 82

「哲学のレースで勝つのは、いちばんゆっくり走ることのできる者。
 つまり、ゴールに最後に到着する者だ。」 MS 121 35v

(いずれも丘沢静也 訳/青土社の『反哲学的断章―文化と価値』より。)

短い文ばかり選んだけど、長い文章(断章)は声に出して読むと落ち着いた。
私が死んだらこの本を棺桶に入れて一緒に燃やしてほしい、と思うほど。
こういう珠玉の言葉に包まれて逝きたいものである。

自分の感性に響く言葉は、精神にも影響するのだということが分かった。
別にむずかしいから偉いとか簡単だから劣るとかそんなことは言ってない。
ただ、無性に響いた。もっと勉強したい、と痛切に思った。

2月のLOGOSは2月18日(日)に無事終わったのだけれど、
こんな店でも必要としてくれる人がいて、下手な古本市より売上があって
こんなレベルでほめられるのは、田舎(能登)だからであって、
京都や神田の古書店のレベルとは比べ物にはならない訳だが、
ここで自分の店を否定したら、買ってくれた人も否定することになるから
そういうことはできない。

恥かしくない生き方をしたい。ただそれだけ。

3月は、後半諸事情により土日がほぼ潰れるので、
LOGOS定例OPEN日は 3月4日(日)の予定です。
3月11日(日)には、こまつ町屋文庫さんのイベントに出店予定です。

4月はまた、第3日曜で4月15日(日)に予定してます。

古本LOGOS でした。










[PR]
# by iwashido | 2018-02-22 00:18 | 読書日記 | Comments(0)

1月のLOGOS。

1月LOGOSのご案内です。

ここ数年、冬季はお休みしていましたが、せっかく薪ストーブがあるので
それを活かすために冬季OPENと、カフェ部門復活します(限定的ですが)。

1月21日(日) 午前11時~午後4時30頃まで(L.O.は4時まで)。
        
おそらく
 2月18日(日)   も上記と同様です。

★明日は、「小さなおうち」さんのスイーツセット(二三味珈琲とセット)500円
 を提供できるかもしれません…。ハッピーになれる珈琲を飲みに来て下さい!

★古本屋と大見得をきれるほどの本の量はないかもしれませんが
 これから古本屋として何年もかけてきちんと立って行きたいことへの第壱歩です。奥能登に本の文化を。早く図書館ができるといいですね。そしたらもう少し読書や本に対価を支払うことを厭わない文化が育ってほしい・・です(希望的観測)。

※古本LOGOSは古本屋です。
 買取のご相談など、承ります。不要になった本のご処分の相談は当店まで。

※※ 「金沢書友会目録46号」発行しました(2017.11.24)。
    今回より古本LOGOSも参加しています。
   目録をご用命の方は、ご一報ください。(totano★iwashido.com ⇒★を@にかえてメールを)

諸般の事情により、週末限定古本屋です。
確実なご来店の予定がある場合は事前にご連絡いただけると確実です。
[PR]
# by iwashido | 2018-01-20 15:30 | ロゴス&LOGOS | Comments(0)

新しき年の初めに。

新年あけましておめでとうございます。

今年LOGOSは、昨日、臨時的にOPENしていました。

原因は、会長と、会長のご子息の視察でした。

帰省中のご子息のたっての願いにより(?)新年早々店に行きました。

会長からはたくさんのダメだしをいただき、今後の店舗運営の参考にしていきたいと思います。

今年は「古本屋さんごっこ」からの脱却を目指します。

たいへん未熟で、笑われても仕方のないレベルですが、ここを礎に頑張ります。

今後ともよろしくお願いいたします。

[PR]
# by iwashido | 2018-01-03 07:39 | ロゴス&LOGOS | Comments(0)

We must listen.

今日(12/9)の北陸中日新聞に、カズオ・イシグロ氏のノーベル文学賞受賞記念講演の要旨が載っている。27面です。良いのは、一部ではあるが、英文も載っていること。翻訳は時折、発言した本人の主旨をまげて伝えてしまうことがあるので。

見出しになっている「困難を乗り越える時、文学は特に重要」の原文は
”I still believe that literature is important, and will be particularly so as we cross this difficult terrain." となっているが、文章の流れの中で訳せば
「私はそれでもなお、文学は重要なものであると信じている、ことに現在のような困難な情勢(このむずかしい丘陵地帯)をのりこえる時にはとりわけ大切なものになる。」と捉えた。
still believe の ”still" に込められた意味を掬い取らねばなるまい。もう文学など時代遅れと大勢が無意識に思っているようなこの時代だからこそ。どのように訳すかは個人の感性によるしかないけど。

若い世代への期待や多様性への言及、失われた過去をどのように保存(記憶)するのかなど、興味深い内容であった。

最後のほうの文章、”Good writing and good reading will break down barriers."もいいです。

「良く書き、良く読むことで、障壁を乗り越え(壁を打ち壊わし)ていけるであろう(希望的観測)。」
良い読み手(Good reader) と 良い書き手(Good writer)を育てるには、自由にあびるように本を手にできる環境が必要だ。そのためには? 人を育てるための本屋と図書館がもっと頑張らねばならないのではないでしょうか・・。





[PR]
# by iwashido | 2017-12-09 11:22 | 朔のつぶやき | Comments(0)

12月のLOGOS.

12月です。

冬になると少し元気になる・・のかもしれない。
暑いのよりは、寒い方がいい。寒いけどね。

12月は月2回古書店を予定しております(笑わせるな・・という声が・・)。

12月3日(日) 午前11時~午後4時頃まで。
          (その前後30分くらいは開いてるはずです。。)

12月17日(日) 午前11時~午後4時


※古本LOGOSは古本屋です。
 買取のご相談など、承ります。不要になった本のご処分の相談は当店まで。

※※ 「金沢書友会目録46号」発行しました(2017.11.24)。
    今回より古本LOGOSも参加しています。
   目録をご用命の方は、ご一報ください。(totano★iwashido.com ⇒★を@にかえてメールを)

諸般の事情により、週末限定古本屋です。
確実なご来店の予定がある場合は事前にご連絡いただけると確実です。
[PR]
# by iwashido | 2017-12-01 15:11 | ロゴス&LOGOS | Comments(0)

人生最悪のカーブを曲がる

人生最悪だったかどうかなんてもうわからないけれど、
ある種のカーブを曲がりきったな・・・という感じがする。

良いか悪いかなんて判断できない、ただ「一山越えた」「ちょっと息がつけた」
そういう思いがする。。。

自分はどこに行きたかったのだっけ? そんなことすらわからなくなる生き方をしていた。
あれにもこれにも手を出して、上手くいったかどうかの反省もなく、忙しさにかまけて
自分が大した人間でもないのに誤解して、エラそうな態度で、傲慢だった。。。。

もうだめかも、と思うようなこの一年だった。
でもまあ、ある種のことは手放し、諦め、その代りこれは譲れないという領分というか
覚悟をしなおせば、見えてくるものがある。
自分より年下の人たちからこそ教わることは多い。
思い込みや余談や常識を超えて、見えてくる物事を大切にしたい。

『ペナンプラ氏の24時間書店』という本(海外文学の小説)にならって
ブログタイトルを変更しました。
月に1、2回古書店を開く時にはここで連絡することにします。。。。


[PR]
# by iwashido | 2017-11-23 08:47 | Comments(0)

Ms.LOGOS's once or twice a month Used Book Store
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30