ブログトップ

LOGOSさんの月に1,2回古書店

<   2018年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

望月(もちづき)を 水面にうつし 田植え前

もうすぐ田植。
今年は連休中にするということになり、
準備が早めに推移している。

昨日代搔きを終えた田んぼは満面に水を張って鏡のよう。
台所の窓から見えるそれに、昨日は月が映っていた。
なんともいえない静けさと緊張感。

言葉が雪のように降ってくればいいのに。
音のように自由に操れるようになればいいのに。

そのためには修行が必要だね。

[PR]
by iwashido | 2018-04-30 05:53 | Comments(0)

去年(こぞ)の春 犬の世話=シモの世話

春なのに、夏のようとラジオの天気予報が騒ぐのである。
30℃越えだとか、真夏日だとか言うのである。

去年無限に続くかと思われた老犬の世話は、ある日をもって唐突に終了した。
それからはや1年がたとうとしている。世話(ケア)とはつまり、食と排泄の世話であった。
それは動物と人間も大してちがわないようだった。
人間だとそこに居住いや身なりの世話が加わるくらいで。

いま自分で自分が手に負えなくなりかけてて、それはまず朝起きるのがつらいあたりから始まり、
平日はなんとか気力で持ちこたえているものの、土日はゆるむ、つまり怠ける。
食べることも着ることももうどうでもいいのであるが、
他人(家族)がいるからなんとかギリギリもちこたえる。

本の整理をしていて、伊藤比呂美の『閉経記』(中央公論新社)が出てきた。
古本市で売ろうかな~と思ったけどやっぱり手元に残すことにした。
なぜって、今まさにわが事だからだ。
そうかこれって、更年期だったのだね。。いつまでも青春じゃいられない。
「たけくらべ」もどきの初々しい初恋なんてもう遠い昔なのだ。
おばさんなのだ、漢(おんな⇒本の中で、著者はこう読み仮名をふるので)なのだ。

気がつくと青春とおばさんしか記憶になくて、子育ての苦労も何もかも忘れている。
いつもいつも自分のことしか頭になかった。
誰かを気遣ったり、誰かの娘になろうなんて思ったことはなかった。
いつも「父」(メタファーとして)を殺してきた、差し伸べられる手を振り切ってきた。
それがこのざま、体たらくである。

誰かに庇護されていれば、もっとうまく人生を渡れたのだろうか?
少なくともいま家族としては庇護されていて、もうそれ以上の屋根は欲しくない。
ここからだって飛び出したいくらい。
自分の名前をはく奪されてまで働かされるのはごめんだ。

私は私になりたいのである、100%ありのままの。

そんなわけで、忘れかけていた詩(うたとかことば)をまた始めようと思う。
届かないかもしれないけれど、矢を飛ばしてみたい。

[PR]
by iwashido | 2018-04-22 15:03 | Comments(0)

新学期スタート!

c0107612_11394753.jpg4月だ~。。。3月後半の記憶がないまま、冬から春への転換は鮮やかに終了していました。
各地の桜便りが聞こえてくる中、奥能登はまだつぼみ状態。。
(一部早咲きは満開のようですが。)

いつまでも暗い気分でいないで、ぱーっと明るく、雰囲気だけでも変えてみる。
大好きな2月を最悪の気分で過ごし、
あまり好きでない春を迎えてしまいました。いろいろ不安定要素を抱え込んで
4月が始まってしまいました。

今年こそ、新しい方向へ舵を切れるか??
現状維持しつつ、内部から変化を起こせるか? 正念場の一年になりそうです。

一昨日だったか、晴れ間に久しぶりに海岸線を散歩しました。
海越しに見える立山連邦最高~!! 海が笑ってました。
ここの海岸を見るたびに、海は隔てるものではなく、つなぐものかも。。って思う。
見えれば、渡れる。
この海が陸地だったら、富山と能登は、別世界だったかも。
網野善彦の言葉になんとかつながりたい。
海からみた日本史、奥能登像を作り上げてみたいです。

HPトップの更新がうまくいかないので、しばらくこのブログでお知らせをします。
古本LOGOSでした。



[PR]
by iwashido | 2018-04-02 10:56 | 朔のつぶやき | Comments(0)

Ms.LOGOS's once or twice a month Used Book Store
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30