人気ブログランキング |
ブログトップ

LOGOSさんの月に1,2回古書店

築紫哲也も橋本治もいない世界で。

3月某日  運転免許証の書き換え(更新講習)に行く。誕生日の1カ月前から案内来る。
      なんと、今回は人生初「ゴールド免許」ではありませんか!!
      そういえば、一時停止違反やスピード違反この5年間はなかったかも。
      遠出はけっこうしてるけど(金沢レベル)。行って帰って300キロ。米国人には
      常識なのかもしれない。

      帰りに、ひさびさにかほくイオンに立ち寄る。行く場所は、もちろん書店。
      文具やコミックの売り場面積が増えてますねー。本の場所は縮小気味。
      『推し、燃ゆ』山積み(今更・・)。『かか』のほうが、面白かったかな。
      探している新書があったので探すけどその本はなかったけど、河出新書に
      橋本治の遺稿的な新書が2冊あって、1冊は高橋源一郎の推薦(冒頭文)、
      もう1冊は内田樹の推薦文の『「原っぱ」という広場がほしい』こっち買う。
      この本には、「群像」という雑誌に掲載された、本当に最後の、
      未完の橋本治の文章が収録されていて、明らかな誤字脱字以外は直していない
      という注釈が奥付に記されている。
       
      橋本治は、文壇の中でも、村上春樹とはまた違った意味で異端であった。
      ものすごい量の文章を書いた、だけど誰もその正当性? 本質を理解しないまま
      なんかちょっと変な言葉で変なこと書いてる人、いつまでも半ズボン気分な人、
      群れない人、独自な人であり続けた。私は最後の小説『黄金夜界』は毎日新聞
      の連載で全部読んだけど、これはすごい、、尾崎紅葉の「金色夜叉」現代版。
      『窯変源氏物語』の系譜につながるものでしょう。

      ネットの世界に最近ついて行けないなー、って思うことが多々で、
      TWもLINEもスマホも持っていない変わりモノで、唯一ブログとFBは
      垢持ちだけど、FBなんだかな―最近、って思うこと多くて。
      なんか、変数変えたでしょ、だから寄ってくる情報がすごく狭められて。 
      気持ち悪いくらいの自己自慢にしか、見えない、メンタル荒れてるから。
      ここで上塗りして自分の投稿をすることが、憚られる。結局は自慢じゃん?
      ウケるか、ウケないか。「いいね」をしてもらえるかどうか、そういうノリ
      であってそこに熟慮はない。「良し悪し」すらない。「好きか嫌いか」、
      って橋本氏は書くけど、好き嫌いですらないんじゃないか。なんとなく、
      一瞬の、すれ違った時の香りというか印象のみ。
      ネットのアクセスランキングは「何がどれだけの人に選ばれたか(アクセス
      (≒閲覧?)されたか」であって、その順位に「何が良いか」という物差し
      はない。既に「良し悪し」という座標軸はこの世界から崩壊しつつある。
    何が良いかといえば「多くの人に指示された=良い」・・これで本当にいいのか?

    そんなこといえば、第一ラジオ7時半過ぎの「本日のニュースランキング」、
    これを聞いていると本当に腹が立ってきて、「今日一番アクセスされたニュース
    を5位から1位まで紹介」してくれるわけなんですが、そこに「評論」の視座はない。
    「都内のコロナの新規感染者人数前日を更新」とか、「なんちゃらというグループ
    が解散する」とか、「パンダが発情期に入った」とか、そりゃーそういう
    わかりやすい・いいね!っていいやすい・心温まるもしくは共通敵にしちゃえる
    情報は、アクセスしますよ。頭使わなくていいもん。ぼーっと見るだけなら。
  
    なぜ「人気があるからいいじゃん」になるかといえば、それは「これがいい」と
    ネットにアクセスした結果が膨大なデータとして残るからだ、と橋本氏は書く。
    それは「ひとは何を良しとするか」ではなく「何を好むか」=「何をすれば
    人は納得するか、なにが売れ筋か」にたどり着き、結局は「商売(ビジネス)」
    が隠されている(と橋本氏は分析している)。

    「そのことを踏まえて「多くの人が好むもの」を提供して行けば、批判されること
    のない「好ましいもの」ばかりになる。逆に「金になりそうな消化のいいもの」
    だけが残って「呑み込みにくくて苦い批評性のあるもの」の存在余地は少なく
    なって行く。つまり「経済的に成り立ちにくいからきえていくしかない」に
    なってしまう。・・」(『「原っぱ」という社会が欲しい』橋本治/河出新書/   
    第1章 近未来としての「平成」、79Pより引用)
   
    私は「呑み込みにくくて苦い批評性のあるもの」が読みたい。
    そんな誰が読んでもすぐわかって「感動した」とか「泣けた」とか言われても
    信じられない。経済ってなんですか? おおきなブルトーザ―みたいなもの?
    ものすごい嵐がくるよ。嵐が来るまでに、飛ばされないような太い幹を育てて。
    自分の中にね。

# by iwashido | 2021-03-19 09:25 | Comments(0)

I’m so ......。

3月某日 疲れた。疲れている。この一年の疲労困憊、ここに極まれり。
    そんな訳で週末、友だち(の子ども)から借りた『鬼滅の刃』一気読み。
    最終巻が発売と同時に増刷されるほど、人気沸騰して映画にもなり
    キャラクターグッズやアニメで子どもたちの人気はすさまじかったらしいが  
    「もう次のブーム来てるし」ということで、全巻貸してもらう。
   
    最初は、好きな人が好き、というレベルだったらしい(ジャンプ連載初期)。
    舞台は大正時代だし、ちょっと暗い感じだし(いい子にしてても親惨殺)、
    まるでヨブ記? 救いがない。でも、妹が生き残ったことで、鬼になっても
    生き残って、連れていくことで、そして仲間や選抜という試練(?)を潜り
    猪突猛進の猪男とか、泣いてばっかの善逸とか、子どもたちのちょっと
    自分に近いところ、欠点があっても、100点満点のいい子でなくても
    生き残っていける、役に立つこともある、必要とされることもある、
    そういう辺りは響いたのではないか。
    鬼は鬼で、鬼になる理由がある。鬼は実在する。鬼滅のキャラは仮象だが、
    本質的に鬼的なるものは、人間の本性と無縁ではない。鬼が滅んだわけでは
    ないんだよ、現代でもね。巧妙に、あらゆる人間のどこかに、潜んでいる。
  
    この漫画を一過性のブームで終わらせるのは、惜しいよね。
    昭和前史、大正時代や、明治維新や、400年前の戦国時代とつながる
    描写も所々出てくるし、遊郭(吉原)の存在や、刀を持つことの意味、
    政府公認ではない「鬼滅隊」は何のメタファー? 
    誰かこれを教材に、日本史の隠された部分を探るような授業しないかな?
    小学生高学年化、中学生なら十分可能でしょ。もちろん、一つの仮説
    として。民俗学への導入にもなりそう。炭焼き息子の炭次郎が、
    ご飯炊くの美味い(竈でね)、魚焼かせても上手い、というのは
    火を制する技術を知っているから。火は大事。とても大事。
    火の神火の神、春を連れてくる。どんど焼き、野焼き、継承すべき。
    (もちろん細心の注意を払い、敬意を持って、慎重に行うこと。)

    私が好きなのは、弟キャラですかね。死不川弟とか。無一郎とかさ。
    双子の、兄弟の、弟のほう。兄は兄でつらいけど、私は弟だったからさ。
    もう一回再読チャレンジしてみます! ってそんなことに時間使って
    いいのかー。もっと読むべき本山積みなんですけど((笑))?!


# by iwashido | 2021-03-15 09:30 | 朔のつぶやき | Comments(0)

1は、大きい数かどうか。

3月某日 病院に行く。
     コロナ対策で、総合受付(料金精算とかね)周辺の、週刊誌と
     新聞は撤去されていた。ここで北國新聞を読むのが楽しかったのに。
     小児科の待合の横に、ほんの少し(3段程)の本棚があって、そこには
     誰でも読める絵本や読み物がおいてあるのだが、あまりにもスカスカ。
     荒井良治の「バスがきた」と「たれぱんだ」がお気に入りで何度か読む。
     それにしても、総合病院の、小児科の、子ども向けの本がこのレベル・・
     と思ったらあまりにも絶望的な気分になって、顔なじみの看護師さんを
     通じて、小児科婦長に確認してもらい、処分寸前の児童書を一部寄贈
     することにした。それが、年初(1月)の話。

     2ケ月ぶりに来ると棚はかっちゃかちゃの、雑然状態になっている。
     ということは、誰かが読んでいるということか。「絵本を読んだら、
     手を消毒しましょう」という張り紙もあるので、感染症拡散には
     本当は本(しかも古本)なんて読んで欲しくないのかなぁ。。と思うが、
     本棚横の待合椅子が自分の定位置なので、絵本を読むふりをして、棚を
     整理する。大きさを揃えシリーズものは近くに置き、幼児向けはまとめ、
     漫画(ドラえもんとか)は定位置。。。
     こんなレベルでよければ、いくらでも寄贈するんだけど。
     でも本当は、もっと良質の、例えば福音館の「0・1・2」シリーズや
     定番の「ぐりとぐら」とか「おおきなかぶ」でもいいけど、
     言葉の根っこの、超スタンダードな本を、図書館に行く癖のない親子
     にも触れてもらえるいい場所なのにな。。。と思った。
     病院の向かいに図書館があるけど、図書館って、行く習慣のない人には
     けっこう敷居が高い場所だよなー、と今更気づく。
     よく考えるとけっこう入りにくい場所かもね、図書館は。 
     市民図書館、って名前は変わったけどね。  

3月某日 土曜に能を見に行くのに付き合わされる。はあ。軽トラで金沢。
     能楽堂に行く前に、大和で靴修理の依頼をしているのを待っている時
     着信に気づきかけなおすと、買取依頼。今日は不在なので、明日の予約
     にして、翌日LOGOSへ。1人でも、来てくれるという方がいるだけで
     もう存在意義を認められた感じで天にも昇る気持ち。
     たとえば、原っぱでフキノトウを見つけたとして、1個でも嬉しい、
     と思うか、それとも「天ぷらにするからもっとたくさん」と思うか。
     今日自分は、「1個でも嬉しい」と思える場所で、1個のフキノトウ
     を見つけたので、そういう感じで続けていくことにしよう。


# by iwashido | 2021-03-08 10:14 | ロゴス&LOGOS | Comments(0)

行きたい場所は・・・

3月某日 3月である。苦手な3月である。
     いつまでも2月だったらいいのに。今日は2月30日かな??
     古代ローマでは、2月が年度末だったという。その微調整でうるう年の+1日は
     2月に割り当てられた(帳尻合わせ?)。そういう意味では新シーズン開始か。

     先週、娘の所に泊めてもらい、午前中フリーな時間が出来たので、
     行きたいところを考えた。私の場合、行きたいのは「本屋・図書館・ブックオフ
     (古書店)」ということになってしまう。
     別に春のお洋服なんて必要ないし、デパ地下巡りもしたい訳じゃない。
     ただ一人で本を読みたい、誰にも邪魔されずに。したいのはそれだけ。
     でも、せっかく近くに来ているのだから、ということで、県立美術館に行く。
     熊谷守一展を見るためである。
     福音館の幼児絵本「0・1・2」の月刊誌バックナンバーで「はじまるよ」
     という、モリ氏の絵(猫とか、亀とか、クマンバチとか蟻とかetc.)をふんだんに
     使った贅沢な号があって、それは手元にある。一回絵本整理をして、売ったり
     あげたり捨てたりしかけた時期があって、その時一度その「はじまるよ」を
     売ろうとしたのだが、やっぱりやめた。なんかこの絵好き、そう思ったから。
     この方は、洋画家である。日本画も描いているけれど、本質は洋画だ。
     個人なのである。個が見える。後期の作品の、女の顔を描いた絵などは
     ほとんどピカソだ。幾何学的なセンスはクレーかカンデンスキー。
     音楽に興味があって、バイオリンも弾く辺りは、長生きした宮沢賢治か?
     展示されていた絵の中で一番好きなのは「ヤキバノカエリ」。
     絵はがきにはなかったので、北陸中日新聞に載っていたのを切り抜いた。

     そうだ、長生きしよう。50過ぎから運が開ける、その道で実績を残す方
     はたくさん(でもないけど)いる。モリ氏しかり、白川静しかり。
     自分の好きなことをわき目もふらず(ふってばかりだなぁ。。)、
     他人からの評判や噂など耳にもいれず、いいのだ、やりたいことをやろう。

     タブレットをつなぎたくて、フリーのWi-Fiスポットを探しに、
     県立図書館に駆け込むが、県立図書館ではできないみたいで、
     金沢市のフリースポットマップを渡される。一番近い場所は
     (県立図書館後ろの)中村記念美術館(?固有名詞不確実)であった。
     公園のベンチに座って、なんとかつなぐ。スマホっ子じゃないので(未だ
     ガラケー、さすがに4Gにはしたけど)。もうこれ以上他人とつながらなくても
     いいです。Leave me Alone, Keep me Free.

84日間魚が釣れなくて、でも海に出た『老人と海』の老人になった気分の日。
     月刊コミック「Flowers」の最新号の「ミステリというなかれ」に、
    『老人と海』(ヘミングウェイの)からの言葉が引用されていたので、
     読みたくなって読んだ。CEOに貸していたのだった。枕元本棚から奪取。


# by iwashido | 2021-03-03 09:21 | 読書日記 | Comments(0)

うちのロバさん。

2月某日 片付けられない女でも、片付けられないままに人生を始めよう。
     いや、もうとっくの昔に始まっているし。
     『片付けられない女たち』(WAVE出版/サリ・ソルデン著/ニキリンコ訳)
     を読んでいると、すっきりする。まさに自分のことだなぁ、と思う。

    先日までシネモンドで、ブレッソン特集をやっていて、『バルタザールどこに行く』
    か『少女ムシェット』のどちらかを見たかったのだが、かなわなかった。
    しかし、我が家のビデオライブラリー(CEOのね)の中に、なんと、
    『バルタザール・・』(BSシネマの録画)があるではありませんか。
    というわけで、午前中は映画観賞タイム。また片付けが遅れてしまう。
    いいの、2月はゆっくり休むんだから。春に向けて充電中なのです。

    先日見た「異端の鳥」に通ずる、過酷感。青少年の曖昧さ、善悪の混在。
    ロバのシルベスターならぬ、バルタザールが、哀しい。サーカス小屋で
    他の動物と交換しあう眼差しや鳴き声。ブレッソンて、何者??
    
    西洋哲学史を叙実詩のように語ることができれば、と書いたのはウィト様だが、
    日本の歴史はまさに叙実されているのでは(平家物語とかさー)。
    進歩・発展・目的的ではない、その都度の真実が時代時代にあっただろう。
    残念ながら日本には通奏する「哲学」というのはない、哲学自体が西洋の
    概念だから。日本にあるのは何? だからあんまり「数値目標」を目指すのは
    好きではないかな。今日は風が強い。
    支離滅裂だけど、うちの本読むロバさんは、バルタザールでしょ、きっと。

# by iwashido | 2021-02-20 11:38 | ロゴス&LOGOS | Comments(0)

Ms.LOGOS's once or twice a month Used Book Store
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31