ブログトップ

LOGOSさんの月に1,2回古書店

子ツバメ、飛ぶ。

今日の朝、納屋にゴミだし行ったら、なんだかにぎやかしい。

ツピー、ツッッピー、ピーヨ、ツピーッー♪

「新月いわし洞」HPトップの写真にある、子ツバメちゃんたちが、飛ぶ練習をしておりました。
私たち人間にとっては、何の代わり映えも感じないような平板な日々ですら、彼等子ツバメにとっては、一日一日が進歩と成長の日々だったわけです。

まだ2羽ほど、巣の中から外をのぞくだけの晩熟組がいましたが、きっと明日には元気に飛び回っていることでしょう。

いつもながら、この情景には感動させられます。
今週も元気に頑張ろう~、と思えた月曜の朝でした。
[PR]
# by iwashido | 2007-06-04 12:00 | 季節のできごと | Comments(0)

走ること、もしくは書くことの原点

 『風が強く吹いている』(三浦しをん・新潮社)を読む。まったく無名の大学陸上部が、箱根駅伝に挑むというお話。『一瞬の風になれ』が高校陸上の短距離を描いた作品だとするなら、こちらは大学陸上部の長距離、しかも駅伝に限った、それがまた人間ドラマになっている作品。

 秒単位で結果が出てしまう短距離に比べて、1時間以上走り続ける長距離は、走っている最中に登場人物が内面を見つめたり過去を回想したり出来る。ましてや舞台は箱根駅伝、お正月の一大イベントをその選考過程からじっくり取材して書いたのだなあというのがよくわかる。
 走るってなんだろう、なぜ走るんだろう。高校時代に故障したり事件を起こしたりしてすんなりと大学で陸上を始められなかった二人を主軸に、竹青荘に10人が揃ったという奇跡がすべての始まりとなる。「速さ」だけをきそうのではなく「強さ」を競う駅伝。走ることの意味は一人ひとり違っていい。一番になれなくたって、マンガおたくだって、双子だって、外国人留学生だって、誰だって走ることはできる。それぞれの独白を、「走る」=「書く」におきかえて心に刻み込む。
 『長距離ランナーの孤独』を読み返してみたくなりました。
[PR]
# by iwashido | 2007-05-29 09:14 | 読書日記 | Comments(0)

大島弓子が小説を書いたような・・・

 『三年身籠る』(唯野未歩子・マガジンハウス)を読む。妊娠がテーマの小説は数多あれど、これはちょっと凄い。妊娠期間3年という設定はフィクションという世界を思い切り使った自由なイマジネーションにあふれている。女優でもある作者は、この作品を映画化し、監督もつとめている。本谷有希子しかり、舞台や映画の世界の才能に侵食されつつある文学界なのかな?

 それはともかく、赤ん坊をできるだけ自然に産みたい、予定日が来たからといって帝王切開などしたくない、と思うのはありがちで、現実の世界では自然分娩とか助産院とかそういう施設にすり寄って行くことになるけれど、この小説世界では赤ん坊はそのまま母体の中で成長し、外の世界(主に母親)とのコミュニケーションも始まっている。こんなことありえない、と切って捨てることは簡単だが、そうさせない登場人物の造詣のうまさは役者ならではのリアリティだろうか。伏線として全編をつらぬく姉と妹の葛藤はクライマックスである事件を引き起こすに至り、ラストまで気が抜けない。

 緑子(妹)は「私は子どもは産まない」と決意するけれども、姉から生まれてきた子どもに彼女が贈る言葉は大島弓子の「バナナブレッドのプディング」を連想させるよう。WOWWOWでやっている映画もちょっと見てみたいなと思いました。
[PR]
# by iwashido | 2007-05-28 09:01 | 読書日記 | Comments(2)

有川ワールドにはまってしまった・・・

有川浩の図書館3部作、読了。
最初はこの作者のことをまったく知らず、ただ読んでいたので
すでに『図書館戦争』のメイン事件がなんだったか覚えていない部分もある。
『図書館内乱』より先に『図書館危機』が来てしまったので
とまどったけど、結局は順序通りの読み終えた(戦争→内乱→危機、だよね?)。
郁みたいに運動神経も体格もよくないけど、性格は似てる部分もあり。
ってーか、外見的には仲間ですね、きっと。
惜しむらくは私には柴崎のような良き友がいなかったことかな。。。

すべては本屋の立ち読み&図書館からの貸し出しでまかなってしまったが、
『クジラの彼』で作者の有事向きLove,の世界の面白さがわかってきて、
今日借りてきたのは『海の底』。
こうなれば『空の中』も読むしかないでしょう!!

まったく偶然に図書館の棚で見つけてしまった『レインツリーの国から』だったっけ、『レインツリーの国より』だったっけ、それとも言い切りだっけか?
とにかく、幼いといわれてしまうかもしれないけど
こういうノベルズ系の作品にはまるとは自分でも思わなかったのだけど。
それぞれの作品で必ず1箇所以上は、私にとって胸キュンシーンがあるのだったりする・・。

作者が楽しみながら書いていることが伝わってくる有川ワールドなのでした。
[PR]
# by iwashido | 2007-05-23 21:59 | 読書日記 | Comments(1)

本に呼ばれたのかも?

連休も終わってしまった。暦どおりの四連休も、終わってしまえばあっという間で。

田植えの手伝いをするべき日と、フリーマーケットの日が重なり、
当然のようにフリマに行った。
だってこれは前からのお約束だったし。

その前日は家族で金沢に行った。
スタバでお茶したり、本屋をブラブラ、そして帰りは子どものためにデポに寄るという、いつものお約束コース。
その本屋で、思わぬ本との出会いがあった。
『文藝ガーリッシュ~素敵な本に選ばれたくて。』(千野帽子・河出書房新社)。
このタイトルの文芸批評を、昨年の北陸中日新聞の夕刊で偶然見かけてから、
図書館でバックナンバーを出来るだけ探して、書名を書き写したり、複写(コピー)を取らせてもたったりもした。それがこんな形で本になっていたなんて!
思わずほおずりしたくなるような嬉しさであった。

”志は高く、心は狭く。”

「ボーイッシュ」の対概念になるのかしら、「ガーリッシュ」。
文藝作品を読み解く新しいキーワードだと思います。
[PR]
# by iwashido | 2007-05-07 15:18 | 読書日記 | Comments(3)

シリーズ読破中。

昨日の余震(午後8時44分頃)、けっこう揺れましたね(^^;
輪島ではもっと揺れたのかと思うと・・・
気象庁HPを見ていると、地震は日本各地で毎日のように起こっていることがよくわかります。
さすがは地震大国、日本。

ところで連休も後半ですが、まだコタツがしまえない、寒がりないわし猫です。
部屋を片付けたり、新聞切り抜きをスクラップしたり、
あさってのフリーマーケット出店の準備をしたりしたいのですが、
図書館から借りてきた本を読んでいると時間がすぐに過ぎてしまいます。

先日読んだ『一瞬の風になれ』(3冊本)の次は『獣の奏者』は上下本。
上橋菜穂子さんの新作です。版元は講談社です。いや~これは面白いですね。
おススメです。

それからやっと市立図書館にシリーズ3冊揃った「図書館戦争」の残り2冊。
『図書館内乱』と『図書館危機』(有川浩・メディアワークス)。
冒頭の「図書館の自由に関する宣言」を見てしまうと、一見シリアスなテーマ本? と思いきや、本質はラブコメで。一気に読むにはボリュームがありすぎる、と思っていたら横から同じ著者の手になる『クジラの彼』(有川浩・角川書店)が目に入ってこちらを一気読み。
自衛官のインタビュー等に基づいた事実をネタにした(?)もちろんフィクションのバイアスありのラブコメです。有事向きの自衛官と平時向きの自衛官がいるなんて、知りませんでした~
川原泉の初期作品にも自衛官恋愛物がありましたね、そういえば。
考えるという意味では、憲法記念日に読むにふさわしいかも~?!
「クジラの彼」、「ファイターパイロットの君」、いいです。
同著者の『海の底』を読んでみたくなった、いわし猫inコタツ状態、でした!
[PR]
# by iwashido | 2007-05-03 11:16 | 読書日記 | Comments(0)

連休は田植えの季節。

ゴールデンウィークですね。
とはいえ、我が家は遠出の計画もなく、カレンダーどおりに
子供は学校へ行き、私も仕事へ行きで、普段とあまり変わりません。
ただ、5月上旬には田植えをするので、そのための準備にダンナが忙しく働いています。

今年作るのは昔サイズの小さい田んぼが3枚で、
この大きさの田んぼを作るのは今年が最後です。
というのも、いま集落では、用水設備の入れ替えを兼ねて
3年がかりの耕地整理が着工されており、私たちの田んぼは
来年工事に取り掛かることになりました。
そんな訳で、今年の作業を年間通して「写真に残そうプロジェクト」を
ダンナが提案し、私が写真係りとあいなりました。
(とはいえフィルムカメラで撮っているので画像UPは今は無理です・・)

c0107612_835094.jpg

小さい耕運機で田んぼを耕し、水を入れて再び縦横2回耕し、肥料を入れて数日置き、稲の生育状態を見ながら田植えとなります。
今の大きさだから、年を取ったご夫婦がゆっくりゆっくり作業をすることが可能ですが、この2倍もしくは3倍の大きさになる、耕地整理後の田んぼではなかなかそういう詩的な光景は見られなくなってしまうかもしれません。
私たちのうちだって、どうするのか、まだわかりません。
基本的に農作業はこれ以上効率や大型化を求めてしまってはいけないのではないか、と思うのですが・・・。 よくわかんないけど・・・。
(この写真は近所のおじさんです。うちのダンナではありません。)
[PR]
# by iwashido | 2007-05-01 08:38 | 季節のできごと | Comments(0)

一瞬の風を感じて

 『一瞬の風になれ①(イチニツイテ)②(ヨウイ)③(ドン)』佐藤多佳子・講談社 を読了。図書館に行ったらたまたま新刊棚に入っているのを見つけて、①を読み出した翌日頃にこの本が今年の「本屋大賞」に選ばれたと報道され、熱につかれたように一気に読んでしまった。

 陸上競技の、そのもっとも象徴的な競技、ショートスプリントの100メートルと、4×100メートルリレーの厳しさと美しさが、二人の高校生を中心に展開する人間関係の魅力とあいまって、読んだ後暖かい毛布にくるまれているような心地よさを感じられる仕上がりになっている。

 ちょっと前に読んだ『DIVE!』に比べれば、あれほど派手な構成ではない印象があるが、そのことは決して本書の魅力を損なわせてはいない。高校生の日常を丁寧に描くことで、ラストの100メートル決勝とリレー決勝の場面がクロースアップされる訳だ。今年の中学校の部活で、陸上部に人気が集まっているそうだが、この本と無縁ではないのかも・・・なんて考えたくなる。
[PR]
# by iwashido | 2007-04-27 09:05 | Comments(0)

輪島へ行ってきました

今頃になってインフルエンザが流行っています。
上の子の通う中学校が、2日続けて学年閉鎖になって部活もなくて、
平日家でゴロゴロしていたので、輪島の本屋連れて行きました。

海沿いの249号の、曽々木のトンネルが通行止めというので、
八太郎峠経由で町野町鈴屋へ出て、そこから海沿いのいつもの道。
ところどころ、道路を補修した痕もあり、地震の爪あとを感じました。
輪島に近づくにつれ、片側交互通行(信号機あり)があったり、
黄色いテープの張られた建物があったり・・・

まだ一ヶ月たってないんだもんね。
でも、能登は元気に営業中! って感じのところもたくさん。

本屋で、子供には朝読書用に読みたい、って言ってた
海外翻訳ものの冒険小説(名前忘れた)を買ってやり、
自分は河出文庫の『須賀敦子全集第7巻』を買いました。
須賀敦子の文筆の原点というべき「どんぐりのたわごと」が載ってたので。

能登有料道路も横田まで開通したようです。
怖がらずに能登に遊びに来てください。
c0107612_9121639.jpg

[PR]
# by iwashido | 2007-04-21 09:23 | 読書日記 | Comments(0)

週末の事情。

誰だって多かれ少なかれそういう傾向はあると思うけど、
私はあんまり外出や会合の予定が続くと、疲弊というか消耗する。
最近は家族内でのトータルなバランスまで考えてしまうし、
本来的な気質として決して外交的ではないので、
人の集まる場所はどちらかといえば苦手なのである。

土曜日の朝7時に集合して、少年サッカーチームの引率をして
内灘まで出かける予定があるだけで、
その前日夜のイベントに出かけられなくなってしまった。
家族内にインフルエンザもどきの風邪が流行かけてたせいもある。
あんまりよく知らない人たちに会う気力がなかった。

そのサッカーですら、私がどうしてもいかなければならない、
という訳でもなかったのだけど、今珠洲のチームは、
単独で試合に出れるだけの人数がおらず、
お隣の能登町のチームと合同で試合に出ることになっているので、
以前からの事情を知っている私が、謂わば調整役を仰せつかっている。
今頃になってインフルエンザが蔓延して、急に5年生のキーパー君が
欠席してしまった、という事情もあるし・・・。

でもあんまりなんでも一人で抱え込まないで
出来ることは保護者会メンバーに少しずつ振り分けていこうと思う。
この少年サッカーチームが長く続いていけるように。
[PR]
# by iwashido | 2007-04-16 09:23 | サッカーのこと。 | Comments(2)

うめめの目。

柳田小学校の近くにある、柳田教養文化会館(だったっけ?)で、
4月14日まで面白い写真展をやっています。

旧柳田村出身の女の子、梅佳代さんの写真展「うめめ」。
同名の写真集がとっても評判がよく、
「情熱大陸」にも取り上げられたそう(見逃した(><))。

初めはちょっと、半信半疑だったけど、
実物を手にして、納得。
なんか、この感覚は・・・あれですよ、あれ。
「NHKピタゴラスイッチ・ミニ」に出てくる、あのへんなお兄さん。
子供たちが「あれ~またいる~」とか言って近づくと、
お兄さんが「亀を洗う」真似をしてたり、
滑り台で「流しそうめん」を実演したり、
「信号機」を擬態したりしているあの感覚。

あんな感じの、八として、プッと噴出す笑いがいっぱい。
写真って、もっと自由でいいんだ。

私が好きだな、と思ったのは、写真展ではおじいちゃんの写真、
写真集ではカブトムシを手にした夏の少年の写真かな。
「大人になったらリスになりたい」と書かれたの飾りも大好きです。
[PR]
# by iwashido | 2007-04-11 13:08 | 読書日記 | Comments(0)

桜前線接近中。

ラジオから、「東京の桜は葉桜で・・・」という言葉が聞こえる今日この頃。

奥能登では、ようやく桜のつぼみがほころび始めている。

c0107612_2154965.jpg


暖かかった冬の後にやってきた、寒かった春3月。
挙句の果てに3月25日には能登半島地震発生。
もうこのまま春なんて永遠に来ないのではないかとさえ思ったけれど、
やっぱり桜は蕾から開花へ向かい、ウグイスは鳴き、
ツバメは巣を作りにやってきた。

犬の散歩に行くのが、ほんの少し楽しいと思えるのは、
この数ヶ月だけなんだけどね。

c0107612_2110164.jpg

[PR]
# by iwashido | 2007-04-09 21:12 | 季節のできごと | Comments(0)

「きくち眼」も読みたいぞ。

『やまだ眼』(山田一成・佐藤雅彦/毎日新聞社)を衝動買い。

山田さんというのは、「いつもここから」というユニットの一人で、
NHK教育テレビの「ピタゴラスイッチ」で、「アルゴリズム体操」とか、
「アルゴリズム行進」をやっている人。
髪の毛がちょっとパンク(?)っぽい方の人です。
(ものすごくやせているのが、相方の菊地さん。)

佐藤雅彦さんは、言わずと知れた「だんご三兄弟」とかの生みの親で、
(ピタゴラスイッチももちろん!)今では大学に研究室まである。

私はあんまりお笑い番組とか見ないんで、この「いつもここから」の二人が
どういうノリのお笑いユニットなのか知らないのですが、
アルゴリズム行進とアルゴリズム体操の大ファンです(CDも買いました)。

毎日新聞の夕刊に、隔週くらいで連載されていたコラムの集大成ですが、
この人けっこう私と近い感覚持ってるかも~と再確認してしまうコメント多数。

「電話に出てほしいからかけてるんだけど、
相手が出なかったら
何かホッとする時がある。」(P.16)

「知り合いの家の前を通ると
別に用はないけど
部屋の明かりを確かめる。」(P.68)

「自分で書いた漢字、間違ってないのに、
その字に見えない事がある。」(P.14)

見開き左側にさりげなくある佐藤氏の解説も的確である。

佐藤氏にぜひ今度「きくち眼」もプロデュースしてほしいものです。
[PR]
# by iwashido | 2007-03-31 14:51 | 読書日記 | Comments(0)

地震、その後。

能登半島地震から5日たちました。
その後も震度4~5の余震が数回あって、「揺れること」に敏感になってます。

本当に幸いなことに、いわし猫の住んでいる区域では、
灯篭がたおれたり、食器がわれたり、ちょっと家の壁にヒビが入ったとか、
その程度の被害ですんでいます。ライフラインも特に問題はなくて。

しかし、ちょっと離れた地区や、輪島や門前、穴水の被害状況が
だんだんわかってきて、また道路もところどころ寸断されていて、
やっぱりこれは非常事態である、という認識に達しています。
能登有料道路が使えない間は、出来るだけ遠出はしないようにして・・・。

穴水町の様子は「能登の手」さんのブログでご覧ください。
「能登の手」さんのブログ

数週間前に、フットサルの練習試合に行った輪島の体育館が、
非難物資の置き場所になっている映像をテレビで見て、
ちょっとショックでした。

本当に能登のことを心配してくださるなら、
少し落ち着いた頃(ゴールデンウィークには有料道路も仮復旧の予定)、
輪島や和倉温泉にぜひ観光に来ていただきたいです・・・。
[PR]
# by iwashido | 2007-03-30 13:37 | 朔のつぶやき | Comments(0)

地震です・・・。

この辺では大丈夫、と思っていた「地震」。
昨日の朝の揺れにはびっくり!

コタツに入ってコーヒーを飲み、寝坊してやっと起きてきた中一の息子を
横目で見ながら事務仕事をしていたら・・・グラッというか、ゆらっというか、
けっこう激しく揺れました~しかもわりと長くて(午前9時42分)。
阪神淡路大震災の朝の揺れ(当時金沢で感じた)よりも、
大揺れでした。やっぱり怖かったかも~!?!
壁に固定していなかったCDラックとスチール本棚から本がおちて
私のいた部屋は結構散乱状態に。
でも水道やガスに不都合はなく、電気はちょっと停電したけど午前中だったし、
電話はかかりにくい状態が続いたけどメールはオッケーだったし、
まあ比較的すぐノーマルモードに戻った人が多かった珠洲でした。

だって私は中止されると思っていた、その日の午後からの
子どものピアノ発表会、30分遅れで決行されたんだも~ん!
海に近いホールで、大津波でも来たらどうするつもりだったのかなぁ・・。
一人だけ、この地震でショックを受け、発表会を欠席した子がいたそうだけど、
その子の反応のほうが、私としては普通だと思うなあ・・・。
ほかはみんな鈍感すぎ(うちの娘も含む)、って言ったら言い過ぎ??

テレビで放送されているのは、輪島や門前で、それに比べれば
珠洲はほとんど無傷です。能登有料が一部通行止めなので、
コンビニとかに、お弁当が品薄状態ではあるようですが。
それと珠洲といっても外浦(仁江~真浦)はひどい様子ですが。

その後余震も続いていたようです。夕方の6時ごろと、翌朝(今日)
7時半頃と、さっき3時頃あった余震がまた震度4~5近くて、
私はけっこう怖いなあと思っていますが・・・。
子どもは二人とも外へ(友だちのところへ)遊びに行きました。
たくましいですね・・・・。

それにしても、心配して電話を下さったTさんやMさんやKさん、
メールで安否を気づかってくれたSさんやIさんやNさんやその他多くの方々、
本当にありがとうでした♪
中越地震のことを思い出しつつ、少し注意しながら過ごします・・・。
[PR]
# by iwashido | 2007-03-26 15:35 | 朔のつぶやき | Comments(2)

Ms.LOGOS's once or twice a month Used Book Store
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30