人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

古本LOGOS 「彼岸の古本屋」ときどき日記。

如月と 弥生のカーブに 魔が潜む。

3月某日  今日は旧暦如月朔日。雛まつりはあと一ヶ月はOK(旧暦信者には)。  
      玄関の梅の花が咲いた。下駄箱の上に無造作に生けてある花枝。 
      日も伸びてきたし、春は確実に近づいている。 
      昨日はフキノトウの天ぷらをお腹いっぱい食べました。 
      きょうは、もらったイワシとカジメで食卓万歳。    
      月末にあるアクシデントを起こし、別に命に別状はないし   
      自分以外ほとんど誰にも迷惑をかけてはいないはずだが、  
        これは何を意味するのか、考えてみた。   
 
      ある人曰く「新しいものが生まれる前には、古いものは破壊される」、
      ある人は「身代わりになってくれた」、   
      ある人は「ばあばちゃんが守ってくれたんだよ。。。」。   
      どれも当たっているようででも腑に落ちない。  
      私が思うには「そっちにいくな」「行きたい方向はどこか考えて」 
     「ちょっと休養必要」かな・・・。     
      金曜日交換会と補充、土曜日買取でLOGOS、日曜日えー市と、  
      ちょっと疲れていたのは事実。最近の生活態度、何様モード。  
 
      四九日が終わるまでは大人しく過ごします。   
      LOGOSの方向性については、再検討が必要な時期な気もする。 
      春ってやーね。曙どころじゃないわよ!      
      もうちょっと、冬でいてくれてもいいじゃなーい??

# by iwashido | 2022-03-03 17:48 | ロゴス&LOGOS | Comments(0)

久々に読書タイム。

2月某日 まだ雪降る。車出すために除雪が必要なレベル。
     四駆ならここまで神経質にはならないが、そうではない車なので。
     確定申告の書類もなんとか仕上げたし、やっと2022年モードに。
     片付けもなかなか進まないが、忘れていた「PR誌ちくま」2月号
     をやっと読む。もうすぐ3月号が届くだろう。連載では
    「母は死ねない」(河合香織)、「最果からお届けします。」(最果タヒ)
    「吉本隆明2019」(鹿島茂)、「敗者としての東京」(吉見俊哉)等
     に興味深いポイントがある。今度大きな書店に行ったら新刊を
     探そうと思う本が何冊かある。買うかどうかはわからないけど。

     Am・‥で本を買わなくなって久しい。かといって近くの本屋で
     買うかというとそうでもなくて、金沢行った時立ち寄る書店で買う
     ことが多いかな。娘はM…で売ったり買ったりしている模様。
     スマホじゃない私には遠い世界、でもそのうちそうなるのかな。
     でも、町で唯一の総合ショッピングセンターの中には、小さな
     書店があって、総合カウンターと、衣料品のレジを兼ねて
     週刊誌・漫画雑誌・数独パズル雑誌などと共に文庫単行本も
     ちょっとある。そこで主に月刊漫画雑誌を立ち読みするのだが、
     申し訳ないので時々は本を買うようにしている。主にコミックだけど。
     今日は久々に掘り出し物の漫画を発見。
     「ちはやふる」か吉田秋生の新刊か、、と迷ったところに飛び込んだ
     「海が走るエンドロール」(たらちねジョン/秋田書店)1巻。
     
     「65歳、映画はじめます」というオビの引き文章に釘付け。
      ビニールパックしてあるから中身は読まずの一発勝負。
      年齢と、目標をちょっと変えれば自分にも当てはまる?
      「5×歳、文学はじめます」ですか?「哲学」かしらん。
      夫を亡くして日も浅い主人公65歳のうみ子さんが、
      映画館で出会ったある学生(造形大学の映像科)との関わりの
      中で「(うみ子さんも)映画作りたい側(こっち側)じゃないの?」
      と問われ、それに気がついて、娘の理解・金銭的にも問題なく
      造形大学に入学するのだ。スマホで誰もが簡単に映像を撮れる
      時代に、それでもやはり「映画」は特別なものとしてある。
      
      迷わず、いや少しは迷ったかもしれないけど、日常の中から
      「映像」へとつながる感じが(都会ならではだけど)新鮮。
      何歳になっても人ははじめることができる。
      才能とか他人の評価とかウケとかアクセス数ではなくて
      やるかやらないか、それだけだということが良くわかる。
      続きが楽しみ。2巻が出るのを待ちましょう。



# by iwashido | 2022-02-23 21:36 | 最果にて。 | Comments(0)

デジタルテクノロジーから遠く離れて。

2月某日 雪。思ったよりは降雪量は少ない(とはいえ20センチ強)。
    遠出は控え、毎週定例「読み聞かせ」だけ出かける。それさえヒヤヒヤ。
    本当に、仕事できるような状態ではない。それ以前の問題。
    地面が沈み込むような、カオス一歩手前の我が部屋。
    どれだけ片付けても片付かないのは、方法を知らない、もしくは
    認識を間違えている。
    時々声をかけてもらって、外へ引っ張り出してくれる古本屋仲間に
    感謝感謝。そういうつながりがなければ、とっくに沈没している。

    2月14日から、「うつのみや書店上林店」(野々市イオンタウンの近く)
    で、古本催事に1ワゴンですが出店させていただいています。
    本は時々補充・入れ替えに行く予定です。精算は、書店レジにて。
    他には加能屋書店さんがガッツリ本格的な古書・郷土資料などを、
    ビートマニアさんが音楽関係本・映画パンフレットなどを、
    古本LOGOSは相変わらずのマイペース・郷土から文芸・児童書・芸術新潮
    など雑多な棚です。見方によっては掘り出し物があるかもしれません。
  
    3月からは、東急スクエア4F、シネモンドの隣(カメラの北村だった所)
    で「ヴィンテージマーケット」と称した中古レコード・古書・雑貨の
    特設市が5月末頃まで開催されます。LOGOSは4月から参戦します。
    中古レコードはピーチパーティさんや、レコードジャングルさん他、
    古書はオヨヨ書林、あうん堂本舗、近八書店さんや我ら一箱古本隊有志
    など。雑貨のお店も出店されるとか。
    シネモンドにいくついで、サイゼリアに行くついでに是非ご覧ください。
    全く資本主義から脱却できませんが、こういうのもワクワクする。
    狩猟本能? どのみち経費クリアーが目標なので、自給自足と
    そう変わらんのですがね。。本を売って何が悪い?
    私は本をお金を出して買うこと・売ることは必要な行為だと思う。
    図書館の本には目に見えない鎖がついていることを、お忘れなく。
    (もちろん私だって利用しますよ、図書館。。。)
デジタルテクノロジーから遠く離れて。_c0107612_11070817.jpeg

# by iwashido | 2022-02-18 11:08 | ロゴス&LOGOS | Comments(0)

2月中の営業につきまして。

2月某日  金沢在住時代からの知人夫妻来訪。
      たくさん本を持ち込んでいただく。大先輩に教えられた
      買取フォーマット票を頼りに分類し、冊数を数え、ジャンル毎に査定。
      「分ける」ことが「解る」ことに通じるのだと実感。
      件の知人夫妻は主に農業(無農薬系)をされているので、
      農繁期は出かけられないということで、真冬の奥能登来訪。
      勇気あるなぁ。LOGOSでもたくさん本を買っていただく。
      大した本もないのに、たまたまツボにハマったのか、新刊も含め
      「いい本がありますね」と言われてもこそばゆい。
      本の趣味(指向する傾向)が似ているのでしょう。。
   
      2月中旬から、3月、4月末とイベントや催事のお誘いが続々。
      出かけるだけで一仕事であるが、それはもう「旅行」と割り切って
      楽しんで仕事をしよう。

      諸般の事情により、2月中はご予約者のみの店舗対応となります。
     (コロナ感染予防、催事準備優先のため。)
      インターネット販売は通常通り(主に「日本の古本屋」サイト)
      行っております。

      まだまだ寒い日が続きます。皆さんもどうかお気を付けください。
2月中の営業につきまして。_c0107612_09524589.jpeg

# by iwashido | 2022-02-10 09:53 | ロゴス&LOGOS | Comments(0)

節分と立春。

2月某日 今年は旧暦新年が2月1日ということで、非常にわかりやすい。
     月遅れ正月、2月正月の風習は奥能登で、義母世代には普通の感覚
     のようで、1月末似合わせて餅をついていた(餅つき機です)。
     なので旧暦元日の夜には雑煮をしていただきました。

     物事が急速に変化し始めている。行きたい方へ軌道修正してくれるかの
     ような力が動いている。たくさんの気づきをもらった、
     こうなりたい、もしくはああはなりたくない、
     もしくは自分の態度の曖昧さがもたらす危機、
     のような事態を見せてもらった。仕切り直すために必要な時間。

     溜め込んだものや感情を解放しよう。
     娘は突然「断捨離しよー」と言って押し入れから不用品を出し
     リサイクルショップに持ち込むと決めて実行した。 
     たとえ「全部で300円です」とか言われても落ち込むなよー
     と伝えておいた。次はわたしの番ですか? 

     朝ドラ「Come Come Everybody」が大阪編になって
     深津絵里とオダギリジョーの回になってから録画しだした
     家人の、HDDに溜め込んだモノを一気見。海のシーンはいいね。
     トミーの失恋確定のさりげなく挿入される一瞬とか。
     自分の本棚を大大断捨離して、全部売るのだー。
     それができたら再起動できるかもしれない。本当かなー??

     そんな訳で今日は節分。節が変わりますね。
節分と立春。_c0107612_11074231.jpeg


     
     

# by iwashido | 2022-02-03 09:07 | 季節のできごと | Comments(0)

Ms.LOGOS's once or twice a month Used Book Store
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31