ブログトップ

LOGOSさんの月に1,2回古書店

新月の日のできごと。

今日、ママンが死んだ。で始まるのはカミュの「異邦人」だけど、
それに倣えば「昨日、我が犬が死んだ」。
厳密には今日じゃない。直近の新月の日。
厳密には私の犬じゃない、家族の犬で、ダンナの犬みたいなもんだった。

別にそんなに仲良かったわけじゃないし、私は明らかに猫派だし、
無駄吠えはするし、人(家族だけど)は噛むし、困ったやつではあった。
でも、最後、いろいろあって、最低限尊厳のある最期を迎えられたのは
せめてもの幸い。義母に看取られて息を引き取った(私たちは仕事の時間帯)。

犬にオムツ? 犬に病院? 犬に薬? という疑問符を乗り越えて
そういう対処行動をとれるのはこの家では私しかいないんだな。
(なにせ考え方が昭和というか、古いタイプなので・・)
週一回の獣医がやっている木曜日に、薬を取りに土曜日に、
そして最後の週末を一番仲良しだった息子と過ごせたのは良かったんだろう。

もう少し早く気付けば、もう少し早く手を打っていれば・・
そう思わないこともない。まさかここがアジアのインドで、
もしくは宇宙外生命体のエイリアンを彷彿させる事態になるとは思わなかったさ。
インドも、大気圏外も、平安時代も同一平面上にあったような一週間だった。
数えで17歳、イヌでいえば大往生、寿命だろうと誰もが言う。

埋葬するまで丸一日、車庫で仮葬儀? のような状態あったんだけど
少しだけ線香もあげられたし(匂い消し)、
庭にあった椿の花も供えたし、
平家物語の朗読CDをかけて弔った。

猫に小判、犬に祇園精舎、ってな感じ??

葬式とは所詮送る側の自己満足。
私が死んだら古い本を薪にして、河原か浜辺で火葬してくれ。
今の日本じゃNGなんだろーけどね。

生と死の意味を考えよ。そしてそれを物語にしろ。
そんなふうに言われたような気がする。
ポチ、ありがとね。









[PR]
# by iwashido | 2017-04-29 16:38 | 朔のつぶやき | Comments(1)

人生リセット!! 何度でも、今からでも。

桜きれい~
ささくれた心に一瞬のうるおいをもらえる。

一杯のお茶が、行き詰った考えにやすらぎを与えてくれる。

どこもコスト削減・効率重視で、現場はもうギリギリのところで回っている。
若い人をゆっくり育てている余裕なんてない。
安易なIT化が結局、情報を阻害させてしまっている現状に気づかないまま。

今日、自分のある発言をきっかけに、自分がいかに現状に納得していないか
に改めて気づかされた。
ああ、そうなのだ、私は結局ここ(場所・立場)の人間ではない。
誰かが自分の期待に背いたからとなじるようなことを
私も過去においてやり遂げてきたのだ。周囲の期待など、ものの見事に無視して。

教育とは結局、種(子どもたち? 可能性?)を遠くまで飛ばすこと。
自分ではたどり着けなかったどこかへ、彼らならたどりつけるはず、と信じて。
私たち大人にできることは?
それぞれ違うのだろうけど、私にできることはなんだ?

ライ麦畑から落ちそうな子どもを、少しでも捕まえることができるなら。

[PR]
# by iwashido | 2017-04-15 00:56 | Comments(0)

金沢で一箱古本市。

3月19日(日)、金沢市笠市町の紙谷漁網店(金澤町屋)にて、
今年の一箱古本市がはじまりま~す。

LOGOSも参加します(19日のみ)。

イベントは、20日(祝)にも同じ場所で開催されます(10時~16時)。

今年はどんな展開になりますやら。

<BOOKS&CAFE ヒトハコ>

 金沢市内の町家でおこなわれる小さなブックイベント一箱古本市@金澤町家の会場で限定オープンするのは、「BOOKS&CAFEヒトハコ」です。
 本屋さんたちによる新刊・古本・ペーパーグッズはもちろんのこと、焼きたてのパンやどら焼き、ジャム、そして美味しい珈琲をご用意してお待ちいたします。
 休日の二日間、一箱古本市とあわせてゆっくりとお過ごしください。

1 日 時  3月19日(日)、20日(月・祝)の両日  10時~16時
2 会 場  紙谷(カミヤ)漁網店(笠市町10-1) 1F土間
3 出店者(順不動) 

   ■ BOOKS&GOODS

    * あうん堂/オヨヨ書林せせらぎ通り店(古本)
    * NYANCAFE-BOOKS/古本LOGOS(古本)
    * 石引パブリック(リトルプレス、新刊本)
    * Have a Nice Book!(切り絵クラフト、書籍)
    * 金沢ミステリ倶楽部(書籍)
    * ハコヲツム(紙箱)
    * ma-ru印(木工クラフト)

   ■ COFFEE&BAKERY
    
    * 金沢小町(コッペパン)→ 両日11時からの販売です
    * こまつ町家文庫(書籍、文学ジャム)  
    * つづらのわがし(どら焼き屋台)→ 19日14時のみの販売です
    * NYANCAFE-BOOKS(珈琲、スープ)
    * 鍬掘りれんこん松本(小坂蓮根)
 



[PR]
# by iwashido | 2017-03-12 13:52 | ロゴス&LOGOS | Comments(0)

二人で二箱古本市。

2月26日(日)、BOOKRIUM+LOGOSの「二人で二箱古本市」をします。
場所は、飯田商店街の、English Cafeにて。
ゆるやかに曲りカーブになっている、郵便ポストのある、大運寺の隣です。

時間は10時スタートを目標!(もう少し早くから店内にいると思うけど)
当日は「珠洲食祭りまるかじり」イベントの日。
わくわく広場や、春日通りはテントが並びにぎやかでしょう(商店街は??)。

ちょっとは掘り出し物の本もあるかもしれません。
駐車場はありませんので、市役所やシーサイド等に停めて
歩いておいでいただくことをお願いします。
4時頃まではやっている予定・・です。

[PR]
# by iwashido | 2017-02-22 23:53 | ロゴス&LOGOS | Comments(0)

2月なのだ。

2月なのだ。
2月は一年で一番好きな月なのだ。いろんなことが新しく生まれる感じ。

自分の中でも、一皮剥けた? というか禿げたというか山越えたってか…。
絶対無理! と思っていたことが、一歩一歩駒を進めることで風景が変わる感覚を味わう。
また、発言の仕方についても、ただ自分が正しいと思うことをぶつけても(投げつけても)
聴く人の耳に届かなければ騒音と一緒。届ける方向性(ベクトル)や、枠組み(マインドセット)のあり方
設定が重要なのかも。。。なんて当たり前のことをようやく理解。

もう逃げも隠れもしません。
やりたいことをやりましょう。
正々堂々立ち向かおう。
人生から逃げるな。
どうせそんなに長くない、生きて100年、残りは半分を切った訳で・・・。

今更だけど、井坂幸太郎の『モダンタイムズ』という小説を読んだ(ななめよみだけど)。
検索は怖いね・・・なんてことに今更気づく。
FBも怖いなぁ・・・もう誰に何を覗かれているかなんて、わからない時代。
『1984』(オーゥエル)も読みなおしたい。
私はこれを1983年に半分原著で読まされた(演習で)。ちゃんと読めなかったけど。
「動物農場」とかさ。予言してたわけだ。30年後はもうすぎています。

それに拍車をかけたのが、「平家物語」の朗読CDをカーステレオで何回も聞いてさ。
サライの付録の、ほんの抜粋(たったの12段?節?)であるが、音で聞くと凄さがわかる!!
平家物語は語りの文学なんだな。文字で読むより耳で聞くと、それを体感できるのがわかった。
完全な意味は分からなくても、語感やリズムが響いてくるのだ。
百回読めば意味わかる、100回書けば身につく、という教育は王道なのかも。

自分を安売りしない。だけど、上から目線はやめる。
対等に話す、挨拶する、一人一人を大切にする。その繰り返しかも。

次の投稿には、もう少しましなことを書きますね。
今日はここまで。




[PR]
# by iwashido | 2017-02-14 22:53 | 朔のつぶやき | Comments(0)

HAPPY NEW YEAR!

あけましておめでとうございます。
2017年、ゆるゆると始まりました。
今年は雪もなく穏やかな正月で、家族そろってゆっくり過ごしました。
例年の元旦の集い(親戚が少し集まる)も、メンバー固定してきて、時代の流れを感じます。

あの真冬のような時期をぬけてなんとか今に至ります。
まだ「冬」(真冬は抜けても…)であることに変わりはないですが
「冬来たりなば、春遠からじ」という言葉を信じて、今年も一歩ずつ頑張ります。。。

ずっと自分のこと第一に考えてきました。ものすごく自己中心的でした(多分今でも)。
自分のことしか見えてないし、自分のことしか好きじゃないのに、この環境はかなり厳しかった。
でもまあ、やっと少し接点が見えた・・・というか、人生ってこんなものか、とわかってきたというか、
所詮人は一人では生きられないのですね。

PCの調子がとてつもなく悪いので(今はなぜか順調)、
びくびくしながらのPC作業です。年末年始体調悪く、ゆっくり年賀状を書けたのは昨日(4日)のこと。
今日(5日)から通常の仕事が始まります。
今年はバランスよく、人にやさしく、できたらいいなぁ。

どうかよろしくお願いします。

[PR]
# by iwashido | 2017-01-05 00:41 | 朔のつぶやき | Comments(0)

クリスマスイブのプレゼント。

PR誌「ちくま」2017年1月号(通巻No.550)の表紙が変わった。
これまでの落ち着いた雰囲気(酒井駒子)から一気にPOPな感じに。
想定読者年齢を下げたか、下げたいか。
若い読書人を取り込まないことには出版界の未来は暗い。

表紙変わったついでに、本文の書体とレイアウトも若干の変更が。
執筆陣は継続あり新規参入ありで、これまでの続きなのだけれど
何かが変わったか、変わろうとしている意思は伝わってきました。

そんでもって今回の「ちくま」は、わりといい。新年号だし? 気合入ってるし?
巻頭の橋本治「遠い地平、低い視点」31は、いつも通り。言って欲しかったことに名前をつける
センスは抜群の橋本節。今回のサブタイトルは「自己承認欲求と平等地獄」。
思い当たる点多々。自己主張ではなく「自己承認欲求」が蔓延しているネット空間…。
私たちはもうそこから抜け出せないのか? そんなに幼稚になっているのか、今の知性は。

続く「「母」という役割の大切さ」(森田展彰/『「母と子」という病』(高橋和巳/ちくま新書)の紹介文)
は、思い当たることずばり。私はSタイプでした~。まだ終わってない、「母と子」の関係。
他の連載ならびに、新刊紹介エッセイもいつもより身に沁みるものが多い。
しかしなかでも、特筆すべきは新連載エッセイのこれ。

上野千鶴子の新連載「情報生産者になる」第1回。
目から曇りが覚めるような、冷静な構造分析に、学問てこういうこと! と快哉を叫びたくなる。

「研究とは、まだ誰も解いたことのない問いを立て、証拠を集め、論理を組み立てて、答えを示し、相手を説得するプロセスを指します。そのためには、すでにある情報だけに頼っていてはじゅうぶんではなく、自らが新しい情報の生産者にならなければなりません。」(PR誌ちくま 2017.1月号の20Pより)

情報はノイズから生まれる、この情報工学の基本も、そうだよな~と思う。
ちょっとした違和感、ゆがみ、ずれなどの「?」感覚が、なんか変だなという感じが問いへの第一歩。
だからきっと、日常が大事なんだ。カントのようにとはならなくても、いつも決まった時間に
決まった行為を行うという繰り返しの中でこそ、「いつもと違う」何かが見出される。

まあ詳しいことはこの文をぜひ読んでほしいのだけれど(フェミニストでも、フェミ嫌いさんも、著者に対する偏見なしに、この連載をフラットに読んでほしいと望む。。大きな書店に行けば、レジ周りに「PR誌ちくま」あるかも。もしくは金沢などの県庁所在地図書館にならあるんでないかな~。県立図書館にはあるでしょ!?)

問いを立てよう。
まだ誰も解いたことのない問いを。
オリジナリティとは何か。過去を知ることからしか始まらないなにかもある。
ずっとインプットしてきたことを、そろそろ本気でアウトプットに回さないと。
自分の中で異臭を放って発酵して別物になってしまわないうちに。

いろいろな気付きを与えてくれる、今の日常に感謝。(L)
[PR]
# by iwashido | 2016-12-24 13:05 | 読書日記 | Comments(0)

「図書」12月号(岩波書店PR誌)に。

岩波書店のPR誌「図書」を毎月読むことができる環境にいる。
12月号を、先日眺めていたら面白いトピックスに出くわした。

「本のある風景、ない風景 -北海道から」というタイトルで
荒井宏明さん(一般社団法人 北海道ブックシェアリング代表理事)が書いた記事である。

内容はまあ読んでほしいわけなんですけど、広大な面積を誇る北海道で、
現実に「本屋がない地域」「学校図書館でさえ鍵がかかったままの校区」は存在する。
その現実をなんとかしようと、2008年に「豊かな読書環境を格差のない読書機会のために」
札幌の教育関係者と図書関係者が集まって結成された「北海道ブックシェアリング」。
その活動の過去と現在が語られている。

反応のポイントは各所にあって、それを述べていたらどんだけでも書けそうなのだが
1つに絞れば、次の箇所に思わず線を引きそうになった。

「本を売って儲ける事業ではなく、まちのなかにそれとなくある本屋がやっていける方法は
ないかをさぐる「社会実験」の事業なので・・・(中略)・・生の声をとにかく引き出す。」
とあるこの箇所。

LOGOSがやっていることも、まさにこれに近いじゃん!
奥能登で古本屋がやっていけるかどうかの、社会実験!!

「本を売って儲けた」くないわけではない。
儲かればいいと思う。でも、現状ではそれはなかなか難しい。
今の現状では「一般社団法人(もしくはNPO)古本LOGOS」の状態である。

古本屋で非営利っていうのは、本当は矛盾だと思う。
商売は本来、売れてなんぼ、買ってなんぼ、の世界。経済ではなく商いの論理として。
でもいまの現状では。
一般社団法人(もしくはNPO) LOGOS として、この冬は活動しようかな、って思った。

「古本LOGOS」としての作戦は、別に計画中です。
ぜんぜんやめるつもりなんて、ありませんので(笑)
[PR]
# by iwashido | 2016-12-12 11:20 | 朔のつぶやき | Comments(0)

日常としての「本屋」

2016年の月イチLOGOS終了~。
まあ来客0でなくてよかった。別に0でもいいといえばいいのだけど。
ちょっと前までは、自分社交的でもないし、GIVE&TAKE苦手だし友だち少ないし
だからか? などと懐疑的だったが、
もともと、「自分が一人で過ごす時間と空間の確保」が主目的だから
無理して人に来てもらわなくてもいいのだ、と割り切れた。

なら、一人静かに、やっていることも伝えずに、内側から鍵かけて
いればいいわけだし、そういうこともたまにする。
でも、月に1回くらいは。ここが一応「古本屋」であることを暴露したい。
自分にとっては、それは「イベント」ではなく「日常」。
イベント告知をしてわざわざ、来てもらいたいわけではなく、ただ普通に、
なんか本読みたいけど、あ、ここ(古)本屋じゃん、て感じで来てほしいわけなんだけど
そういうのは、無理なのだろうか。

言ってること矛盾してるかもだけど、今の自分の生活では定期開催は月1が限度。
実際はもう少しひんぱんに行ってるけど、確約できるのは月1だな。
そんなんで「イベント」ではなくて「日常」にせよ、というのは無理な話なのは分かってる。
品ぞろえも不十分、値段もよくわからない、どれが売り物でどれが売り物でないのかも
不明確、そんなところにお金を払いたい人なんているわけない。

なんのために、ないお金使ってこの場所を維持しているのか
時々不安になる。物好き。酔狂。無駄使い。そう思う時もある。
こんな場所、誰も必要としてないじゃん、て腹立てることもしばしば。
上手く言えないけど、でも、無目的に、あびるように、本がある場所があったほうが
精神衛生上、いい。ネットじゃなくて、リアルプレイスで。
それはここじゃないかもだけど(浴びるほどの本はないしね)、
でもある種のセンスと縁で集まってきた本たちは、
ほんの少し、微々たるものだが、悪くはない感じで並び始めている。

まだまだ途上、始まったばかりなのかもしれない。
カフェではなく、本屋もしくは古本屋。
イベントではなく日常。
それがこの「月イチLOGOS」のコンセプトである。
[PR]
# by iwashido | 2016-12-04 23:05 | ロゴス&LOGOS | Comments(2)

少しだけ、佳くなりつつある。

なんかわからんけど、ちょっとずつ進んでいる。
ずーっとダイヤルアップでしかつながらなかったネット接続が、
ルーターを以前のものにもどしたら少し状況改善された。

解けなかった数学の問題が解けたようなかんじ?
同じところで何度も何度もミスして越えられなかったハードルが
ひょんなことで越えてしまった、あれ、私何したっけ? という感じです。

まさかまさか、自分にはそんなの無理~と思っていたことが、
実は誰も言ってくれないけどそれこそあなたがするしかないのよ、
という自明なことを、本人だけが拒否していた、そんな事実も。
ここまでくればもう開き直るしかない。

私はLOGOSで、(象徴的に)
ここもIndiaで、(仮象として)
まあ良くも悪くも今生きているこの事実に。
目を背けることはできないんだってこと。

時間ないけど。頑張ってみます。
(本人にも意味不明な文章があります、この章。)
[PR]
# by iwashido | 2016-12-03 23:20 | 朔のつぶやき | Comments(0)

逆境からの復活なるか?(笑)

11月はどん底の月。わたしにとってはたいていそんな感じ。
今年も、ある意味そんな感じ。パソコンも調子悪く。
新しいメディアとは折り合い悪く。
やはり、アナログな世界に引き戻される感じ。

<LOGOS  今後の予定>

11月20日(日) 金沢一箱古本市@よこっちょ(横安江町入口付近にて)
11月23日(水・祝) 珠洲一箱古本市@木の浦 二三味珈琲海の家にて

12月4日(日) LOGOS 12月定例OPEN日(年内最終予定?)

※ 1月はお休みします。2月はやる予定ですが、雪の具合によっては変更もあります。
※ 2017年の予定は、12月後半におつたえします。

大丈夫。なんとか生きていますって(笑)
[PR]
# by iwashido | 2016-11-19 08:21 | ロゴス&LOGOS | Comments(0)

11月の予定など。

先日の台風の余波の強い暴風で、なにもかもが入れ替わったよう。
別に、見てくれは変わってない。
でも、夏の余韻は吹き飛び、完璧な秋になった。
ある意味毎日そうなんだけど、昨日と今日はまったく別の日。

10月のLOGOS OPEN日は、10月8日(土)でした。
2日(日)の予定から変更になりました。
FBで直前に伝えただけで、こちらには何の言及もなくすみませんでした。

(10月中は、店内整理のため、週末片付けには行くことが多いです。
 あからさまなOPEN日ではありませんが、事前にご連絡いただければ
 対応可能な日時もありそうです。)

そんなわけで、次回は11月6日(日)。
まだ先、のようで以外とすぐ。
そろそろストーブが恋しい季節に。
[PR]
# by iwashido | 2016-10-17 05:33 | ロゴス&LOGOS | Comments(0)

言葉は来るものである

ある友だちの、ある種の配慮により、
あるメッセージ(言葉・予言・神託?)が届けられた。

そうなん? 本当にそうなん?

信じるとか信じないではなくて、そうなんや~、と天気図を見たような気分。
今雨を降らせているこの雲は、数時間すれば北に去りますよ、とか
そんなことを示された気分。

おりしも、起こっては欲しくない事故が起こってしまった日のこと。
(私に直接の被害はなかったけどある意味で地域の宝が失われた)
続けるか、続けないか、その決断を迷っていたあることについても、
辞めれば「狂気」(彼女はそのようには言わなかったけれど。赤いPASSION)
続ければ「バランス」。
わたしにはそう聞こえた。

KEEP ON RUNNING.

苦しいけどもう少し続けてみようかしらん。
[PR]
# by iwashido | 2016-10-09 04:58 | 朔のつぶやき | Comments(0)

真、なんてものがこの世にあるとして。

涼しいを通り越して寒いくらいになりました? 一挙に秋です。

最近思うのは・・
真理とか、正しい姿とか、正見とか、まあいわゆるこの世の真実?
みたいなのがあるとして(ないかもしれないわけですが)、そういうのはきっと
文章の形では現れない。 瞬間的なビジョンとしてしか啓示されない。

そういうのに至るのに、一番正確にたどりつくには、もしかして「数学」の
表現方法が適切なのかも・・。主観と手あかにまみれた「言葉」では無理なのかも。

人とはいろいろなつながり方があって、縦につながったり横につながったり
まあななめでも上下でもいいわけなんですが、
結局自分がやりたいのは「井戸を掘ってつながる」的なことだから
なんとなく気分で横につながるのは苦手ってことだ。

こういうこと書くとまた誤解されたり敬遠されたりするわけですが
まあそれより前にこのブログを読むは数えるほどでしょうし
影響もないけど、最近疲れがひどかったのは向かないことをしていたからかも。
それがわかっただけども、収穫。
[PR]
# by iwashido | 2016-09-23 06:00 | ロゴス&LOGOS | Comments(0)

哲学カフェ。

9月19日(月・祝)に、珠洲100プロジェクトというイベントが
ラポルトすず(芝生広場&ロビー等、大ホール以外の場所)で行われます。

LOGOSは、そこで2つの試みに挑戦します。
(参加ユニット名は LOGOS&English Cafeです)
<午前>
☆10時受付開始~ 10時半スタートで「哲学カフェ」。
哲学カフェとは、普段あまり疑わないような日常的なことからなんでも、
テーマを決めて、参加者がお互いの話を聞き、自分の意見をいい、
お茶を飲むような気楽さで、テツガクを味わう試みです。
むずかしい哲学の知識は必要ありません。
興味のある人ならだれでも参加できます。

ルールは次の4つ。
1、人の話は最後まで聞きましょう。
2、自分の考えをわかるように伝えましょう。
3、特定の主義主張を繰り返す行為はご遠慮ください。
4、必ずしも発言する必要はありません。

今回のテーマは「三度の食事は必要か?」
100年ごはん、という映画の上映とタイアップして『食事」「食べること」
「作ること」などについて考えるきっかけになれば、と。

先日お試し「哲学カフェ」を行いました(参加者5人)。
テーマは「友だちとは」。進行役の役割を忘れて一参加者になってしまい
うまく進められない場面もありましたが、挑戦できてよかったです。
(2月に、西田幾多郎哲学館」で体験しました。)

ある意味、こういうことをしたくてLOGOSを始めたので
この日はLOGOSにとって記念すべき日になるかもしれません。

興味あれば、9月19日はラポルトすずへお越しください!!
[PR]
# by iwashido | 2016-09-10 13:20 | ロゴス&LOGOS | Comments(2)

Ms.LOGOS's once or twice a month Used Book Store
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31