人気ブログランキング |
ブログトップ

LOGOSさんの月に1,2回古書店

雪の夜 一日遅れの 花柚子湯

12月某日  ちょっと雪もひと段落。でも朝の凍結はひどかった! ツルツルー。
      昨日通って「カーブ危ないなあ」と思った辺りで早朝玉突き事故発生。
      搬出が昨日で良かった(いいことその①)。
      
      ちまちまとした入出金作業をしたり、病院に膝の湿布をもらいに行き、
      乾電池を買ったりした後、ようやく本の整理に取り掛かる。
      あまり脈絡なく並べてある本に、個性というか、いろどりというか
     「手に取ってみようかしら」と思わせるには文脈が必要。。だけど
      その文脈が見つけられない。見つけられそうで、届かない。
      本をいくつかに分けていく。1、処分する本。2、自分の棚に戻す本
      (もともと売りたくなかったけど、花添えみたいに出品したけど売れて
       いなかった本は、実は売りたくないので、自分の本棚に戻す。)
      3、今度の処分市(交換会/12月27日のえー市)に出す本
      4、次回の催事に出す本(値段付ける、付け直す)
      5、病院やバス停等、なんとなく本が置いてある場所に寄贈する本。
     (最後のは、ほとんど捨てる本の再利用であり、あまり意味はない。)

      ま、結局結論は「ロクな本がないなぁ。。」ということ。
      自分の本は売りたくないなら、仕入れてくるしかないですね。
      
      「石川の古本屋」のロゴマークの入ったエプロンをつけて、八百屋に
      かぶら寿司用のカブを買いに行ったら「どこにあるのですか?」と
      店員さんに聞かれる。しどろもどろに「今はネット中心で・・準備
      中で・・・あのCさんのE-Cafeのところです・・」と答える。
      「(商店街が)にぎやかになるといいですね」というのは誰もが
      思っているのかな、口には出さなくても。(いいことその②)

      昨日はくしゃみ鼻水がひどくて(熱はなかった)、お風呂に入る気にも
      ならなかったが、今日はちょっと入浴してみるかという気分。
      なので、一日遅れで「柚子湯」を堪能。昨日買った「花柚子」、入浴
      用の柚子らしい、ジャムとか柚餅子には向かないのだろう。
      けっこう温もる。自宅で温泉気分(いいことその③)。
      首や肩の凝りがひどくて、これが万病のもとなのだという新書を読んだ
      ばかりだし、一日一回以上ゆっくり首を回したり軽い運動をしよう。
      膝もこれ以上悪くなったら、もう「古本屋」なんて名乗れませんね。
      とにかく寒いんだよ、この家! 日本家屋は冬向きにできていない、
      みんないなくなって自分のものになったら、大改装して、それこそ
      泊まれる(民泊的)私設図書館を作ってやるからな!待ってろその時。
      隣の田んぼは半分駐車場、半分畑だ! そんな時がいつか来るかな。
       

# by iwashido | 2020-12-23 09:04 | ロゴス&LOGOS | Comments(0)

いいこと日記(お試し)。

12月某日 友人が、「そのマイナス思考を少しでも変えるために、毎日良かったこと、
      楽しかったことを3つずつ書き出せば。そうやって変わった人知ってるし。」
      とアドバイスいただく。そうかなぁ、そうかもなぁ。わたしは感情の袋の
      「楽しかったこと」「良かったこと」「嬉しかったこと」に穴が開いている。
      楽しいことを話したりするのは苦手(だって自慢げになるじゃないですか)。
      できるだけクールに、ニヒルに、批判的眼差しをよしとして生きてきた。
      だけどこのまま年をとってもいやなババアになるだけだしなぁ。。
      今日の良かったこと。シュトーレン届く。目録販売の入金ある。夕飯が鍋。
      ・・・そんなことでいいのか。

12月某日 一度収まった雪がまたぶり返す。うーむ、今日も除雪から始まる一日。
      ちょっと起きるのが遅かったら、旦那が自分で弁当を作っていた。。。
      (どっちみち、のっけ弁の、毎日ワンパターンなのだけれど。)
      味噌汁も作っていた。やればできるんだから、できる人がやろうよ!
      日中は、今週は定例の読み聞かせが、予防注射でお休みになったので
      今日はゆっくりできる木曜日。二階の部屋にこたつ出す。これこれ、
      これですよ。こたつに入って読書三昧。息子の結婚式の時の「アルバム」
      を、紙ベースで作ろう、という話になり、コンビニにUSBもって印刷に
      行ってきた模様(CEOが)。やっぱ紙が安心。デジタルは電気ないと
      どうしようもないし、PCにせよ板にせよ不信感はある(消えたりとか)。
      絶対、デジタル社会では取り残されますね。少数派というよりはもはや
      「絶滅危惧種」であるだろう。オレンジジュースのかりん酒割(逆?)が
      美味い。100%オレンジジュースに、ちょっとかりんのリキュールを
      たらして、温めて飲む。風邪予防。もう車は運転しません。

12月某日 冬至。輪島催事の撤収のため、車出す。大谷峠越えたら雪はなかった(笑)。
      輪島の郵便局で、郵便出すために車を停めたら、併設している地域の販売
      所で、柚子が安かったので買おうとしたら「こっちの「はなゆず」なら、
      2袋で100円にしとくさけ、こうてくだ」ち言われ、そっちにする。
      柚子湯用の柚子らしい。今日はゆず湯で決まり。
      先週からそんなに売れた感じはないけど、まあいいか。段ボールは 
      何とか足りたし。12月27日の、地元無農薬野菜販売のえー市で、
      LOGOSも年末大処分で本を処分(格安販売)するので、そこで処分だ。
      帰りに、ジャパンネット銀行対応のコンビニを探して穴水まで出てしまった。
      (珠洲のコンビニは基本ゆうちょなので、JNBには対応してない。)
      帰り、これも駒渡越えたら、雪けっこう轍以外のところに残っていて
      少々ヒヤヒヤ。早い車は先に行ってもらう。滑りたくないしさ。
      珠洲のショッピングセンターの食堂で、かつどん食べる。こういうのを
      幸せというのでしょうか。月刊誌「BeLOVE」のバックナンバーで
      「ちはやふる」も読めたしな(毎月立ち読みしているけど)。
      もうこれしかない、という道で、何もない自分でそこから始めるのだ。



# by iwashido | 2020-12-21 17:42 | 朔のつぶやき | Comments(0)

回り道 すればするほど 豊かなる

12月某日  LOGOS on Sunday's。午後から知人の来店予定あり。
      先週から薪ストーブを焚き始めたが、先週は杉葉や小枝が十分にあったので
      良い具合に火が保たれ、閉店まで薪ストーブとしての面目を保っていたが
      今回は準備不足、杉葉が足りない気味。前日はすでに雨だったし。。
      なんでもかんでも入れればいいのではなく、Keep On Fire、
      って感じですか? 
      私はこれまで、いろいろに差し出されてきた手のほとんどを拒絶し、無視し、
      断り、無碍なことをたくさんしてきた。近場で慰めあうのは御免という感じ?
      でもまあ、やっぱり日本社会は持ちつ持たれつ。。というか、Give & Take,
      一見条件悪そうでも、それは無茶でしょ、って思っても、引き受けることで
      次につながるということもあるし、そうやって世の中を渡っていく人もいる。
      最近はちょっとそういう日本的慣習も馬鹿にしたもんじゃないかなーと
      やっと学習した次第である。回り道しすぎでしょうか。
回り道 すればするほど 豊かなる_c0107612_09452162.jpg
       
12月某日  明日から大雪の予感、なんで、今日中に輪島催事の最後の補充に行く。
      来週はもう撤収なので。周辺の皆様、20日(日)までにお買い忘れなく。
      1冊200円の文庫とか、300円の単行本が売れてなにが面白いの? と思うかも
      しれないけど、面白いのである。ほとんど動いていないようでいて、少しでも
      隙間があるということは、1冊でも動いた証拠だし、面出してあった本がない
      ということは、売れたってこと(まさか万引きでは・・)?
      結局、自分が読みたい(手元に置いておきたい)ような本をばんばん出さないと
      お客様も馬鹿ではないので、惑わされないということである。値付けも重要。
      帰りにいつもの「金沢カレー」の店でカレーを食べて帰宅。
      これが結構な息抜きになっている。ネズミ対策用品を買いにドラッグストアへ、
      それも大事な冬支度なのであった。

12月某日  大雪キタ――(゚∀゚)――!! 朝から除雪車出動していた。
      奥能登、平野部でも20㎝以上?(気象庁発表で24㎝とか・・)
      私の車は、屋根のないところに平置きなので、除雪しないと出かけられない。
      毎朝同じところに出勤しなければならない身分を脱出していて良かった。
      午前中の郵便は一番近くのポストへ歩いて投函にいった、でも集配は夕方。
      結局午後、娘への宅配荷物を出すために、除雪をし車も出したので
      その時で良かったか。。何が大変かって、車の車庫(スペース)入れなんです。
      時間帯によっては交通量の多い交差点間際に車庫スペースがあり、
      バックでないと入れられないのだが、普通車だとギリギリ(と思える)
      幅で、柱が立っておるので、そこにぶつけないよう、こすらないように
      真っすぐバックすることが苦手で、いつも少し右からハンドル切って入れる
      癖がついていたら、1週間ほど前ほんとにぎりぎりになってCEOに救助要請。
      それから怖くなって、車の出し入れ恐怖症なので、暗くなってからは
      出かけたくないので、日が暮れる前に用事を全部済ませる。個人事業主でほっ。
      除雪しすぎて腰と足が痛いので、早めに就寝。雪は好きだけどね、
      除雪も好きなんだけど、重たいスコップはもう持てないなぁ。年だなぁ。。
     (郵便局での立ち話によれば、今回の雪は重たいと。パウダースノーでないよ。)
      


# by iwashido | 2020-12-16 09:06 | 朔のつぶやき | Comments(0)

本当はかなり・・

12月某日 我が家の「あえのこと」終わる。
      一般に行われている日とは違うけど、私たちには意味のある日に、
      家族だけでひっそりと行っている。公開するものではない、日常。
      
      本当にこの頃、アップダウンが激しく、頑張れる日もあれば、
      こりゃダメだ、の日もあって、今日もまた家族と波風立てる。
      本当はかなり、、、やばい・・かも??
      こういう日は情報遮断して、ひっそりゆっくり休んで休んで、
      もういいやっていうくらい休んでそれからそれからできることをする。

      ゼロと、1の違いは、 1と、2の違いと同じかどうか。
      数直線で考えると、0と1の差と、1の2の差は「1」だから
      違いに違いはない、ともいえる。
      でも数直線という概念こそ「計測」や「比較」を生み出したもので
      ある意味幻想である。それは鏡の中の世界(物事を2重にする)。
      ないものは、ない。̠マイナスは、ないものを、あることにしてしまう。
      今の世界はそんな論理を積み重ねてもう限界に近いような気がする。
      今日は、お休みします。なんだかとても疲れた。。。
  

# by iwashido | 2020-12-12 08:58 | 朔のつぶやき | Comments(0)

本を読む日。

12月某日  久しぶりに県立図書館から、本を「遠隔地貸出」で予約し近くの市民
       図書館に配送してもらうサービスを利用。結局こうやって読んでから
       買うか買わないかを決める感じ? 確率は半々くらい。欲しい本は、
       やっぱり手元に置いておきたいし。。
       借りた本の1冊は『公共図書館が消滅する日』(薬師院仁志・薬師院
       はるみ/牧野出版/2020年5月刊)。某FBグループで取り上げられて
       いたので知った。「図書館雑誌」の最新号に書評も載ってるらしい。

       決して読んで楽しい本ではない。表現がくどい部分が多く同じような
       引用が何回も繰り返され、ページぎりぎりまで文字が来ている(余白
       が少ない)のはページ数を下げるためか。もう少し編集者がきちんと
       論旨を整理してほしかった。でも問題意識はわかるし、言わんとして
       いることはわからなくはない。。結局この本を批判する人はきちんと
       組織(システム)の中に居場所がある人。正規として、館長として、
       責任者として自由に発言ができる立場の人。末端の非正規もしくは、
       今では「会計年度任用職員」と呼ばれる立場の人から見るとその通り
       と言ってしまいたくなる部分は、あった。
       個人の努力で頑張れる時代は終わった、少なくとも自分の中では。
       日本では個人は育ちにくい。。。周囲や全体への配慮、年功序列、
       永年勤続者への功労など、そちらのほうが大事で、突出した個人技は
       敬遠される、、、って自分も敬遠するけどさー。。
       図書館ってなんでしょうね。ありがたい施設ではあるけどね。
       自分は、太刀打ちも出来なかった零細な貸本屋や、これから太刀打ち
       できなくなるかもしれない個人書店や古本屋の側に立つから。
       本を読むのは役に立つから、とある人が言ってて、自分は「役に
       立つ」という視点で本はあまり読んでこなかったかな、って思った。
       
       SDGsでもそうなんだけど、システムそのものへの批判なしに、
       今までやってきたこと・やっていることを新しくパッケージングして
       色とりどりの綺麗な色紙に包んだキャンディみたいにして配って、
       「これはいいことですよ、みなで頑張りましょう」って言われても
       素直に頷けない。Give Me SDGs? 図書館論とは違うけど。。

       快楽が言語中枢と直結しているから、読むことが楽しい。
       文字を追うことは快楽ポイントをあげる行為に近しい。
       根本的に、歴史的な視座も持って、考えたいし学びたい。間違いも
       含めて。これからも間違い続けるであろう。

      

# by iwashido | 2020-12-12 08:18 | 読書日記 | Comments(0)

Ms.LOGOS's once or twice a month Used Book Store
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31