人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

古本LOGOS 「彼岸の古本屋」ときどき日記。

良い買い物をしてしまった。

11月某日 昨日までと変わって、雨の平日。寒くなりました。
     晴れ間を縫って「一箱古本」をお馴染みのカフェから撤収に行き
     (奥能登芸術祭の期間中、というお約束だった)、お昼食べて
     銀行行って、本を店に戻して、ホームセンターに寄り道。
     なんか良い収納グッズはないか、ディスプレイに役立ちそうな家具は
     ないかと物色していると。。。

     イメージにあった、手頃な大きさと高さのテーブル(簡易組み立て)   
     を発見。一旦家に戻り、置こうと思った場所の空間(幅)を
     計るとなんと、ちょうど入りそうだった。両側はカラーボックス本棚。
     そう、ここは生まれて初めて「家庭文庫」として申請した、
     廊下の行き止まりの(窓はあります)本棚スペース。
     南向きで日当たりも良いが、最近は古本置き場(一時置き場)に
     なっていた。先日のイベントで、家中の本をかき集めて値段つけて
     持っていったので、だいぶそこも余裕が出て来て、ちょっと片付ければ
     またくつろぎのスペースになるのでは、、と思っていた矢先。
   
      最近膝が痛いので、キッチンのテーブルにパソコン置いて、
     ネット出品したり、納品書を作ったりしているのであるが、
     台所は私だけの場所ではない。集中しているときに他の人が来ると
     他人との境目が薄い私は、深く潜れない。そこで世界が中断される。
     ネットは繋がなくてもいいから、ただワード的な文章入力作業さえ
     できればいいので、昔のPCでもいいから置きっぱなしにして
     誰にも遠慮せず、お金の計算(売上とか仕入れとか)したり
     読もうと思っている本の整理、順番をつけたり、ぼーっとしたり
     本の背表紙をただみている時間と空間に最適の場所、見つけた!
     そういう感じにイメージが降りてきて、あとはただ実行あるのみ。

     現品処分で組み立ててあったテーブルを、本の段ボールの上から
     ハッチ閉まらないけど「近いから」という理由で強引に積み込んで。
     階段をゆっくりゆっくり上がって、落ちないように落とさないように
     16段上がって、ほこりだらけの本箱・床を掃除して、敷物引いて
     テーブルを置いたら、そう、イメージ通りの場所になった!

     女性の自立には、鍵のかかる部屋が必要と言ったのはウルフだったか
     ボーボワールだったかど忘れしたけど、とにかく他者の眼差しに
     飲み込まれない時空間、深く深く潜るための場所が必要なのだった。
     鍵はかからないし、冬は寒いことが予想されるが、なんとかなるだろう。

     ちょうど月曜日に見てきた、映画「TOVE」(トーベ、ムーミン谷
     シリーズの作者のトーヴェ・ヤンソンの、自伝的映画)が良くて、
     こんなふうになれる訳もないのだけれど、影響されやすい私は
     当てられてしまった。『彫刻家の娘』をまた読みたくなった。
     北欧はいったことはないが、苗字が村上春樹の「多崎つくる」
     の出てくる小説に出てくる「クロ」さんの結婚相手みたいな名前
     が飛び交っていました(映画の中で)。北欧恐るべし。



# by iwashido | 2021-11-10 21:08 | Comments(0)

今週末、近江町いちば館横広場にて、ふるほん市あります!

11月某日  11月になりました! 一年で一番苦手な月であります。
      とにもかくにも、前に進んでいきます。
      本日は大きな荷物(お買い上げありがとうございました)を発送して
      これで1日の仕事終わったー、と言いたいところだが、
      目録締め切り、催事用値段つけ、今週末のイベント準備と忙しい。
      朝から2回も地震あったし、、、早め早めに。
    
      私に必要なのは、「店」ではなく「倉庫」なのかも。
      1人で静かに篭れる場所、でもそんな場所はどこにもない。
      開こう開こうとする最近の風潮が苦手、ついていけない。
      市場は好き。存在自体が誰にでも自由に開かれているから。
 
      というわけで、古書組合有志による、近江町いちば館横での
      「ふるほん市」が11月6、7日(土日)で開催されます。
      なんとLOGOSも参加します。先月(10月)に、レア本レア盤
      古書市で行ったような感じらしいです(行ってないので。。)。
      近江町に御用のある方、武蔵が辻や駅周辺で時間をつぶしたい方、
      どうかちょっとのぞいて行ってやってください。
      この本は持っていくかもしれませーん。
      
今週末、近江町いちば館横広場にて、ふるほん市あります!_c0107612_12571615.jpeg
    
 
      

# by iwashido | 2021-11-02 12:57 | ロゴス&LOGOS | Comments(0)

お店をするっていうことは。

10月某日  今日と明日、LOGOS店内で店舗再開記念の一箱古本市を実施している。
      とはいえ、出店者さんから本を送ってもらうだけの、簡易古本市。
      奥能登国際芸術祭2020+で、こちら方面への来場者は車やバイクで
      有名スポットは混雑している。商店街はあんまり変化なしだけど
      それでも流れて、道を聞かれたり、ふらりと入って来られて
      本を買ってくれた方もいた。
   
      本当に基本引きこもり体質で、人に会うのが苦手なので、
      そんならお店なんて持つべきではないのだろうが、
      とにかく当面、土曜日と月曜は定期的にお店に行き、開けるのだ。
      本当は定休日以外は毎日開けるべきなのだろうが、
      1人で買取も、催事出品・納品、ネット発送もやっているので
      手が回らない。。。商品の半分は自宅にあるし。
      駐車場と、倉庫問題。この問題を解決しつつ、奥能登で
      古本屋をやっていく意味はどこにあるのか。
お店をするっていうことは。_c0107612_17394436.jpeg
      「駅ピアノ」みたいなものかな、と思うことにした。
      駅に置いてあって、誰がひいてもいいピアノみたいな、古本屋。
      そういう場所になればいいな(甘いねー。。。)

10月某日  金沢での一箱古本つながりのA氏が、来奥能登。
      着信をいただくが、ちょうどボランティア読み聞かせの最中で
      出られない。木曜日は完全定休日なのです、ごめんなさい。

      翌日、お店に行ったら、お土産がカウンターの上に。
      どうも、(芸術祭に来られたついでに)お店の前まで来られたようで
      ご近所さんや、偶然店内にいた知り合いを通じて、託された様子。
      やっぱり毎日店に来ないとダメなんですね。
      わざわざ、私のようなやってるんだかやってないんだか
      わからない古本屋を訪れてくださってありがとうございます( ; ; )


# by iwashido | 2021-10-31 17:40 | ロゴス&LOGOS | Comments(0)

夏と冬 狭間に生きるわたしたち。

10月某日  知人夫妻来訪。芸術祭をきっかけに、初めて珠洲に宿を取り、
      半島巡りと、縁のある作品鑑賞と、LOGOS来訪を実現してくれました。
      本当は県外や海外に行きたくても行けない人たちが、   
      何気に能登にやってきているような気がする。芸術祭はその呼び水?
      がっつりスタンプ全部集める派から、観覧可能なところだけでいいや派まで
      いろんなタイプがあるけど、幾つかの飲食店は賑わっている様子。
      LOGOSは? 飲食店ではない、古本屋なので、しかもまだ起動しきれず。
      でも問い合わせや、知っている人の来訪は増えた! 
      あとは、自分のペース・タイプ・方向性を示せるかどうか。。。

10月某日  本来ならこの日で芸術祭が終わっているはずだった10月23,24(土日)
      にかけて店内でミニイベント、有志協力による「LOGOS一箱古本市」を
      する! と決めてハガキを作ってしまった。出品は、金曜日に交換会に
      行くときに拝借してくる、送ってもらう、持ち込んでもらうなど。
      まだコロナが多少心配であるので、LOGOS以外の店主の滞在はありません。
      時々迷々するときには「白い家、白い家」とつぶやいてみる。
      もしくは「赤い部屋」「赤い部屋」などと。。。世の中には自分の個性
      を軸にして自分にしかできないことを突き抜けてやっている人がいて、
      そういう人にも迷いの時代はあったかもしれないがそれを超えて進んでいる。
      誰も人が来なかったらどうしよう? と思うと怖いが、近所のお店等にも
      挨拶にいこうこれをきっかけに小さく小さく動き出すのだ。
夏と冬 狭間に生きるわたしたち。_c0107612_08402609.jpg
10月某日  土曜日は、お友達が連絡してくれたので、悩んでいたけどLOGOSに
      行けた。車停めにくい場所にあるので、荷物の搬入や搬出を迷って
      しまうことがある。何やってんだろー、あなたは何屋さんなの?
      日曜日、昨日(土曜ね)片付かなかった店の片付けと、値段付け、
      ストーブ出せる体制に夏から冬へとモード変更、でも店内は暖かい。
      そして入口近くに小さな猫のこばやしさんの看板をだして「OPEN」
      って小さな字で書いてあるんだけど、それに気づいて2人ほど来店。
      へえ、そういうこともあるんだ。開けなければ何も始まらない。

      季節は急に夏から冬へ。秋は揺り戻しながら、猫の額のように進んでいく。
      今日は目録データ原稿作成着手のPC作業をするので、自宅勤務。
      この場所で古本屋をやっていくのは、それしかできることがないから。

# by iwashido | 2021-10-18 08:52 | ロゴス&LOGOS | Comments(0)

自然こそが最高の芸術作品、つまり生きてるってこと。

10月某日 金沢クルーズターミナルで、有志による古書イベント。
     久しぶりのイベント、告知が十分にできなかったかもしれないが
     それなりにお客様きて下さり、楽しい。
     出店料とガソリン代と昼ごはん代差し引いても利益出ました。
     やっぱり対面で本が売れていくのは、たのしー‼️

10月某日 先週より、芸術祭に足を運んでくる知り合い微増中。
      蔓延防止策終わったし? ちょっとそこまで行ってみるには
      2時間のドライブはちょうどいいかも。
      なんのおもてなしもできませんが、珈琲はLOGOSで
      二三味珈琲を(有料ですが)提供しております。
      今なら、栗の渋皮煮をデザートでつけられるかも。。。
      
      なかなか公式に再起動できない。13日に輪島ファミリエへの
      催事に急遽お声がかかり、その値段つけなど。
      3日の催事の商品をそのまま持って行っても少し足りない。。。
      今、23、24の土日で、LOGOS再開記念「一箱古本市」
      を検討中。商品だけの友情出品も含めて、5店舗くらいでなら
      少しできないかなー。。。小さく初めて、小さく進んでいく。
      その繰り返しで、まあいっか。
自然こそが最高の芸術作品、つまり生きてるってこと。_c0107612_22400299.jpeg



# by iwashido | 2021-10-09 22:41 | 朔のつぶやき | Comments(0)

Ms.LOGOS's once or twice a month Used Book Store
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31